読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

ニノいの。【嵐とJUMP】

伊野尾慧 二宮和也 Hey!Say!JUMP ニノいの
【ニノさん】に伊野尾くんがまた出演するそうです!(9/27(日)・10/4(日)放送)
ものすごーーーーーーーく嬉しい!!
〝ニノいの〟好きとしては、こんな楽しみなことはないよー!大好きな2人の絡み、楽しみ過ぎる!!
放送日を心待ちにしたいと思います。

〝ニノいの〟で、嬉しくなってテンションが上がってしまったので、嵐とJUMPのことが書きたい…。
嵐にしやがれ〟にJUMPが出演した回のこと書いてもいいですか…!今さらなので、なるべく好きなとこだけにしますから!なるべくね!

JUMP選抜メンバーが出演した【嵐にしやがれ】。
嵐が大好きで、JUMPが大好きになって、だけどテレビに一緒に出ることを一切想定していなかった当時の私。
JUMPが出演すると予告で知った時、私は嬉しくて心躍り過ぎて1週間ずっと楽しみにしてました。←予告何回観たかな笑。

選抜メンバーは、藪くん・髙木くん・伊野尾くん・圭人くん・裕翔くんの5人です。
オープニングから、弄られる伊野尾くん。
松「なんでオマエ前座ってんの?」
伊「前ダメですか?オレ。後ろのほうが良いですか?」
松「いや何か、山田がいないから何かこのタイミングでみたいな」
櫻「いやーちょっとね悪目立ちしてるわ、悪目立ちしてる。圭人ちょっと代わりに謝ってよ松潤に」
圭「Sorry  JUN.
松「しょうがないしょうがない、圭人が言うんだったらしょうがない」←楽しそう。
櫻「これはみんなTシャツは24時間テレビの?なんかさオリジナルで作れるようになってるんでしょ?」
裕「あの最後に一つだけ空いてるんですよ」
二「それホントに買った人が自分で書いて良いんだよね?」
松「これ(いのちゃんのTシャツのイラスト)超ブッサイク」←もはや、ただの言いがかり笑。
伊「僕のも可愛いですよ!ほら。紫で口書いて」

とにかく松潤が楽しそう!!
完全にいのちゃんを気に入ってますよね笑。いのちゃん好きとしては、楽し過ぎるオープニングです。
〝エース山田くん〟を比較に出して笑いにするとか、その時のJUMPはまだそこまで振り切ってないように当時は感じてたから、嵐のツッコミは何か良いキッカケだなって思って観てました。

「ウチはフルメンバーだし、山田がいない時点で勝てる」とニノに言われ、大野くんに「人生経験としても俺たちの方が確実に上だからね!」と言われて、弱るJUMPくんたち。 
メンバーからガツンと言ってやれ!と伊野尾くんが前に出されます。
伊「櫻井くん。真面目でかまない…で有名な櫻井くん〜」と一生懸命、嵐に噛み付こうと頑張りますが…
……いのちゃん!とりあえず、もっと声張って笑。←後ろのニノに「何だその喋り方」って言われてるー笑。
JUMP本当に良い子だから、相手に噛み付くとかこういうの苦手なんだよね笑。
翔くんに謝られて、みんなで恐縮しちゃうJUMPくんたちが私は本当に好きだよ。
変に小慣れてるより全然良いと思ったよ。←過保護。
それもこれも全部、みんな大好き「伊野尾だよっ!」の為だからね!
嵐とJUMPの共同作業だから笑。


2回戦の〝跳んで乗ってパートナー〟1人ずつステージに跳び乗り、より多く乗れたチームの勝利です!というゲーム。

4人が何とかステージに乗って耐えている状態で、伊野尾くんの順番です。
枡アナ「さぁいよいよ、スター伊野尾さんです!」←枡くんありがとう。
4人が何とか耐えているのに、タイミングが掴めずなかなか行けない伊野尾くん。
やっと走ったと思ったら、みんなは粉に落ちてしまった後。なのに、走って粉に落ちて慌てて戻る伊野尾くん。
嵐めっちゃ笑ってる、すっごい楽しそう!!
松潤とニノに頭を叩かれ、桜井くんに「勝手に走って勝手に落ちてんじゃないよ!」と言われ、最終的に相葉くんと大野くんに押されて粉に落ちていく伊野尾くん。
肩を震わせながら笑う伊野尾くん。メンバーにも「おせーよ!」って怒られてるし笑。
相葉くんと大野くんにまで、雑に扱われる伊野尾くんに感動すら覚えましたよ!

