伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

ジャニーズにおいて〝可愛い〟という感情はやっかいだ。

〝Hey!Say!JUMPを観るだけで楽しい気持ちになっちゃう!〟大人女子の皆さまー。
今回は皆さまに聞いてもらいたいことを書いてみようと思います。

最近、ずっと思ってることがあるんです…
『〝可愛い〟って感情はやっかいだ…』ってこと。

以前ブログにも書いたんですが、私はJUMPくんたちを好きになるまで、大好きな嵐はおろか男性に対して〝可愛い〟という感情を抱いたことがほとんどありませんでした。
何なら〝可愛い〟を狙ってくるような男子は嫌いでした。〝男とはかっこ良くあるべき!〟みたいな笑。←完全に昭和です。

Hey!Say!JUMPにおいても、最初は〝かっこ良い〟とか〝楽しい〟という部分に魅力を感じてたはずだったのに、彼らをどんどん好きになっていくうちに〝可愛い〟という感情が絶え間なく湧き出でくるようになりました…←困ってる。
自分でこのブログを読み返してみても、明らかに最初の方と最近では〝可愛い〟という言葉の登場率は格段に上がってます笑。

もちろんHey!Say!JUMPが可愛いと感じることは、客観的にはそんなに特別なことではないと思うんです。
けど、私がJUMPくんたちに感じている〝可愛い〟は、見た目とかイメージとかの部分ではなく、彼らを大好きになり過ぎてしまったが故の〝愛おしさ〟のような感情だと気がつきました。
だから、一度、好きになってしまえば良いところもそうじゃないとこも、どんな部分でも魅力的に感じてしまって、いろんな意味を含めた感情として〝可愛い〟って思っちゃうんですね、きっと。
JUMPくんたちを観たら、何でも〝可愛い!可愛い!!〟ってなってるから、正直この感情は〝やっかい〟だ…って、最近思ってたんですよね。←今さらだけど笑。

しかも、特に本来私が好きな〝かっこ良い〟という部分との対比で意外な一面を魅せられた時、そのギャップに心掴まれて…〝可愛い!〟ってなってしまうという思考回路になってしまった気がする笑。

かっこ良い薮くんの、たまに見せるポンコツぶり超可愛いし、
しっかり者の光くんが、たまに見せる天然さと無邪気な笑顔に必要以上に可愛さを感じたり、
自由にテキトーに振舞ってるふりして、さり気ない優しさと思いやりでメンバーをフォローする伊野尾くんにキュンとしたり、
子供みたいだなーって思ってた大ちゃんの男っぽさにときめいたり、
クールでかっこ良いビジュアルを持つ髙木くんが、実は誰よりも心優しいことにホッコリしたり、
完璧な王子様山田くんのヘタレなとこが超可愛いし、
ひたすら可愛いと思ってた知念くんが、男らしいとこにキュンとするし、
努力とポテンシャルで何でも上手に出来ちゃう裕翔くんなのに、超照れ屋で褒められるとモジモジしちゃうとこに愛おしさを感じたり、
圭人くんは…圭人くんに関しては無条件で可愛い笑。

Hey!Say!JUMPにとって、表情や仕草とかで〝可愛い〟を表現することはお手の物だと思うし、もちろん私はそれを観て癒されたりときめいたりしてます。
ただ、そういう本来の意味の〝可愛い〟よりも、9人の人間性やメンバー同士の仲良しさとか、ワチャワチャ盛り上がっている楽しそうな姿とか、上手に出来ても出来なくても頑張ってチャレンジする姿とか、自然体の姿とか、がむしゃらに頑張る姿とか、上手に出来なくて照れ笑いする姿とか…とにかく そういうとこに〝可愛い!〟が止まらないんです!!←しょうもないことを堂々と言います笑。

ジャニーズの好きになり方は人それぞれです。
ただ、特に可愛いことをしていない彼らを観て〝可愛い〟と感じ始めた大人女子の皆さま!
そして この気持ちを少しでも共感してくれる大人女子の皆さま!
 彼らを大好き過ぎるから何をしてても〝可愛い〟って心から思ってしまうんですよね…〝愛おしい〟って感情はスゴい!
…これが〝ハマってしまった〟ということなのかもしれないね笑。
 
で最終的に…
『〝可愛い〟って感情はやっかいだ…けど、ものすごーーく楽しい!』
結局、これでした笑。
大好きでいられることは楽しいし、幸せなことだよねー。
大人女子の皆さま、一緒にハマりにハマって行きましょ!

今回も読んでいただき、ありがとうございました。
キミアトラクション(通常盤)