伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

大野智の〝初めて感がない〟は、伊野尾慧への最高の褒め言葉。【嵐にしやがれ 7/16】

〝嵐とJUMPが仲良しだと それだけで嬉しくなる!〟な大人女子の皆さまー。

今回の【嵐にしやがれ】の大野くんのコーナーに、いのちゃんが登場しました!←嵐旅館以来だねー。

嵐とJUMPの組み合わせは相変わらず最高で、ずっとニコニコが止まらなかったよ…ってことで、早速書いていきますねー。

 

 

今回の〝大野智の作ってみよう〟は新シリーズ!

ブルーのとんがり帽子にブルーのチェックシャツ、ボルドーのパンツにサスペンダーをつけた小人みたいな いでたちの大野くん。

スタッフさん「巨大化してみようシリーズ第1弾でーす」

大「えー巨大化する作ってみよう?」

松潤が「小人っぽくなってんだ」って気づきました笑。

記念すべき第1回目のテーマは…

ス「巨大パンです」

大「パン!?おーー!イイじゃないですか!元々はパン屋になりたかった人間ですから。元々はっていうか、まだ諦めてないですけどね、別に」←嵐と並行してお願いしたい笑。

大野くんだけでは不安ということで、若い労働力を確保!な設定で、伊野尾慧登場です!

伊「大野さーん!」

赤いとんがり帽子とシャツ 茶色のパンツにサスペンダーと、大野くんと色違いの小人スタイルで可愛いく登場したいのちゃん。

あまりに可愛い登場に「女の子じゃねぇかよ!」って、翔くんに言われてます笑。

大「似合うな!そういう格好が。何でだろね」

伊「大野さんも十分似合ってますよ」

大「だいぶ食い込んでるからね」←笑。

伊「そうなんすよコレ。サスペンダー短いんですよ!」

大「短いんだよ!」

 

伊「今日僕、宣伝に来たんですよ」

大「いいよ、もういいよ。いいよ!」←優しい笑。

伊「明日からスタートする藤原竜也さん主演の日曜ドラマ、〝そして、誰もいなくなった〟に、あのバーテンダー役で出演させていただきます」

大「あー何か見たよ」←!!

せっかく大野くんが知っててくれたのに、会話は容赦なくぶつ切りに…。 

 

 ス「今回はなんと、巨大メロンパン」 

大「えっ!?それ聞いてないよ!」

小人の世界に迷い込んだような、大きなメロンパンを、2人で作ることになりました。

  巨大メロンパンを作る為の窯や、大量の生地を用意します。

巨大な窯を見た大野くんは「え?こんなデカいの作るの?」ってビックリ。

いのちゃんはパン作り初体験。

伊「コレがパンになんだ〜」

大「いや笑、お前、セリフか!」←大野くんがツッコミ珍しい笑。

材料をかき混ぜながら、楽しそうに笑いあう2人が微笑ましい笑。

伊「やっぱ一応言っといたほうが良いかなって…」←仕事する若手。

大「確かに、分かんないもんね」←結局優しい。

 

ふわふわのパンにする為に、力を入れてこね上げなくてはいけません。

伊「何か、大野くんのと出来が全然違うんですけど」

大「こねる事、あんまりしないでしょ」

伊「こねた事ないですね」

大「俺けっこう…」

伊「こねてます?」

大「嵐って仕事でよくこねてるよ」←笑?

笑っちゃういのちゃん。

伊「何こねるんですか?」

大「何かねー蕎麦作ったりねぇ」←言い方可愛い。

伊「そこだな Hey!Say!JUMP」←そこなの笑?

大「そうそうあのね、こねていかないと」

伊「こねていかないとダメなんですね」

大「嵐、マジ結構こねたよ」

そんなしょうもないトークをしながら、こねること15分。←隣りで生地をこねる姿に何の違和感もない2人。

ス「巨大メロンパンですから、この生地はホント一部です」

大「そりゃそうだわ あの窯見たべ。うわ!すんげぇ火!」

伊「うわー火がすごいな」

大「怖い!そうだよ、これ(巨大窯)に これじゃ、何バカじゃないのって感じだよ」

 

スタッフさんが残りの生地を作っている間に、2人はクッキー生地を作ります。

仲睦まじく生地を作る2人。

伊「あっやわらかい。あんまやわらかいもの触らなくなりますよ。20歳過ぎると」←どういうこと笑?

