読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

伊野尾慧が創るアートな世界。【装苑 12月号 創立80周年記念号】

伊野尾慧 雑誌

〝モードな伊野尾慧をもっと見たい!〟な大人女子の皆さまー。

いのちゃん、とうとう【装苑】に登場しましたね!

ファッション誌に掲載される度にみんなの期待に応え、期待以上…いや期待を軽々超えてくるような作品を数々残してきたいのちゃん。

もはや信頼と実績しかない伊野尾慧が【装苑】に掲載されると知った時のワクワク感は相当なものでした。

そんな期待しかしてなかった【装苑】、早速書いていきます!

 

 

 〈装苑男子 SPECIAL〉

 全8ページにわたって、伊野尾慧が創り出すアート作品のような写真が掲載されています。

 〝中性的な愛らしさでファンを魅了する〟〝今を時めくイットボーイ〟〝想像すら追いつかない、彼のこれから〟とか、素敵な言葉で伊野尾慧を紹介してくれています。

 

見開きページごとに、〝テーマ性を持った印象的な言葉・フラワーアーティストがコーディネートしたお花、そしてその世界観を表現する伊野尾慧と素敵なお洋服〟が創り出す、アートな写真たち。

テイストが違う洋服を、伊野尾くんの表情やお花の種類・色で表現していて、 見つめているだけで その絵本のような世界観に惹きこまれていきます。

 

〝ノーブルな少年とモダンな王子〟の対比は同じ人に見えない表情をしてるし、〝装いが新たな才能を見いだす〟は才能が開花するイメージが伝わってくるし、白とダークカラーの対比を〝白のピュアネスと疾走のダークネス〟で表現している伊野尾くんの表情はイメージに合っていて、どちらもそれぞれ美しいです。

 

私が1番好きなのは、〝ひとつの色の重なりだけでも 色にあふれても、その存在感はうつろわない〟。

ミリタリカラーの重なりの中でも、多彩なカラーやアイテムの中でも、〝可愛い〟とか〝かっこ良い〟とかだけじゃない輝きを感じる伊野尾慧の存在感。

着ているブランドがファセッタズム・アデュー・ジュリアンデイヴィッドなど、私が好きなブランドが多かったこともあって、スタイリングが可愛いなぁって思いました。

 

インタビューは、次々と新境地を開拓し続ける今の状況をどう受け止めているか、俳優の仕事についてなどを話しています。

今の状況を真摯に客観的に受け止めるところは、ずっと変わってないんだなって嬉しく思うような内容でした。

 

〝テイストの異なる服を次々に着替え、ポーズを変えカメラの前に立つ。繊細な表情の変化は、表現者としてただ者ではない。〟って編集者の方が書いている部分が印象的でした。

今までの伊野尾くんを見てれば、雑誌の種類やテーマによって全然違う表情を魅せてることは一目瞭然。

経験や努力の部分ももちろんあるとは思うけど、天性の才能なのかもしれませんね。

 

 

 

伊野尾慧が創るアート作品みたいな素敵な写真たち…本当に素敵でした!感動しちゃいました!!

しかもここまでアート作品ぽいのは、アイドルとしては本当に凄いと思いました。

 

私がいのちゃんの写真で好きなのは、〝伊野尾慧だけが主役〟じゃないところ。

もちろん伊野尾慧が主役であることは間違いないんだけど、その雑誌のコンセプトに合った表情やポーズ・雰囲気で一つの作品として楽しませてくれるし、綺麗な写真ばっかりだから、立ち読みじゃなくてちゃんと買って自分の手元に置いておきたくなるんです。←持ってるのが嬉しい。

いのちゃんが掲載された雑誌が売れるのは、いのちゃんの人気だけじゃなくて、いのちゃんが表現するその写真に価値を感じるファンの人が多いからじゃないのかなって思っています。

 

 ジャニーズで、ここまでモードを表現出来るのは、今のところ伊野尾慧しかいないんじゃないかと思います。

 ジャニーズにはビジュアルが良い人はたくさんいるけど、ビジュアルが良ければ良いほどその人の個性が強く出てしまうと思うし、〝ジャニーズ〟とか〝アイドル〟っていうバックグラウンドを消しさることは、とても難しいことだと思うんです。←良い意味で。

だから、伊野尾慧の凄いところは、アイドルとしてあんなに美しいビジュアルを持ちながら、そのビジュアルを作品に一体化させてしまうこと。

そしてその〝一体化〟はビジュアルだけじゃなくて、伊野尾慧の持っているバックグラウンドやパーソナルな部分でさえも見えなくなるほど、自分自身の存在がその作品のパーツの一つになれてしまう才能を持っていると思います。

 

 

…何か長々と書いてしまって、読みづらくなってしまったかもしれません…結局私が言いたかったことは…

『【装苑】の伊野尾慧、本当に本当に最高だった!綺麗過ぎて素敵過ぎて感動してる!』

ってことでした笑!←何かごめんなさいね。

新境地を次々と開拓していくいのちゃん、次はどんな素敵な表情を魅せてくれるんだろうね。

伊野尾慧の進化を、みんなで応援していきましょー!!

