伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

知念侑李と赤ちゃんワラビー。【志村どうぶつ園 5/14】

〝知念くんの小悪魔的魅力が大好き!〟な大人女子の皆さまー。
【志村動物園】で知念くんの新企画がスタートしましたね。
今、私は知念くんを応援したい気持ちでいっぱいです!


山瀬さん「さぁ続いては新コーナーです。生まれながらハンデがある赤ちゃん動物を、アノ人が育てるんですよね?園長」
園長「相葉くんの後輩です」
怪訝な顔をして「え?アイツですか?」って、手で猫耳を作る相葉くん。
園長「いや、アイツではありません」←〝アイツ〟扱いされる伊ニャーくん笑。
相「アイツじゃないんだ、誰だ?」

片足のないワラビーを育てる為に、志村園長が指名したのは…朝からずっと緊張気味のアノ人の手が映ります。
『この方(元気な伊ニャー慧くんのVTRが流れます!)ではなく、この方の同僚!?…でもこの人ほど図々しくなく…』ってナレーションが流れます。
志村園長に指名されたのは、知念くんです。
知「あのー…正直あの内容がわかってないので、ちょっと不安なことがいっぱいなんですけどね…一体 今日は…?」←弱々しい声…頑張って!
〝【志村どうぶつ園】のお仕事〟とだけ聞かされて車に乗せられ知念くん。
テレビの画面からも緊張感が伝わってくるような張り詰めた表情です。
スタッフさんからは「知念くんに育ててもらいたい赤ちゃん動物がいる」とだけ説明をされました。
尊敬する志村園長から〝ぜひ知念くんに〟とって、スタッフさんから伝えられて、とても嬉しそうな知念くんです。

知念くんが育てる赤ちゃんがいる動物園に到着します。
知「こんにちは、知念侑李と申します」←礼儀正しいね。
飼育員さん「あそこにある動物病院で今その赤ちゃんを飼育していますので」
知「何で動物病院なんですか?」
飼「…」←何か言ってあげてー。
知「ここですか?」
飼「ここにいるんです」
知「あっ、何か袋の中に!」
そこには保育器の中で、チェックの小さな袋に入った小さな動物の赤ちゃんがいました。
知「お顔はどこかな?え?お顔が見えない…」
飼育員さんが赤ちゃんの顔を見せてくれました。
知「わっ!かわいい…かわいいですね、かわいい、こっち見てる、かわいい、小っちゃいですねー、これは何の子ですか?」←嬉しそう!
飼「これはベネットワラビーの赤ちゃんなんです」
知「ワラビー」
飼育員さんが〝本当だとお母さんの袋に入っていないといけないので、手作りの袋に入っている〟と説明をしてくれて、ワラビーを出してくれました。
出てきたワラビーの赤ちゃんがとっても可愛くて、頭を撫でてあげる知念くん。
「やっぱ袋の中にいたいんだろうな…」って、ワラビーの赤ちゃんを見ているうちに気づきました…
知「あっ…足が…」
飼「この子、足がないんです」
足がないことを知ってしまった瞬間、戸惑いを隠せない知念くん。
あまりに悲しそうな知念くんの表情は、観ている私たちの胸さえも締めつけます。
知「これは何か あっててこと…ですよね?まぁ何かあって…」←言葉を選びながら、やっとの思いで発した言葉。
飼「お母さんの袋の中で、何があったか私たちにはわからないんですけど…」
知「わかんないですか…」
真剣に話を聞く知念くんの張り詰めた表情…まばたきを何度も繰り返すその瞳は、明らかに動揺しています。
ある時、袋に戻れなくなっていたところを発見されたことを聞いて、「そうなんだ…そっか…大変だ…」って、今にも泣き出してしまいそうな知念くん。
飼「抱っこしてみますか?」
知「大丈夫なんですか?」←ワラビーの赤ちゃんが心配なんだね。
飼「はい」
知「ど ど どう持ったら…?」←動揺するの当たり前だよね。
飼「少し丸めるように持ってあげると、とても落ち着きます」
知「落ち着く?はい!」←覚悟を決めた。
「はっ、ど ど ど…お尻を?」って、かなり動揺しながら抱っこさせてもらいます。
「あー軽い…手つかんできた」って、不器用な抱き方で赤ちゃんを抱く知念くん。
赤ちゃんは居心地悪そうに体を動かします。
知「あっ、大丈夫?ごめんねごめんね。どした?どした?」
飼「体に付けてもらって」
緊張からか、上手に抱っこ出来なくて、赤ちゃんはなかなか落ち着いてくれません。
知「あっ!大丈夫かな…あっ…大丈夫かな」
「はぁ〜」って深呼吸する姿は、観ている私たちにまで緊張感が伝わってきます。
知「大丈夫?あっ…どうしよう、こっち向く?落ち着かないね、僕のために…」
飼育員さんが手を取って、再度教えてくれます。
飼「緊張されてますね?」
知「緊張してますね」←本当にガチガチだよね。
飼「緊張は伝わるので…リラックスしてもらえたら落ち着くと思います」
知「わかりました」←頑張って!

