伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

伊野尾慧×モード。【SPUR 11月号】

〝ファッション誌の伊野尾慧を楽しみにしてる!〟な大人女子の皆さまー。

とうとう、いのちゃんが【SPUR】に登場ですよ!

…なぜ何の前触れもなく〝とうとう〟かと言いますと、私が毎月買っている雑誌だからです笑。←超個人的な理由。

いのちゃん モードにまでやってきたんだー!って、とっても嬉しい気持ちになりました。

 

 

〈SPUR MAN in TOKYO 〜モードな視点で切り取る、個性豊かな男たち〉

〝伊野尾慧 東京ニュートライブ〟というテーマで、6ページにわたって最新のモードを着こなす伊野尾くんの写真が掲載されています。

 

〝中性的な魅力に包まれながら、インテリジェントで強い芯をもつ〟って、いのちゃんにピッタリの素敵な言葉で紹介されてます!

 

ジオメトリックなグッチのブルゾンやワイドパンツ、ディオールオムの中性的なニットやチェスターコート。

ロエベのワイドシルエットなニットパンツやファーコート。

主張が強いハイブランドのスタイリングを、さらっと着こなしてしまっている伊野尾慧はとても素敵です。

 

私が1番好きだったのは、ディオールオムのチェスターコートの写真。

レトロな雰囲気漂う天井の高いお部屋で、袖に視線を落とす伊野尾慧。

赤いウールに黒いボタンのコンパクトなチェスターコートに、白いシャツにリボンタイと赤黒ギンガムチェックのセットアップ…いのちゃん超お似合いじゃないですかー!
シャツの袖を長めに出してるのも素敵!!

黄色い花柄の壁とターコイズブルーのカーテンが赤いコートを際立たせてるし、上の方に映ってる金色の枠がついた丸いライトが可愛い。

映っているもの全ての色や柄が綺麗だし、伊野尾慧の創り出すレトロでモードな世界観はとても素敵です。

 

あと、ロエベのミリタリーなシャツと膝に白い文字がプリントされたトラウザーにファーベスト着てるのが可愛い!

こういうユルいけどゴージャス!みたいな感じも、いのちゃんはお似合いですね。

 

インタビューでは、モードファッション誌らしい 横文字のカタカナが飛びかっていますが笑、 きちんと自分の経験を交えて自分なりの言葉で答えているのが印象的です。

ファッションだけでなく人間関係や建築目線の質問まで、今回の【SPUR】の企画のテーマを理解して答えてる感じが本当に賢いなーとか思ってしまいました。

雑誌とか企画に合わせて答えを変えてるわけじゃなくて、自分の経験や考え方をふまえて、そのシチュエーションに合った発言をすることが出来るんですよね。

いのちゃんのそういうところに、ブレない芯の強さや一貫性を感じるんです!

 

 

今回の【SPUR】は…

モードなお洋服でも余裕で素敵に着こなす伊野尾慧が本当に素敵でした!

テーマを理解して、その世界観を創り出すことが出来るし、その世界観に溶け込むことが出来るから、いのちゃんの写真はいつもアート作品みたいな素敵な写真に仕上がるんですよね。

そして、モードのお洋服が好きな人なら、純粋にお洋服も楽しめるような写真だったのが嬉しかったです!

 

〝伊野尾慧×モード〟は、思ってた以上の相乗効果を魅せてくれました。

多彩な表現力と勘の良さで、お洋服をいつも素敵に着こなす いのちゃんは最高にかっこ良いよね!

 

ということで、〝装苑〟ものすごーく楽しみにしてるし、ものすごーく期待してます!

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

キミアトラクション(通常盤)