読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

伊野尾くんの面倒をみてる相葉くんが素敵です。【志村どうぶつ園 相葉&伊野尾VS猿250匹!4/16】

伊野尾慧 志村どうぶつ園 伊ニャー慧 相葉雅紀
〝伊野尾慧をこよなく愛する〟大人女子の皆さまー。
いのちゃんのTV出演と雑誌掲載が多過ぎて、なかなか観きれてない状態になってます…うちのレコーダーは嵐と伊野尾慧とHey!Say!JUMPに埋め尽くされてる笑。
今回の【志村どうぶつ園】は予告の時から、みんながとっても楽しみにしていた相葉くんとのロケですよー!


〝マサキドットコム〟のコーナーに、伊ニャー慧が救世主?!として登場です。
今回は〝相葉&伊野尾VS250匹の猿〟という企画のようですが…
これから始まるコーナーの楽しいダイジェストに加えて2人の魅力満載の…若干大げさな(笑)予告VTRに、ワクワク感が止まりません!

野生のお猿さんに会いに行くということで ちょっとビビっている相葉くんでしたが…待ち受けていたのは、仲良しで穏やかでノンビリしているお猿さんたち。
ここの猿山のリーダーがとっても優しい性格のせいか、他のお猿さんもみんな優しい雰囲気です。
相「リーダーになる為の、こうバチバチみたいな争い、オラオラみたいな…」
飼育員さん「ない」
相「じゃあリーダー、オラオラ系じゃない?」
飼「ない」
相「嵐と一緒だ!ウチのリーダーも全然違うんですよ」←だから、嵐大好きなんですよー!
そんな優しいリーダーの元でノビノビ暮らしているお猿さんたちなので、上下関係もあまりなく緊張感がない…穏やか過ぎる…
〝平和だけじゃなくて頭を使ったり活発に動いてほしい〟というお悩みです。
猿といえばトシさん!のトシさんがスケジュール的に来れなかったので、代わりの助っ人は…
伊「どうも!猫好き男子の伊ニャー慧です!」←相変わらず可愛いく登場。
相「あの、一つだけ言っとく。動物は猫だけじゃないぞ」←笑。
伊「はい笑」
相「伊ニャー慧から脱出するんだよ」←先輩ぽい笑。
伊「え?」
相「だって猫のバーターでずっとやっていけると思うのか!な!」←〝先輩の都合の良い話です〟ってテロップが笑。
伊「やってけないです」←素直。
相「そうだろ」←先輩の都合。
伊「わかりました」←素直。

ニホンザル初心者のいのちゃん、まずリーダーにご挨拶。
相葉くんに「伊野尾!」って促されて、「あのはぁい…」って弱々しく返事するいのちゃん。
相「これがリーダーだから」
伊「おはようございます、おはようございます。」←笑。
相「ちゃんと挨拶して」
伊「おはようございます、よろしくお願いします」
相「じゃあちょっと見せて良いですか?エサを。待ってるからコイツはちゃんと」
リーダーにみかんを見せるいのちゃん…穏やかなリーダーのはずが、すぐに威嚇されるいのちゃん…笑。
伊「待ってください、すいません」←サルに敬語 笑。
相「ちょっと野生を取り戻したか伊野尾で」
相葉くんに「むいて、ひと…」と言われたのに、手につけてるファーが邪魔して もたつく伊ニャーくん。
「だから今日は伊ニャーじゃないんだから、外しなさい、とりあえず!」って相葉くんにイライラされながら、手からファーを取ってもらういのちゃん。←何だかんだお世話してあげる相葉くん優しい。
相「一個ずつね、一個ずつ。こんな待ってることなんて珍しいんだから。そのまんまで良いってよ、それで渡してごらん、そのまんま、ほら」←全力でいのちゃんをお世話する相葉くん素敵です。
「どうぞ」ってリーダーにみかんを手渡しして普通に受け取ってもらえたいのちゃん。
伊「すげー」
相「手から取るんだよ」
飼「座って」
相「そこに座って」
リーダーの目の前に座らされるいのちゃん。
伊「えっ?俺騙されてないですよね?」
相「大丈夫、座って」
伊「結構、距離近く…」
相「大丈夫、大丈夫」
みかんを待ちきれなくなったリーダーが、身を乗り出して いのちゃんのひざに手を置いてきました。
伊「あっねぇちょっと相葉くん、ねぇ相葉くん助けて、ねぇ相葉くん、相葉くん相葉くんちょっと待って、ちょっと待ってよ相葉くん、相葉くん違うんだって」
相「あげたほうが良いんじゃないか」
伊「相葉くんどうすれば良いの?」
いよいよ待ちきれなくなったリーダーに胸を叩かれて、残りのみかん全部取られる いのちゃん。
相葉くんの背中に、「もう無理だって今、もうだってもうだって完全に…完全に…」って泣きつく伊ニャーくん…相葉くん大爆笑。←楽しそう過ぎる相葉くん笑。
相「わかったわかった、今のはコワいな、今のはコワイ」←結局優しい相葉くんにキュンとするよ。
伊「襲いにかかってたよ…」←ホントに怖かったのね笑。