動物の扱いに慣れているわけではない知念くんを、あえて園長が指名した理由…
決しておしゃべりが得意なわけではない、特別度胸があるわけでもない…でも、いつもひたむきに相手の心を読み取り喜ばせようとする、そんな知念くんの姿を志村園長はちゃんと見ていてくれたんです。
いつも相手のことを思い、気持ちを察してあげることが出来る知念くんなら…って。

「痛くない?足」「お母さんに会いたいよね、一緒にお母さんといたいもんねー」って、赤ちゃんに優しく語りかける知念くん。
そんな知念くんの思いが通じたのか、赤ちゃんはすっかり落ち着いて、知念くんの腕の中で寝そうになっていました。
知念くんの胸に、目を閉じて顔をピッタリくっつけて甘えてくる赤ちゃん…
知「んー甘えてくる…」
その姿に、表現しつくせない たまらない愛情を感じているのが、表情と仕草でわかります。
知「僕が少しこう、慣れてきたっていうのが分かったんですかね」
飼「はじめに比べてどうですか?」
知「緊張がなくなってきました」
飼「それがワラビーちゃんにも伝わって」
知「ホントにわかるんですね、そういう」
自分に甘えてくる赤ちゃんに「かわいい」って、本当に嬉しそうな表情を浮かべる知念くん。←私まですっごく嬉しい気持ちになったよ!

知念くんがワラビーの赤ちゃんに少し慣れてきたところで、足を失ったワラビーちゃんについて〝知っておかなければならないこと〟を聞かなくてはなりません。
〝今の足の状態で大きくなった時に、ジャンプで移動するワラビーにとってジャンプが出来るかどうかが心配〟だということ。
知「そうですよね…厳しいですよね。ジャンプで移動してるのにね、ジャンプ出来なくなっちゃったら…そっかー、ジャンプ出来るようにしたいですよね」
最終目標は、お母さんたちのいるエリアで自由に暮らしてもらうことです。
飼「義足をつける動物もたくさんいるんですね」
知「義足?」
飼「そういうものがワラビーでも、もしかしたら可能性が…」
知「出来る可能性があるんですか?」
真剣に話を聞く知念くんの腕の中には、安心しきったワラビーちゃんがいます。
知「他の仲間たちと一緒に走ったり出来たらいいですね。そっかーそれが一番だよね、義足出来るといいな…」
その夢を叶える為には、1日中つきっきりでお世話しなくてはならないことを聞いた知念くん。
知「いやもう…僕がやります!一つの命ですから、大事に愛情を注いで育ててあげないと…頑張るぞ!ずっと甘えん坊さんじゃダメだぞ。僕も人のこと言えないけど」

園長「大変な役割だけどね…」
山瀬さん「責任重大ですし」
相「でもいけるんじゃないですか?何か真面目だしね、優しいし、健気だし…アイツ(伊ニャーくん)とは大違いですね!ホントにねー」←すぐオチにされるいのちゃん…相葉くんの愛情感じるよ笑!


知念くんて、あまり動物が得意なほうではないんですよね。
そんな動物の扱い方…抱き方さえも満足に分からない状態で出会った、足を失ったワラビーの赤ちゃん。
ただただ可愛い健康な動物の赤ちゃんじゃなくて、足を失ったワラビーを目の前にどんなリアクションをしたら良いのか…きっと困惑したと思います。
〝可哀想〟って同情することはいくらでも出来たかもしれない。
だけど、そのワラビーの赤ちゃんも、大切に育てている飼育員の方も、そんなこと望んでいるわけじゃないって、知念くんはすぐに気がつきました。
足を失ったワラビーの赤ちゃんを育てることがどれだけ大変なのか、義足をつける為には人間の愛情が必要…そんなお話しを聞いた知念くんは、「僕がやります」って真っ直ぐな瞳で言いました。
満足に抱っこも出来ない状態で…どうして良いかも全くわからない状態で…もちろん自信なんかあるわけないと思うんです。
だからこそ 、最初はずっとどうして良いか分からずに不安そうだった知念くんが、最後は少しの迷いもなく真っ直ぐに言ったその言葉がとても印象的でした。
〝ずっと甘えん坊さんじゃダメだぞ。僕も人のこと言えないけど〟って言ったのは、一緒に頑張ろーねってことだったのかもしれませんね。

動物好きで器用な人だったら、最初からもっと気の利いた言葉を言えたかもしれないし、もっと上手に抱っこして飼育員さんにお話しを聞くことも出来たかもしれない…でも大切なのは、そういうことじゃないんですよね。
人見知りで上手に話したり気の利いたことが言えなくたって、ワラビーの赤ちゃんを大切に思う強い気持ちがあればそれだけで十分なんだと思います。
知念くんがワラビーちゃんに対しての愛情を十分過ぎるほど感じていることも、足を失ったワラビーちゃんを何とかしてあげたいって思う強い気持ちも、一つ一つの表情や言葉からものすごく伝わってくるものがありました。

今回の【志村動物園】は…
あんなに動揺や不安が顔に出てる知念くんを初めて観ました。
努力してる素振りを見せずに何でもやりきってしまう いつもの知念くんはもちろんかっこ良いけど、今回みたいな素直に感情を表現している知念くんも素敵だと思いました!

ただ〝特別度胸があるわけでもない〟っていうのは、ちょっと言い過ぎかなって思ってたけど…知念くんかなり度胸あるよね笑。

ワラビーちゃんが義足をつけて お母さんたちと同じ場所で自由に走り回れる日まで…
知念くんとワラビーちゃん頑張ってね!
ずっと応援してます!!

今回も読んでいただき、ありがとうございました。
キミアトラクション(通常盤)