読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

〝作詞 八乙女光〟の曲が大好きです。

八乙女光
先日、会社の入り口で、JUMPの曲を鳴り響かせるという惨事を起こしました。
キリッとした顔(のつもり)で出勤しているのに、聴いている曲はジャニーズ…。
しかも、メンバー紹介曲〝Viva!9's SOUL〟の
♫愛しの愛しのアイツがユートビート♫のとこですよ笑。
焦り過ぎて全然止められなくて困りましたー。
これは嵐で何回かやってしまって対策?していたんですが、気を抜いてました…。イヤホンはとりあえず抜かないとか、必ずしっかり曲を止めたことを確認するとか笑。←必死笑。
べつにジャニーズ好きなことを隠してるわけではないんですが、見ず知らずに方々にアピールするほどのことではないかなーと思うんですよね…。←世間体気にする小さい人間です…。
まあカモナマイハウスとかウィークエンダーとか、普通の人がうっすら聞いたことあるやつじゃなくて良かったかもね笑。

そんな感じで毎日JUMPを聴きながら過ごしているわけですが、何回聴いても好きなフレーズってあるんですよね。私的にですが、歌ってるメンバーと歌詞の世界観がピッタリ合うフレーズとか、聴くと必ずその情景を思い浮かべてしまうようなフレーズとか。

今回は〝聴くたびに絶対気になる好きなフレーズを書いてみます〟という、かなり自由なテーマです。
まだあまり曲を知らないのでJUMPingCAR中心です。

《明日へのYELL》
この曲の前向きな歌詞が全体的に大好きなんですが、このフレーズは毎回聞き逃したくない大好きなフレーズです。
知念くんが歌う、
♫モノクロからカラーになれる  そんな瞬間を♫
自分が変わろうとするキッカケを表現しているフレーズです。
聴くたびに、何て素敵な表現なんだろう!と思うんです、毎回。
知念くんの爽やかな歌声と前向きな歌い方が合うんですよねー。
なので、この曲の主人公は知念侑李で脳内再生されてます。

《コンパスローズ》
この曲は、私が知っているJUMPの曲の中で1番大好きな曲です。
smartのライブDVDで、初めて聴いた時からずっと好きで、そのきっかけになったフレーズです。
大ちゃんが歌う、
♫考えているのかな  帰りたくないと♫
いつもより少し低音で歌う大ちゃんが、優しいけど男らしくてかっこ良いんですが、その大ちゃんの歌い方が心にグッとくるんですよー。心掴まれる。
この曲の魅力は、JUMPバンドです。バンド曲なので曲調はかっこ良い感じなんですが、歌詞の内容は可愛らしい爽やかな恋愛を歌ってるとこがいいなーって思うんです。
タイトルが印象的だし、〝門限の9時 星空見えても なんとなく一緒にいよう〟〝あと少し流れ星みえるまで〟とかのフレーズが可愛い。この曲はJUMPにしか出来ないと思う!
この曲の主人公の男らしさと優しさをイメージさせるのは、やっぱり有岡大貴です。

…この曲、光くんが作詞したって今知った!!光くんてこんな素敵な歌詞を書く人なんだね!光くんのこと過剰に好きだったけど、もう何なら尊敬し始めたよ…。

《Walk》
穏やかな優しい恋愛を歌っている曲です。とにかくとっても癒される、癒されソングです。
いのちゃん→大ちゃん→山田くん
♫風の匂いも雲の流れさえも 僕ら彩って♫
好きな子を優しさで包むような素敵な歌詞です。
この曲はメンバーの誰でも脳内再生出来ますが、私的には藪くんですね。あの優しい笑顔で女の子にペースを合わせて歩いている姿が目に浮かぶようです。

《愛よ、僕を導いてゆけ》
一途で切ない片想いの気持ちを歌った曲です。先に言います、〝いのあり〟ソングです。
大ちゃん♫君のかじかむ手を あたためられるのが僕じゃなくても♫
いのちゃん♫僕の未来照らす人は この世界で君だけだよ♫

いのちゃん♫もし100万回君に「アイシテル」を届けても♫
大ちゃん♫ついに君が僕に「YES」をくれなくても♫

このパート割りした人、天才かな?
この2人が恋心歌うと、リアリティーが凄いです。2人の歌声ズルいです。
ただこの曲に関しては〝いのあり〟が好き過ぎるので、主人公というか全てが〝いのあり〟ですね。←ブログのテーマ無視。

《Farewell》
自分を変えようとする、自分応援ソングです。
知念くんが歌う、
♫意味があるとかないじゃなくて 抑えきれない想いがあれば 理屈なんてどうでもいいから♫
会社行く時に絶対聴いてる。理不尽なこととかあっても頑張ろうって。←歌詞の意味を履き違えてる笑。
知念くんの歌声が好きなことは以前書いたと思うんですが、このフレーズの、勢いと前向きな感じが大好きなんですよね。JUMPに応援されていると勝手に思って頑張ってるんです笑。

《サム&ピンキー》
ライブの定番曲なのかな?タイトルが素敵ですねー。
印象的なフレーズで始まるこの曲。
♫今の世界でこの地球でアナタとボクがほら出会った これを何と言う?♫
答えを言葉にしないで、聞いちゃう感じ素敵です。
曲自体はコミカルで可愛い曲なので、JUMPとJUMPファンの子が主人公の曲って感じで、何故かこの曲を聴くと微笑ましい気持ちになります。
…ってほのぼのしてたら、またビックリ!これも光くん作詞だった!!
私、どんだけ光くんのことが好きなんでしょうか…笑。

JUMPファンの方からしたら、光くんの作詞した曲とか常識過ぎて、ビックリしてる私にビックリしたでしょうね笑。

JUMPの曲って、やっぱりメインの若いファン層に向けて作られてるから、爽やかで夢がある可愛い曲が多くて良いですね!
でも大人女子だってその気持ち、ちゃんとわかるからね。そんな時も間違いなくあったし!忘れかけてるだけで笑!
JUMPは良い曲たくさんありそうなので、他のも聞いてみようと思いました。

〝JUMP好きかも〟の大人女子の皆様、気になる曲があったらぜひ聴いてみてくださいね!
 皆様の好きな曲やフレーズも聞いてみたいな。

今回も読んでいただき、ありがとうございました。
キミアトラクション(通常盤)