松潤の「これスゲェ楽しい もう1回戦できる」の一言で、2回目の挑戦。

ステージに4人乗れている状態で、ビビりながらも走って飛び乗る伊野尾くん、反対側に倒れそうになる4人をグイグイ引っ張って耐えます。
後ろの嵐に〝見て見てスゴイでしょ〟って、何回も振り返る伊野尾くん。←何て可愛いんでしょう。
落ちそうになりながら8秒も耐えた結果…嵐が「伊野尾すげー」って口々に言ってくれてます。
嬉しくて嬉しくて興奮して、しゃべりまくる伊野尾くん。
伊「今スゴくないですか?今めっちゃスゴくないですか?オレめっちゃ引っ張りました今。アッチ行っちゃうと思って、もうバカみたいに引っ張って!いけた!と思って」
ニ「うるせぇよ!見てたよ今!」
伊「やってやったぞー」
伊野尾くん確かにうるさかったよ笑。
嵐に褒めてもらいたかったんだよね。伊野尾くん素で喜んでるのが何か可愛いなーって思っちゃったよ。
結局、嵐が勝利。
ニ「ここでさっきの嬉しそうな伊野尾をもう1回どうぞ。」
嬉しくてしゃべりまくる伊野尾くんがもう一度流れます。ニノ良いヤツ!!

結局、対決は嵐の勝利でJUMPはクリーム砲をあびて対決は終了。
圭「スゴイ美味しいです」
クリーム砲までポジティブな言葉にしてしまう圭人くん笑。

終始、嵐が楽しそうだったことが何か新鮮で嬉しかった。JUMPくんたちを褒めたり、応援したり、弄ってみたり!
ワクワク学校で仲良くなった後だったから余計だと思うけど、今まで後輩にあそこまで絡んでるの見たことない気がして。テレビでは初めて見る嵐の雰囲気に感じたんですよね。
JUMPがバラエティ慣れしてないから嵐が頑張ったのかもしれないけど、JUMPといると嵐の新しい一面が見れるんだ!ってことに喜びを感じてしまいました。

雑に扱われてもJUMPが萎縮しないでいられる嵐の存在。
〝嵐みたいになりたいです!弄ってください!〟ってキラキラした純粋な目で見られて、素直で不器用なリアクションをしてくるJUMPくんたちを、嵐は可愛がらないわけにはいかないですよね笑。

嵐の〝先輩のことはメチャクチャ敬うのに、自分たちは先輩ぶるのが苦手な感じ〟が大好きなんです。
だから今回、頑張って先輩ぶってる嵐が面白かったし、さらに好きになりました。
嵐とJUMPの根底にある真面目さと優しさが似てるからかな。

24時間テレビの【嵐にしやがれ 3世代生男子会】で思ったのは…
嵐→尊敬するV6を引き立てようとするあまり、ちょっと大人しくなってる。
JUMP→とりあえず全てに緊張して絡み方がわからずに最初は勢いで元気だったけど、だんだん大人しくなってる。
……礼儀正しくて、真面目で、内弁慶で、優しくて、遠慮して前に前に出ようとしないとこが何か似てる笑。
それに比べてV6の自然体なのに面白い感じとか、さすがだなーって思った!トークの着地点が見えなくても何とかしちゃうとことか笑。

お互いの魅力を引き出し合う嵐とJUMP。
一緒にいたら、たくさん相乗効果が生まれるに違いない!
嵐とJUMPなら、ゴールデンタイムの番組もきっと爽やかに楽しくワチャワチャ出来るので、次はJUMPの【VS嵐】が観たいなーって期待してます!

大好きな嵐とJUMPを一緒にブログに書けることが本当に楽しいし、嬉しいです。これからもたくさん絡んでるとこ観たいです!

力が入り過ぎて長くなってしまいました…ちょっと書こうと思っただけだったのに…。
でも、共感していただける方いたら嬉しいなー。これからも一緒に楽しみましょうね!

今回も読んでいただき、ありがとうございました。






キミアトラクション(通常盤)