読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

アイドル誌仕様のグラビアは、やはりハードルが高いと思った話。【東京ウォーカー 11月号】

伊野尾慧 雑誌

〝いのちゃんとパンが大好き!〟な大人女子の皆さまー。

今回は、いのちゃんが表紙の【東京ウォーカー】のことを書こうと思います。

発売したのは10月20日なので、ちょっと日にちが経ってますが…発売日には買ってたんだけどねー笑。

特に好みな感じのグラビアではなかったので、買うかどうか一瞬迷いましたが、大好きなパン特集だったので買ってみましたよ。

 

 

〈一緒に朝ごはん!〝Pan〟tastic time〉

表紙と全6ページにわたってグラビア&インタビューが掲載されています。

 

表紙はたくさんの美味しそうなパンに囲まれて、スマイルマークみたいな模様のパンを片手に微笑んでます。

いのちゃんの肌が綺麗なの知ってるけど、それにしても凹凸が無さすぎる顔に若干の違和感が笑。←めっちゃ修正されているのか、加工されているのか、ライトが当たり過ぎているのか…。

 

グラビアは全体的にアイドル誌っぽい可愛い写真になってます。

最初の見開きページは、右側がパンを頬張るいのちゃんのアップ。

左側はテーブルいっぱいのおしゃれな朝ごはんを前に、幸せそうに頬杖をつくいのちゃん。

あの…正直、もう少しかっこ良い写りの写真なかったんでしょうか?って言いたくなりました…絶対もっとかっこ良いのあったでしょー!←ワガママでごめんなさい。

 

 

次の見開きページは、〝パンを食べるいのちゃん〟、〝パンを切るいのちゃんの綺麗な手もと〟、〝カプチーノを入れるいのちゃん〟、〝カプチーノの萌える飲み方を実演するいのちゃん〟など、アイドルらしい可愛い写真がいっぱいです!←あざと可愛い笑。

その中で私が唯一ときめいた写真は〝食パンにバターを塗る楽しそうないのちゃんの横顔〟。

これは自然体で無邪気で超可愛いです!

 

そして最後の見開きページは、ベッドに横たわったり、お腹見せたり、首もと見せたり…全体的に色気ある雰囲気を醸し出してます。

…えっと、確かテーマはパンでしたよね笑? 

とはいえ何だかんだと全部可愛いし美しいし、いのちゃんの表現力ってやっぱり凄いなぁって思いました。

求められることをすぐに理解して、テーマやイメージに合った自分なりの表現が出来るのは、いのちゃんの誇るべき天性の才能ですねー。

 

インタビューは、伊野尾くんは何パンですか?とか、【そして誰もいなくなった】や【ピーチガール】の話しをしてくれています。

役者の面白さを語るいのちゃんは、もっともっと飛躍しそうな予感です!

 

 

アイドル誌仕様のグラビアを見ることはほとんどない私にとって、今回の【東京ウォーカー】のグラビアは新鮮でした。

私がアイドル誌を買えない理由…

以前ブログに書いたことがありますが、アイドル誌グラビアの色気醸し出してるやつが苦手なんです…見てて恥ずかしくなるし、背徳感が半端ない笑。

もちろん需要があるから、そういうテイストなんだとは思いますが、私的には爽やかだったりオシャレだったりするほうが、やっぱり楽しいし好きです!!

ただ、せっかくの いのちゃんのアイドルグラビアを楽しめないなんて…自分のメンタルの弱さが悲しい。←いつになったら、直視出来るのだろう笑。

 

私にとって、アイドル誌仕様のグラビアは、やっぱりまだまだハードルが高いなぁと気付かされた【東京ウォーカー】でした。

しょうもないことを堂々と力説してしまいましたが、あくまでも私の主観ですのでお許しください。

もちろんいのちゃんは超可愛かったし、パンは超美味しそうだったし、【東京ウォーカー】自体は本当に面白かったんだよ!

私の好みと気持ちの問題だから…笑。

でも少しでも共感してくれる大人女子の皆さまがいたら、大変嬉しく思います笑。

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

キミアトラクション(通常盤)