読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

はしゃぐ大ちゃんと目を輝かせる光くん。【リトルトーキョーライフ 12/9】

毎週欠かさず観てる【志村どうぶつ園】。
もちろん相葉くんが出てるからっていうのもあるけど、それ以前に動物が好き!可愛い動物が見たい!ってことで毎週観ています笑。
先週観ながら旦那に話してたことがありました…「いのちゃん、志村動物園出てほしい。可愛い動物といのちゃんのコラボレーションが観たい!」って。
そしたら、12/12(土)の【志村どうぶつ園SP】に伊野尾慧が出演するという情報が!しかもいつも1番楽しみにしてる〝赤ちゃん大集合スペシャル〟に!
嬉しい、嬉し過ぎる!好きなものを一緒に観れる喜び!!
明日も光の速さで、仕事から帰ろうと思います!


今回の【リトルトーキョーライフ】は、JUMPくんたちのテンションが上がる〝ミニ四駆〟の企画!
番組でオリジナル ミニ四駆を作り、その道のプロに勝てるのか検証します。
オープニングで、どりやんから「(ミニ四駆で)遊んだ人?」って聞かれて、元気に手を挙げるJUMPくんたち。
手をピン!って挙げた、薮くん・大ちゃん・圭人くんは本当に大好きだったんだねーっていうのがよくわかります笑。
最初、手挙げてなかったのに何故かそーっと手を挙げる裕翔くん。空気読んだのかな笑。←ホント気を遣う子だよー。
そんな中、手を挙げてなかった知念くん。
ど「知念さん、どうしました?テンションが上がってない?」
知「いや上がってますよ。意外と子どもの頃は、あんま男の子っぽい遊びをしたことがなかったので」←正直。
裕「女子の中に1人だけ男子まざってるタイプだ」←それって、たいてい可愛いくて優しい男の子ですよね。
知「よくおままごととか一緒にやってたわ
、そういうタイプだ」←ぜひ見てみたい笑。
知念くんの子供の頃の可愛さはちょっと尋常じゃないので、女子は知念くんの取り合いだったでしょうね笑。

最終的に戦うことになる達人のカスタムされたミニ四駆を見て「うわー!」「すげー!」「かっけー!」って大喜びのJUMPくんたち。その中で誰よりも夢中な大ちゃんが可愛い!←最初からずっーとはしゃいでる笑。

達人に勝つ為に強力な助っ人で登場したミニ四駆のカリスマ MCガッツさん。みんなの憧れMCガッツさんが登場した途端、大興奮の大ちゃんです。
大「よく見てたもん!コロコロコミックとかで、しょっちゅう見てたよ!憧れですよ、憧れ!僕たちの」←コロコロコミックがものすごく似合う大ちゃん。チビ大ちゃんが読んでる姿が目に浮かぶねー笑。

ど「もちろんみなさん!出来の悪いチームには罰ゲームあります!」
伊「あれじゃない?1日ガッツさんとか?」←こらこら笑。
ど「どういうこと?」
大「それ罰ゲームにするんじゃねぇよ!やめろよ」←大ちゃん怒らないでーいのちゃん、ちょっと盛り上げようと思っただけだから…
ど「ガッツさんに悪いからね」
大「失礼過ぎるだろ」←おこんないでー…
いのありが仲良しじゃないと、とても悲しい気持ちになる…いつも優しい大ちゃんがちょっとでも怒ると悲しい…失礼ないのちゃんが悪いんだけどさ笑。

3チームに分かれてプロに勝てるミニ四駆を作れるか検証していきます。
人気ナンバーワンパーツチーム→光くん・いのちゃん・知念くん
一番高いパーツチーム→薮くん・裕翔くん・大ちゃん
コースに最適のパーツチーム→髙木くん・山田くん・圭人くん

最初は、光くんチームが人気ナンバーワンパーツを選びます。
光「もうさ、こんな種類あるのねー」
伊「こんなにあるんだ」
ガ「120種類くらいありますかね」
知「これを例えば1個買ったら走るんですか?」←ミニ四駆知らない視聴者目線の良い質問!
ガ「走ります」
知「ちゃんと全部入ってるんですね?」
ガ「モーターから、あと電池だけあれば」
伊「でも僕らが小っちゃい頃に売ってたやつも売ってるんですね、このへんとか…あー!これ初めて買ったやつこれだ!ミニ四駆」←嬉しそう!
光「あー!懐かしい!」←急にテンションが上がる光くん。やっぱり嬉しそう!
オープニングから、密かにずっと楽しそうな光くん。光くんが嬉しそうだと、やっぱり私は嬉しい笑。←光くんが過剰に好きだからね笑。
1番人気のパーツを選びながら、わかりやすくミニ四駆の説明をしてくれます。

1番人気のパーツを選んだ後は組み立て開始。
いのちゃんはこういうの組み立てるの得意そうですよね。長男・いのちゃんが作り方教えながら、末っ子・知念くんに作らせてあげてるところを興味津々で見てる次男・光くんという、3人兄弟みたいな構図です。可愛いなー笑。
光「これやばいな!」←目を輝かせるってこういう表情のことだよね!っていう嬉しそうな光くん。
伊「初めて鈴持ったゴリラみたい」
光「うぉー!うぉー!」←楽しくて、ゴリラ発言を一切気にしてない笑。
伊「楽しみだね、走らせるの」
光「うん」
終始余裕の態度を見せるいのちゃん。得意分野なんだろうねー。お兄ちゃん感満載で良い感じです!
出来上がったミニ四駆のテスト走行をしてみますが、3人とも意外に冷静。不安が残るところをしっかり調整して本番に挑みます!