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

〝いのあり〟はパーカーが似合う。【with 12月号】

いのあり 伊野尾慧 有岡大貴 with 雑誌

 〝いのありに元気もらいたい!〟な大人女子の皆さまー。

最近〝いのあり〟不足だなーと悲しい気持ちになりつつありましたが…

でも大丈夫!そんな私たちには【with】があります!←〝いのあり〟ファンの味方。

毎月必ずやってくる2人の連載があるなんて、本当に素敵なことですねー笑。

 

 

【with 12月号 Boys,be…!STEP12〝Be analog〟アナログで音を楽しむ】
有岡大貴×伊野尾慧の連載第12回目のテーマは〝懐かしくて新しい音楽〟。

話題のお店をさらりとチェックしておくのも大人のたしなみということで、人気のカセットテープ屋さん〝waltz〟へ。

懐かしくて新しいカセットテープやレコードを前に、2人が音楽談義をしてくれるそうです!

 

見開きページの右側は、レコードを選びながら2人が背中合わせで立っている写真が大きく載っています。

リラックスした自然な感じの表情…大ちゃんは楽しそうだけど、いのちゃんは眠そう笑。←いずれにしろ可愛いです。

その大きな写真とは別に〝大ちゃんの顔を楽しそうに見てるいのちゃん〟とか、〝いのちゃんにぴったりの1枚を探してあげる大ちゃんとそれを見てるいのちゃん〟とか、何だかノンビリした雰囲気の2人が載ってます。

大ちゃんがいのちゃんにレコードを渡してる写真があるんですが、大ちゃんのいのちゃんに対する腕の向け方が何か好きです。

いのちゃんの方を全然見てないのが何か仲良しっぽくて良い!

 

 左側ページは、〝いのちゃんに曲を聴かせながらイタズラする大ちゃん〟とか〝お店の前でオシャレに佇む2人〟とか〝ガラスケース越しの可愛い2人〟とか〝オシャレ自転車でお出かけ風な2人〟とか、可愛い写真がいっぱいです!

 私が1番好きなのは〝ラジカセを肩に乗せてその気になる2人〟の写真。

きっとノリノリでポーズしたんだろうなぁと、楽しい気持ちになる1枚です笑。

 

今回の衣装は、大ちゃんがカーキのブルゾンにライトグレーのパーカーに白のカットソー、インディゴのデニムにブルーのスニーカー。

いのちゃんは、黒(ネイビー?)の薄手のコートにオフホワイトのボアのパーカーに白のタートル、色落ちしたデニムにレザーシューズ。

2人ともコートの外側にフードを出してるのが、とっても可愛い!とっても似合う!!

いのちゃんも大ちゃんも小顔だからパーカー似合うんでしょうねー、ホントかっこ良い。←パーカー男子が大好きです。

ボアのパーカー可愛いくていのちゃんに似合ってるし、元気な雰囲気のスタイリングが大ちゃんにとってもお似合い。

 【with】の等身大な感じのスタイリング大好きなんです!

 

 インタビューは、2人の小さい頃のカセットテープの思い出とか聴いてた音楽のお話とかをしてくれてます。

あんまり音楽に興味がない いのちゃんと、音楽が大好きな大ちゃんの対照的なエピソードが楽しいです。

髙木くんのエピソードも出てきますよ!

 

今月のプライベートスナップは、いのちゃんが〝メレンゲにやってきた知念くん〟で、大ちゃんは〝振り付けでお世話になってる方のステージに行ってきました!〟です。

【金メダル男】の宣伝をしてあげるいのちゃんに、メンバー愛を感じました。

 

そして『今月のwith編集部』には、〝いのあり〟らしい可愛い写真が載ってますよー!

〝少年探偵団(大ちゃん命名)〟を結成して、自転車で大脱走する楽し気な2人が観れますよ。←2人にオモチャを与えないでください笑。

何ならこの写真を本編に入れてほしいくらい素敵な写真です!

