伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

〝リアルでファンタジー〟な存在でいてほしい。【ジャニーズの結婚】

知念くんの映画初主演作が発表されましたね。
内村光良が初めて原作・脚本・監督・主演を務める『金メダル男』。ウッチャンと知念くんは、二人一役でW主演だそうです。
内村光良監督の作品『ピーナッツ』『ボクたちの交換日記』は両方とも好きな作品です。作品全体にウッチャンの優しい人柄が散りばめられていますよね。そんな監督の作品に知念くんが出演することがとても嬉しいし、楽しみです!
知念くん頑張ってね!!

…俳優・伊野尾慧の発表はまだでしょうか!?←何度も言うけど、何かしらのドラマか映画に出るって勝手に決めつけてるから笑。

突然ですが、国分太一くん御結婚おめでとうございます!
…ここからは〝ジャニーズの結婚〟に対して、私の想いを書いてみたいと思います。好き勝手なことを書きますが、ジャニーズが好きが故のことですので、どうかお許しくださいね。

太一くんの結婚は、皆さんのブログ等でうっすら知りました。
それからは、意識的に見ないようにしてたんですが…太一くんが男気見せて会見とかするから情報番組でウッカリ見ちゃったよ…。
…お気づきかもしれませんが、私はジャニーズの結婚、あまりウエルカムじゃない派です。結婚というか、リアルな結婚報告に対してかな。

結婚するにしても、マスコミ宛のFAXにお決まりの事務的な言葉の2行位で済ましてほしかった…。
もちろん祝福してないわけじゃないんですよ!
むしろ太一くんのことはJrの頃から知ってるし、デビュー前のSMAPにメンバー入りしたり外れたりする微妙な時期も見てるし、太一くんに思い入れあります。そんな太一くんが幸せになることを祝福しないわけないじゃないですか!
だから祝福してないわけじゃないんですけど…でも…相手がどんな人でどんな風に好きかとか、あんまり知りたくないって思ってしまうんですよね。←心狭くてごめんなさい。
相手が芸能人とかだと、多少リアル感が薄れるので受け入れやすい感じはありますけどね。

太一くんが結婚するのが嫌とかではなくて、リアルに結婚報告したことで、他のジャニーズも〝普通に結婚する1人の男性〟なんだってことを思い出して(もちろんみんな、本当はちゃんとわかっているけど、あえて気づかないようにしてるから…) 、現実に気づかされてしまうのがとても悲しいんですよね。←私の場合ジャニーズに現実逃避してる為笑。
結果、他グループのファンが不安になってザワついちゃってますよね。
〝ジャニーズが結婚するのは当たり前〟って空気になるのが怖いんだと思います。

『ジャニーズは〝リアルだけどファンタジーな存在〟でいてほしい!』というのが、私のジャニーズへの想いです。

リアルな部分をうまい具合に、自然に感じさせないのがジャニーズの良いところじゃないですか…
もしジャニーズが「アイドルであると同時に1人の男なので、適齢期になったら結婚して1人の女性を幸せにします!」の概念がスタンダードになって、それを認めないとファンでいられないような空気になったら、私はジャニーズを好きでいられなくなってしまうかもしれません。
そんなの嫌なんです!
ずっと好きでいたいんです!

〝リアルだけどファンタジー〟な存在でいてほしい。
プライベートで女の子と遊んだり恋愛したりしてても〝彼女なんかいません。いつも男友達と遊んでます。〟って顔をしててほしい。
誤解を恐れずに言えば、それがホントかウソかなんてどうでもいい、都合悪いことは否定も肯定もしないで曖昧にしててほしい。

だいぶワガママで自分勝手な意見だってわかってます。自分だって恋愛したり結婚したりするワケですから。
でもそう願わずにいられないんです。
もし結婚する誰かがいたとしたら、その事実自体はちゃんと祝福してるから。

〝嵐が結婚したらどうしよう〟っていつも怯えているので笑、ちょっと語ってしまいました。
大好きな人やコトが、そうじゃなくなってしまうことが本当に悲しいんです。

大人女子の皆様やJUMPのファンの方たちは、こんなこと思わないかもしれないですね…私、メンタル弱いから笑。

JUMPくんたちは、さすがにまだ心配しなくて大丈夫かなー笑。
でも、リアルな恋愛のコト聞かれたら得意の王子様で「ファンの子が恋人です!」的なやつか、いのちゃんはテキトーキャラを駆使して「みんな好きです」を貫いていってほしい。そうやって何とか逃げ切ってほしい笑。
Hey!Say!JUMPの得意分野〝リアルでファンタジー男子〟まだまだ楽しみにしてるからね!!

最後に心から、
『太一くん、御結婚おめでとうございます!幸せになってくださいね!』

今回も読んでいただき、ありがとうございました。
















キミアトラクション(通常盤)