少し野生が出てきたので、次に試してみるのは…
サル毛スーツを着て猿山の群れの中に向かういのちゃんの姿が。
相「可愛いよ!似合ってるよ!大丈夫大丈夫、大丈夫大丈夫」←盛り上げる作戦。
伊「正直、めっちゃコワイんですけど」
相「真ん中に行ってねー」
伊「はい」
相「ちょっとじゃあ、しゃがんでさ、その辺で」
伊「何かあったら絶対助けてくださいよ」←心の叫び。
相「大丈夫、大丈夫、大丈夫!!一緒に何か拾って食べる真似して、ほら」←サルの群れの中でしゃがむ いのちゃん可愛い笑。
いのちゃんの位置を何だかんだと調整したら、相葉くんの作戦スタート。
〝伊野尾がいるこの状態で、エサをバラまけば「あっ知らないヤツに取られる!」と思って、ケンカが起こって活発になる、強引だけどコレしかない!〟という相葉くんの心の声風の説明で、いのちゃんを狙っておやつ大砲発射です。
微調整が出来ないアナログ仕様の為、放たれた大豆はいのちゃんの場所からだいぶずれた位置に…たちまちお猿さんたちはそっちに移動。
伊「うわ!そっち?ココじゃないんですか?」←芸人さんみたいな発言をするスーパーアイドル・伊野尾慧。
相「コレ計算出来ないんだよ、そこまで」
伊「いろんな意味で酷くないっスか、この画」

いのちゃんの体を張った頑張りで、動くエサには素早く反応することがわかったところで、お猿さんたちの動きを観察して新たな作戦を考える2人。
相「だから あーなって、バイバイバイーン、あぁで こうなればスゲぇ頭使う、あ!キタ!」
先輩のここ1番の見せ所を怪訝な顔しながら見守る伊ニャー慧。
相「バイバインだ、あ、キタ!ピッピッピッピッ…マサキドットコーム!」
伊「伊ニャードットコーム!」←可愛い!
人差し指を立ててのイケメン投げキスは…相葉くんより完成度が高い いのちゃんでした笑。
相「オイっ!」

早速作業開始です。ここから完成までは、カッコ良い相葉くんと美しいいのちゃんのワチャワチャを楽しむ時間です笑。←相葉&伊野尾ファンの為にオシャレな写りのカメラにチェンジ笑。
伊「友達(泉センパイ笑)とDIYしたりとかは」
相「DIYとか、俺やったことないよ」
伊「ちなみに建築学科卒なんで、図面も書けます」
相「クゥー」←悔しがる(風)相葉くん笑。

相「デザインだから、こういうのは!」
伊「勉強になるなぁ、やっぱり先輩は」
相「デザインだな!やっぱり」
伊「そうですね!先輩やっぱりさすがです…ちょっと何言ってっか、よくわかんないす」
相「よし!出来たぞ伊野尾!」←気の良い先輩…笑。
伊「さすがです!先輩!」

そしてとうとう〝サル楽しませシステム・バイバイン棒〟完成です!
グラグラ揺れる棒の先にあるヤシの木にバナナをつけることによって、サルが頭と体を使ってバナナを食べる方法を考えてもらうシステムだそうです。
何だかんだと頭の良いお猿さんたち相手に、いろいろ失敗しながら試行錯誤しつつ…超試行錯誤しつつ…
棒の先にバナナを刺している間に、猿が背中に登ってきてしまった いのちゃん笑。

伊「相葉くん 相葉くん 相葉くん 相葉くん!」
相「お前、来んじゃねぇよ!」
伊「相葉くん、とってよ、とって!相葉くんとって、相葉くんとって、ねぇホントにとって、ねぇ、吐息が…吐息が…ねぇ、コワイって、ねぇどこ行くの、俺バイバイン棒じゃないって」←リアクション、ひたすら面白い笑。

途中でアクシデントがありつつも笑、2人の頑張りで〝サル楽しませシステム〟はどんどん精度を上げていきます。
どんどんアイデアを出す相葉くんに対して、「先輩さすがですね、ホントに」って言いつつも、どこか心ここに在らずの いのちゃん。
相「お前 ホントにそれ思ってるか?思ってないんだよな」
伊「もう、ちょっと、さっき肩に猿乗られちゃって、そこでボクもう1回終わっちゃってます笑」←笑。
相「終わんなよ!まだ終わってねぇんだよ」

