読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

ジャニーズの未来にSMAPがいてほしい。

ジャニーズ
SMAPは解散しちゃうの?〟
〝ジャニーズから離れてしまうの?〟

〝国民的アイドル SMAP〟の未来がどうなっていってしまうのか…ファンのみならず、ファン以外の人も注目しているこの問題。
本当はこのことを書くつもりなかったんですが…SMAPのことを考えていたら、ほんの少し感じた想いがあったので書いてみようかなと思います。
私の主観になることをお許しくださいね。


SMAPにとって、あまり良いとは言えない内容が毎日毎日、テレビやネットで報道されています。
もちろん私もこの事を知った時はビックリしたけど、正直あんまり信じていなくて、マスコミが大袈裟に報道しているだけだと思っていました。
だってSMAPが解散するわけないし、ましてやジャニーズやめることなんてありえないって思ってたから。
だからスマスマで、その事について話すSMAP観て、ショックだった。
報道されてることが全て真実ではないにしろ、否定も肯定もしないSMAPの言葉を聞いて、本当に起きてしまっている事実だったんだなって。
今の段階で、ハッキリと言葉にして世間に公に出来ることなんてほとんどない状況の中、生放送でカメラの前に立ったSMAP
あんなに苦しそうなSMAPの表情をファンは観たかったわけじゃなかったのに…ただ一言「僕たちは解散なんかしません」て中居くんに言ってほしかっただけなのに…。
SMAPを想う気持ちが強過ぎて、もしかしたらその気持ちがSMAPを追い詰めてしまったのかもしれないって、少なからず後悔したファンの方もいらっしゃったかもしれませんね…
それ位、テレビに映る辛そうなSMAPの姿は見てられなかったから。


私はデビュー前のSMAPが大好きでした。SMAPが出演するイベントとかに必ず足を運んだり、テレビや雑誌は全てチェックする位、大ファンでした。
デビュー後は好きじゃなくなったとかっていうことじゃないんですけど、とにかくデビュー前のSMAPに夢中だったんです。

その当時、中居くんが言った一言で、ずっと印象に残っている一言があります。
確か、遊園地から生放送していた番組で、絶叫マシンが苦手な中居くんがバイキングに乗らなきゃいけなくなった時だったと思います。

「俺らは何でもやらなきゃいけないんだ!」

元気な慎吾くんの隣りで、中居くんは胃をおさえながら必死にバイキングに乗っていました。
アイドルとしては、普通に楽しいシチュエーションだけど、何かその一言が印象に残ってて。
(言葉とかシチュエーションは間違ってるかもしれないけど、そんなニュアンスのことを言ってたよーな…間違えてたら本当にごめんなさい…)
今はSMAPがなかなか売れなくて苦労した話は有名だけど、当時そんな風に一切思ってなかったから中居くんのその発言が何か不思議だったんですよね…まだデビューもしてないのにって。

今思えば、当時光GENJIの人気が社会現象になる位凄くて、SMAPはその後に続かなきゃいけないって思ってたんだと思います。
でも、ちょうど時代の変わり目みたいな時期で歌番組とか、アイドルが出演出来るようなテレビ番組はどんどん終わっていきました。
だから活躍したくても、出演する番組がなくて。
何とか売れたくて〝バラエティを頑張ってきた〟って、SMAP自身もよく話してましたよね。

スマスマの中居くんの、悲愴感さえ感じるようなあの姿を見たら、何か急にその時のことを思い出して切なくなりました。
デビューする前から覚悟を決めてずっと頑張ってきたSMAPに、あんな表情してほしくないって。

私がどうしても思ってしまうこと…
『ジャニーズの未来にはSMAPがいてほしい』

ジャニーズのアイドルとして、覚悟を決めて頑張ってきたSMAPは、ずーっとSMAPでいてほしいし、その場所はジャニーズであってほしい。
いろんな事情があるんだろうし、本人たちが出した結論がそれと違うものなら、もちろんそれが一番大切だと思います。
ただジャニーズの新しい道を切り開いてきたSMAPが、ジャニーズとしてこれからも新しい道を切り開いていくのを変わらず魅せてほしいなって、願わずにはいられません。
そして変わらず活躍する姿を見せることで、大好きな嵐とHey!Say!JUMP・ジャニーズの後輩たちみんなが、安心して上を目指していけるような道しるべになってあげてほしいと思っています。
それはSMAPしか出来ないって思うから。

いろんな報道があるけどそれに振り回されないで、SMAPが何か言葉にするまで待っていようと思います。
勝手なことばかり書いてしまいましたが…
私はジャニーズが大好きなんです!ホントにただそれだけ!

今回も読んでいただき、ありがとうございました。
キミアトラクション(通常盤)