続いては、大ちゃんチームが一番高いパーツを選びます。
薮「懐かしいやついっぱいあるな」
大「ホントだ!」
ど「使ってたよっていうのあったら、どんどん引き出しちゃってください」
大「あれでしょ薮くんシャイニングスコーピオンでしょ」←話したくて仕方ない大ちゃん。
薮「シャイニングスコーピオン持ってた!おれ並んだんですよコレ買う為に。」
大「設定では色が変わるんですよね。だけど実際色変わんねぇじゃんってヘコんだ記憶あるもん俺。変わんねぇのかよって」←子供あるあるだよね笑。
ど「あくまでもフィクションだった」
大「俺これですね レイスティンガー。懐かしいレイスティンガー。これ前から針が出るマシーンなんですけども、俺実際ここに爪楊枝つけて父ちゃんにマジで怒られたんですよ」←怒られてそう笑。
ガ「危険です」
大「やめなさい!って」
その後も懐かしのミニ四駆トークで盛り上がる薮くんと大ちゃん。
ど「えーみなさん主旨分かってます?」
薮「え?」←キョトン薮くん可愛い。
ど「僕のミニ四駆紹介のコーナーじゃないですよ!」
大「違うんすか?思い出のマシン紹介じゃないんですか?」←楽しそう。
薮「ノスタルジックコーナーじゃないんですか?」←楽しそう。
ということでやっと本題に戻って、お金にものを言わせた一番高いパーツを選んでいきます。
公認レースでは使えない、相当速いモーターも搭載してカスタマイズします。
試しに走行してみると、モーターが速過ぎてすぐにコースアウト。「あーー!」って大慌ての3人。すっごい楽しそうだけど笑。
新たなパーツを取り付けた万全の状態で本番を待ちます。

最後は、山田くんチームがMCガッツさんの監修でコースに最適なパーツを選んで組み立てます。
圭「さっき思い出したんだけど…俺ミニ四駆全国大会出場したことあんの」←?!
髙「マジで?!」
ビックリする山田くん。
圭「さっき思い出した」←どこまで天然なの笑。
このチームは圭人くん中心に、静かに作ってます。圭人くんが山田くんに指示を出すというレアな場面も観れます笑。
テストドライブでは、コースアウトしないスムーズな走り。テンション上がってる山田くんが元気で可愛い!

まずは3チームで予選して勝ったチームが達人と対決します。
結果は…スタートダッシュを決めた人気ナンバーワンチーム!
小さくピョンピョンしながら喜んでる光くんと、勝った!勝った!って嬉しそうな知念くんといのちゃん。
光くんがマシンを持って2人のとこに戻ってきます。子供みたいに喜ぶ嬉しそうな光くんの表情が、ものすごーく可愛い!可愛くて仕方ない…だって本当に嬉しそうなんだもん!
達人との対決は負けちゃったけど、そんなことは、もはやどうでもいい笑!
ど「でも最初、八乙女さんちょっとリードしましたよね?」←ちょっと興奮してるどりやん笑。
光「リードしてた!」←嬉しそう!
大「いけるんじゃないかって思ったよね?」
光「いけると思っちゃった」←素直で可愛い。
最後は、最下位の山田くんチームがみんなの購入した全パーツ代を自腹でお支払いです。
髙「何で俺ら勝てないんだろうね」
山「知らないよ、帰ろう もう」←負けず嫌い笑。

今回の【リトラ】は、JUMPくんたちのテンションが上がる〝ミニ四駆〟だったので、観ていて楽しい気持ちになりました!
パーツを選んでカスタマイズするなんて楽し過ぎるじゃないか!って、普通に興味津々で観てしまいました。私はこういうカスタマイズ的なやつが好きなので、こういうの楽しいです笑。
JUMPくんたちが対決すると盛り上がるから楽しいし、チームでマシンを作るっていうのは1人1人の個性が出て面白いです。むしろもっと作ってるとこ観たかったよ!

色々書いたけど…〝はしゃぐ大ちゃん〟と〝嬉しそうに目を輝かせる光くん〟の、少年な2人を観れたので大大大満足の【リトラ】でした!←結局ね笑。
少年の心を忘れない大人男子…最高です!

今回も読んでいただき、ありがとうございました。
キミアトラクション(通常盤)