最終的に、お猿さんたちが頭と体を使いつつ、協力して全員がエサを食べられるシステムが完成しました。
最後に地面に凹みを作って、〝ア・イ・バ〟の猿文字を作ったいのちゃん!←完成度高い!
伊「先輩!こんな感じでどうですか?!」
相「バッチリだよ!意外といいヤツなんスよ 本当は」←うんうん、そうだよね!相葉くん優しい笑。


続いてはスタジオ!
伊「ニャニャニャ、ニャンニャニャーン」
相「ウソだろ?」←楽しそう。
伊「どーも、こんばんはー!毎度お馴染みネコ好き男子の伊ニャー慧です!よろしくお願いしまーす」←だいぶ場慣れしてきた伊ニャーくん、堂々としてます笑。
今回、伊ニャーくんが連れてきたのは可愛い可愛いスコティッシュフォールドの赤ちゃんです。←あまりの愛らしさに相葉くんもメロメロ。
カーペットが気持ち良いのか、カーペットに体をじゃれつかせる仔猫ちゃんたち。
泉「何やってるの?」
伊「わー可愛い❤︎あーもうダメだこれ、癒されるなホントに」←相変わらず誰よりもネコの可愛さに骨抜きになる人…笑。
伊「さぁ泉センパイ、この子たちのもっと可愛い姿見たくないですか?」
泉「見たーい!」
穴だらけの狭い箱に仔猫ちゃんを入れてみると…
みんな穴からピョコピョコ顔出したり、手出したり、超可愛い姿を見せてくれます!
伊ニャーくんが、穴のところで猫じゃらしすると、より一層可愛い動きを見せます。
伊「なので、園長と泉センパイとあと、一応相葉くんも…」
相「一応って何だよ!」

泉「ずっとやってられるー」
みんなが楽しそうに猫じゃらしを振る中、遊べてない人が1人…
相「お前がソコでやるから!俺のほうが…つながってんだから!つながってんのココで!」←いのちゃんへのツッコミにキレが増してきた相葉くん笑。
みんなに「まぁまぁまぁまぁ」となだめられる先輩…さすがです笑!

続いてタカトシさんの〝A-1グランプリ〟のコーナーです。
今回のいのちゃんのお題は、お猿さんがお風呂に入っている〝入浴中のトシ〟というお写真です。
伊「トシさんが言ってることですもんね?もっと唇吸ってくれ〜」
トシ「誰が唇吸われただよ!」
頭を抱える相葉くん笑。
タカ「伊野尾くんがね、言ったってことは…相葉くん!」
相「トシさんが言うことでしょ?トシさんが言うことはひとつしかないですよ!ねぇ一緒にお風呂入ろうよ!」←発想が伊野尾慧よりになってきた相葉くん笑。

そして最後に天国に旅立ったジェームズ。
たまらず涙を見せた伊野尾くん。
溢れ出る涙を我慢して、「いや、僕もやっぱり…テレビでずっと見てたんで、何かスゴイさみしいなぁと思いましたけど…やっぱりどうしても人間より先にお別れが来ちゃうじゃないですか、そういう時にどんな風に向きあってったら良いのかなって、向き合い方って大事なんだなぁと思いましたね」って言葉をつまらせながら話した伊野尾くん。
伊野尾くんが涙をこらえながら一生懸命話していたこと…たぶん動物が本当に好きな人なら少なからず感じる感情…伊野尾くんが本当に動物を大切にしている人だって感じました。
涙が止まらない いのちゃんにティッシュを差し出す相葉くん。
重い空気になってしまったスタジオを相葉くんの優しさが救ってくれました!


今回の【志村どうぶつ園】は、相葉くんといのちゃんがものすごく仲良くなってて、何か微笑ましかったー!2人ロケ最高!!
何より相葉くんが、いのちゃんの面倒をメチャメチャ見てて面白かった笑。
嵐といる時もそうだけど、言葉の端々に優しさが見え隠れしてしまう相葉くん…そんな相葉くん大好きだよ!って、改めて思ってしまいました。
相葉くんへの いのちゃんの甘えっぷりも本当に楽しかったし、相葉くんのこと頼りにしてるんだなぁって思ったし…いのちゃんが頼りに出来るように相葉くんは接してくれてるんだよね、きっと。←やっぱり相葉くん良いヤツだわー。
このまま一緒にやっていったら、本当にどんどん楽しい2人になっていくんだろうね!って期待しか持てない2人です!
パンくんとジェームズみたいな名コンビになれたらいーね。

今回も読んでいただき、ありがとうございました。
キミアトラクション(通常盤)