 

 

今回の〝いのあり〟も、のんびり楽しめる内容で、すっかり癒されましたー。

しかも〝waltz〟って、好きなお店だったのでビックリしました!with編集部の方と気が合うなー笑。←雰囲気が素敵なお店なんです!

好きなモノやコトと〝いのあり〟が一緒に観れるとより一層楽しく感じるから、本当に嬉しい気持ちになります。

 

大ちゃんといのちゃんて趣味や好きなことが全然違うのに、何か同じ空気感を醸し出してるんだよね。←双子みたい。

何でかなーって思うけど、きっと合わせるとかそういうことじゃなくて、お互いがお互いに対して〝自由〟なんだろうなぁとか、いつも思っています。

〝〇〇はこうあるべきだ!〟〝こうしろ!〟みたいなことは絶対に言わなそう笑。

2人のノンビリした自由な空気感と無邪気さに癒された【with 12月号】でした!

それにしても、いのちゃんも大ちゃんもパーカー超似合ってたなー、かっこ良かったなー。

出来ればもっとパーカー着て欲しい笑。←どうでも良いこと堂々と言ってみた。

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

伊野尾慧はナチュラルにかっこ良いし、有岡大貴はナチュラルに可愛い。【ミュージックステーション 10/28】

いのあり 伊野尾慧 有岡大貴 Hey!Say!JUMP ミュージックステーション

〝JUMPのフォーメーションダンスが大好き!〟な大人女子の皆さまー。

新曲が出るたびに、私が楽しみにしていることと言えば【Mステ】でのパフォーマンス披露です!

JUMPの《Fantastic Time》の発売日と嵐のアルバムの発売日が同じ日だったので、また一緒に出演するかなーって楽しみにしてましたが今回は違いました…勝手に兄弟トーク楽しみにしてたんですけどね笑。

次の機会を楽しみにしようと思います!←勝手にね笑。

それでは、9人全員かっこ良かった【Mステ】書いていこうと思います!

 

 

オープニングは、今の話題のピコ太郎さんの〝アッポーペン〟で登場したJUMPくんたち。←無邪気。

いのちゃんは髙木くんにおんぶされてます。←何気にめっちゃ仲良いよね笑。

〝アッポーペン〟をみんなで面白がりながら打ち合わせしたかと思うと、想像するだけで可愛くて仕方がありません笑。

今回の衣装は、ほとんどオールブラックな感じがシンプルでかっこ良い!

 

 今週のCDシングルランキングで堂々の1位を獲得したHey!Say!JUMP。

ワイプで順番に頭をペコッて下げてお礼してます。〝オレ?〟っておどけてる いのちゃん相変わらず可愛いなー。

 

タモリさんに「どういう曲ですか?」って聞かれて、「あの、ダンスがとても激しくてですね、踊ってたら膝がこんなんなっちゃいました」って、膝が破けたデザインのパンツを見せる大ちゃん。←いきなりボケる勇気がすごい笑。

「ちげーだろ!」ってみんなにツッコまれます。

大「ホント止まんなきゃいけないところとかは、ホント振付師さんから息を止めろって言われる位、しっかりとね、みんなちゃんと揃えて頑張ってます」

タ「これから歌ってもらうんですけど、どうですか?」

髙「そうですねー、やっぱフォーメーションチェンジの時に、けっこうぶつかっちゃったりとかがあるのでぶつからないようにしたいなと思います。あと、最後にこうみんなで9人で腕を組む振りがあるんですけど、そこ何か僕センターなんで完全にこの捕らえられた犯人みたいになるんですよ。だから失敗しないようにしたいと思います」

9人が手を組んでる姿がカメラ抜かれて、一番端で1人だけカメラ目線してる伊野尾さん!って思ったら光くんも見てた笑。←マイペースな2人ね。

今回のダンスは機械式時計の針が動く様子をイメージして作られた振付〝チクタクダンス〟だそうです。

 

 《Fantastic Time》

冒頭から、山田くんを真ん中にして全員で繰り広げる美しいダンス。

順番にカメラに抜かれる表情は、みんなさすがのカッコ良さです。←微笑むいのちゃん素敵です!