大「知らねーよ笑。20歳前は何触ってたんだ!じゃあ」←確かに笑。

大野くんのツッコミに、とっても楽しそうないのちゃんです。

 

大「プチューって出そうだよ、あんまりやったら」

伊「えっ?じゃあ どうするのぉ?」

大「加減?」

「何だよ、気持ち悪かったな今!」って、生地をのばしてた棒で大野くんに叩かれます笑。

大「どうするのぉ?ってなんだよ!」

伊「だって!2人とも分かんないんですもん!」

大「やれよ!早く!俺ばっかやってんじゃん

!」←こんなに大野くんに雑に扱われる後輩います笑?

楽し過ぎて「エッエッエッエッ」って変な笑い方になるいのちゃん。←ホントに楽しそう笑。

大野くんに「その笑い方、笑い方もやめろ!」って肩を叩かれますが、面白くなっちゃった伊野尾慧は笑いが止まりせん笑。←嵐とJUMPのワチャワチャ楽しい。

 

とうとう、みんなでこねた生地が完成!

伊「スゴくないですか?」

大「これは見たことないでしょ。行ったことないけど、月みたいじゃない」

大野くんの発言に、相変わらず楽しそうに笑ういのちゃん。

 

生地のガス抜きの作業でも、「おーー!割れた!」って盛り上がる2人。

地道に作業して、何とかメロンパンの形にまで作りあげることが出来ました!

焼く前のパンの大きさを測ったら窯入れをして、あとはパンが焼き上がるのを待つだけ!

巨大メロンパンは上手く焼き上がっているのか?!窯から出てきたのは…

伊「お好み焼き?!」

大「なんじゃこりゃ〜!」

伊「あんま…膨らまなかったですね」

サイズを測ってみたら、なぜか焼く前より小さくなっていました笑。

 

 大事なのは味!ってことで、パンを切って中を確認。

大「いきます」

伊「おーー」

大「やらかい」

伊「おー」

大「スゴイぞ」

サクッとした切りごたえに「パンだ!」って驚く2人、大きくカットして断面を見てみることに。

伊「夢あるなぁ!」←ホントに!

大「取れるぞ!」

伊「おーー!」

大「パンじゃん!」

伊「パンだ!興奮!」

断面に感動した後は、早速食べてみることに。

伊「パンです」

大「マジ?」

伊「ちゃんとパンです」

大「パンだわ!あっメロンパンだよ!」

伊「美味しいですね、出来たて」

大「成功じゃん!」

伊「これ成功ですよ。想像以上の美味しさに感動してます」

見た目はお好み焼き風だったけど、2人で仲良く作った巨大メロンパンは大成功でした!

 

ス「お2人どうですか?今日は一緒にやってみて」

大「初めて感がない!今までずっと一緒巨大なものを作ってきた感がスゴいある」←最高の褒め言葉!

 

 

大野くんといのちゃんの巨大パン作り、楽しかったねー!

相葉くんともそうだけど、いのちゃんと大野くんは友達みたいに見えました笑。

2人が終始楽しそうに話したり笑ったりしている姿を観て、本当に本当に嵐とJUMPのファンで良かった!って心から思ったよ笑。

いのちゃんといる大野くんは気を遣い過ぎてない感じが良いですよね。

いつも優しい大野くんがいのちゃんにツッコんでるとことか、無理しないでリラックスして素直に楽しんでる感じが本当に良かったです!

大野くんといのちゃんの関係は、大野くんが言った〝初めて感がない!〟って言葉につまってるんだろうなぁって思いました。

 これって〝やりやすかった〟ってことだよね。

さり気なく気を遣いつつ、無邪気に楽しむことが出来るいのちゃんだからこそ、周囲を楽しませることが出来るんですよね。

伊野尾慧の人間力、半端ないです!!

 

そして、結局いつも思うのは…

『嵐とHey!Say!JUMPは最高!!』

これからも兄弟グループとして、共演楽しみにしてます!

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

キミアトラクション(通常盤)