伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

二宮和也の好きなところ【青の炎】と、伊野尾くんに惹かれた理由と〝初めて感じた可愛い〟

JUMPくんたちを好きになって、このブログを始めて、気付いたことがあります。人生で、男の人に対して〝可愛い〟という言葉をこんなに使ったことがないってことを!

子供・犬猫・女の子に対しては〝可愛い〟って過剰に言い過ぎるタイプなんですが、男の人に使うことはほとんどなかったかもしれない…。
ずっと好きな嵐に対しても〝可愛い〟とかは全然使ったことないかな。何なら〝かっこいい〟っていう言葉もあんまり言わないことに気付いた私。私って嵐の何が好きなの?!
嵐はもちろんジャニーズだしかっこいいってことは確かなんですが、嵐のビジュアルがかっこいいとかそうじゃないとか、あんまり考えたことなかったかも。
私はニノが大好きなんですけど、じゃあタイプの男性は?って聞かれたら全然違う俳優さん答えます笑。

嵐を好きになってから10年以上経ちますが、いつ好きになったとかの記憶はなくて、自然に嵐が好きでした。
5人の空気感が好きだったので、メンバーの誰が好きとかも最初はなかったかもしれないです。でも途中でニノを好きだと思ったきっかけは覚えてます。
映画『青の炎』です。
ニノの好きなとこ、ちょっと語っても良いですか?

私この映画の原作が大好きなんです。何回も読んでは泣いて。だから当時、映画化されるのが、ものすごく嫌だったんですよ。私の思ってる世界観を壊されたくなかったし、絶対あの本を表現出来るわけないって思ってて。
でも観ずにはいられなくて観ました。
…ビックリしました。二宮和也に。
派手なシーンは特になくて、二宮和也演じる主人公の心の動きと行動だけで物語は進んでいきます。
主人公は少しだけ大人びてはいるけど、とても心優しい男の子で、母と妹を守る為だけに犯罪の計画を立て実行します。

ニノはどこにでもいるような普通の男の子を普通に演じています。あんなに普通を演じながら、優しさや繊細さ、心の葛藤とか激情とかを自然に表現していることに驚いたんです。
淡々と物語が進んでいっても、ニノの演技から感情の変化が伝わってきます。
最後のロードレーサーのシーンは、そこだけ見たらよくわからないかもしれないけど、観た人はそのシーンだけでも感情が揺さぶられると思います。
私が本を読んだ時に想像したままの映像がそこにはありました。
蜷川幸雄監督ってやっぱり凄いと思ったし、ニノの演技にとても惹かれました。

青の炎のレビューみたいになってしまいましたね…ごめんなさい!
で、何が言いたいかと言うと、この映画でニノの演技を好きになって、ニノのことを好きになっていきました。
ニノの演技本当に大好きで、好きな作品たくさんあるんです!

バラエティの時のニノはメンバーのことをからかうみたいに、わざと揚げ足取ったりしますよね。それって場が盛り上がるし、メンバーの個性が引き出せてますよね。
そういうの見てると、ニノって本当に頭良い人なんだなって思うんですよ。会話の〝勘〟が良いっていうか。
自分が褒められるような話になると居心地悪そうにして、すぐ他の人に話をすり替えちゃうとこも何か好きです。

あと何と言ってもニノの魅力はパフォーマンス。ニノのダンス、全力な感じ大好きなんです。あと歌声も歌い方も大好き。
しかもカメラに抜かれる時に見せる、ちょっと首をかしげて優しそうに微笑む表情!この表情が好き過ぎて、毎回観るたびにキュンとしてます。

熱く語り過ぎましたが、演技・トーク・パフォーマンスが大好き過ぎるニノから離れられません笑。

ただ、こんなに好きで好きでたまらないニノにですら〝可愛い〟〝かっこいい〟と表現したことは、ほとんどないという事実。←やっと本題!笑。
JUMPくんたちに出会わなかったら、気がつかなかったよ。この感情。
私はニノという人間そのものが好きで、嵐のメンバーの人間性と空気感が大好きなんでしょう。

そして、それによってわかったこと!!
私が伊野尾くんに対して、それに近い気持ちを持ってるってことです。
薄々は感づいていたんですが…伊野尾くんはあんなにかっこ良いのに、伊野尾くんの内面が気になり過ぎてビジュアルのかっこ良さや可愛いさをつい忘れてしまうという事態に。
伊野尾くんも、普段トークとかでは大雑把でテキトー感出してるのに、パフォーマンスになったら、〝かっこいい〟〝可愛い〟を惜しみなく出してくるじゃないですか?ズルくないですか笑?
自分の話題とかよりも、人に合わせたりつっこんだりするほうが楽しそうに見えるし、実は空気読んで相手に合わせてる感じとか、頭良いなっていつも思ってます。

伊野尾くんがニノに似てるから好きとかそういうことではなくて、そういう人間性を持っている人に、私が興味を引かれてしまうんだと思います。

…何か『伊野尾くんを好きなのはビジュアルじゃなくて内面なので。』って気取って言ってるような文章になりましたが、結果そういうことではありません笑。
今回のブログで言いたかったことは、そんな風に嵐を応援していて、さらに伊野尾さんの内面に惹かれた結果……
結局、JUMPのかっこ良さと可愛さに堕ちてしまい、今まで男の人に使ってこなかった〝可愛い〟と〝かっこいい〟を惜しみなく使いまくっているということです!
こんなに純粋な気持ちで、メンバー全員の見た目をかっこ良いと思えるグループに出会えると思ってなかったよ!見た目だけじゃなくて内面も素敵なんて、本当にありがとうございます笑。

書きたいことがあり過ぎて、読みにくくなってしまったかもしれません…ごめんなさい…。
感情の赴くままに書いたら、こうなりました笑。
長々と語ってしまいましたが『私は嵐とJUMPが大好きです!!』ってことです。

今回も読んでいただきありがとうございました!









キミアトラクション(通常盤)