♪Runwayを歩いて〜は、表情といい歌い方といい歩き方といい、完璧なかっこ良さを魅せつける山田くん。

知念くんが歌う横で踊る裕翔くんは、キレキレに踊ってるのが観てて気持ち良いし、美しいビジュアルに改めて驚きます。

続いて薮くん・圭人くん・いのちゃんパート。

いのちゃんのソロパートの前に2人が体制を低くするところが何か好き…薮くんと圭人くんの頭低くするとこのメリハリ感がすごいからかなー。

その後に髙木くんと大ちゃんが軽やかに踊ってるのが好きだし、手をヒラヒラさせる振付から後ろに加わってくる山田くん・知念くん・裕翔くん・光くんがかっこ良い!特に光くんが超かっこ良い!!←光くんが過剰に好きです。

 続いての山田くんと知念くんパートの♪連鎖していく感動and〜部分が私はとにかく大好き。ダンスが上手な山田くんと知念くんの踊り方がクセになるし、他のメンバーとダンスが揃っていくのが気持ち良い!

 

サビのダンスは、みんなシャカリキな感じが本当に良い!かっこ良いし観てて楽しい!!

特に私が好きなのは大ちゃんと知念くんと裕翔くん。全身で踊ってる感じにワクワクします。

そして、♪Fantastic Time〜の腕の振りは特徴的で超かっこ良いんだけど…大ちゃんだけ可愛い!可愛すぎる!!←この大ちゃん本当に愛おしい笑。

そしてそして!私が今回の【Mステ】で一番テンションが上がったのは、サビの最後にカメラに抜かれた いのちゃん。

お得意の手を前に出しながらカメラアピールする伊野尾慧…ナチュラルにかっこ良い伊野尾慧…ちょっとチャラい感じも何だか良い感じの伊野尾慧…とにかく超かっこ良いじゃないですか!いのちゃん めちゃくちゃかっこ良いよ!!←興奮してごめんなさい笑。

いのちゃんは、あんまりナチュラルにはかっこつけないタイプのアイドルなので、こんないのちゃんを観れて本当に幸せな気持ちになりました!

 

お楽しみの〝いのやま〟パート。

今回も美し過ぎる伊野尾慧と山田涼介の姿に感動!あえてカメラ目線しないとこが世界観創り上げててかっこ良い!!←いのちゃんの最後の笑顔は可愛い。

同じグループに所属してくれたことから感謝したくなるくらい、本当に素敵な2ショットです。←いつも大げさ笑。

 毎回毎回、ほんっとに楽しみにしてる!

 最後は髙木くんがセンターで力強いダンスを魅せてくれて、トークで言ってたみたいに最後は捕らわれたみたいにはならず笑、かっこ良く決まってました!

 

エンディングでは〝知念くんの顔をガン見する大ちゃんと山田くん〟という、とても仲良しで可愛い3人の姿が。←知念くんの横顔が超綺麗。

アナウンサーさんに今日の感想を聞かれた山田くん。

山「とりあえず髙木があの、捕らわれた犯人みたいにならなくて良かったなって安心しました」←後ろでガッツポーズする髙木くんが可愛い。

山田くんの話を聞きながらニコニコするJUMPくんたちが本当に仲良し感満載で、私もニコニコしちゃいます笑。

肩を組みながらノリノリ…変なノリの髙木くんといのちゃんが提供ベースに映ってます、仲良しな2人ですねー。←変なノリはいのちゃんだけ笑。

タモさんの後ろに映る光くんも、何気にかっこ良かったです。

 

 

今回も【Mステ】楽しかったねー!かっこ良かったねー!!

Hey!Say!JUMPの魅力であり強みってやっぱり〝ダンス〟だと思います。

《Fantastic Time》を観る度に、JUMPが9人で良かったって思うんです。

あんな軽やかでかっこ良くて魅力的な〝フォーメーションダンス〟、JUMPにしか出来ないです。9人いなきゃ、あんな迫力出せないです。

《Ride With Me》でJUMPに魅了された私としては、今回の曲は本当に待ち待ったシングルだったんです!

〝かっこ良い〟も〝可愛い〟も出来るHey!Say!JUMPだから、毎回新しい彼らを観る度にどんどん魅了されてしまうんですよね。

 

…と何だかんだ書いてきましたが、結局1番幸せな気持ちになって癒されたのは、〝ナチュラルにかっこ良い伊野尾慧〟と〝かっこつけてるはずなのに可愛い有岡大貴〟でした!←毎度のことですね笑。

やっぱり私は何だかんだと〝いのあり〟です…

伊野尾慧と有岡大貴はみんなの癒し!

 

 今回も読んでいただき、ありがとうございました。

キミアトラクション(通常盤)