読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

岸くんを観にジャニーズJr.祭りに行こうと決意した話。

〝JUMPくんたちも大好きだけど、ジャニーズJr.も好き!〟な大人女子の皆さまー。

実は先日、さいたまスーパーアリーナで行われた『ジャニーズJr.祭り』の追加公演に行ってきました!

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、私はいわゆる〝現場〟という場所に出向くことはなく、テレビやDVDをひたすら観て応援するだけのユルいタイプのファンです。

なので今回なぜ突然、コンサートという大舞台(笑)を観に行くことになったのかなどを含め、ゆるゆると書いて行きたいと思います。

 

私がジャニーズのコンサートに行ったのは、もうとんでもなく昔…光GENJI横浜アリーナでの公演です。←古っ!って思っても、そこは聞き流して笑。

さすがにまだ子供だった私ですが、キラキラしたステージをローラースケートで駆け回るキラキラした彼らに胸躍らせたあの日…あと、変なロゴが入ったグッズ買ったことも良い思い出です笑。

そんな私が何故、突然コンサートに行くことになったのか…

大好きな嵐でもなく大好きなJUMPでもなく、そんなに詳しくもないJr.のコンサートに行ったのか…

それは…

当たったから!です笑。←当たり前。

 

とはいえ、ジャニーズのチケットが一般の人に自然に当たるわけはないですよね。

そうです!!私は〝ジャニーズJr.情報局〟に入会して自らの意志で申し込みをしたんです。

当たり前過ぎる話ではありますが、基本ファンクラブとか入らない私にとってはオオゴトです。

 

入会のきっかけは、横浜アリーナでの『Jr.祭り』が発表になった時。

会社のJr.ファンの子と休み時間に話していて、

「岸くん出るなら観てみたい!」

「一緒に行ったら楽しいかも!」

「情報局の年会費2,500円なんて、はした金だー!」←ウソです笑。

という本当に本当に、ただのノリと勢いだけで入会し、申し込みをした私。

ただ世の中そんなに上手くいくワケもなく、見事なまでに全てハズレてしまいました。

Jr.祭り以外にも申し込みしましたが、全て落選。

私はそこで悟りました…

そっか!これは ほぼほぼ当たらないやつなんだな…ポッと出の奴が当たるわけないんだなと。

なので、Jr.祭りの追加公演に申し込んだ時も、当然 当たるワケがないと思いながら申し込みをしました。

 

そしたらさ…当たった…

しかも第一希望日の着席ブロック!!←わかった風な書き方してますが、もちろんこの当時は〝着席ブロック〟がどんな席なのかよくわかっていません笑。

 

申し込みから公演日まで日程がタイトだったとか、キャパ的に倍率低かったとか、そんな理由はあったのかもしれませんが、私にそんなことは関係ありません笑。

当たったことが嬉し過ぎて、浮かれまくる私。

 

ただそこで、すぐに我に帰りました。

絶対当たるわけないと思って申し込んでいるので、まず会社の友達に一切言ってなかったし、日程的にお休みを合わせてない…

てかそもそも、申し込みの時に同行者を旦那の名前にしたから、旦那に行ってもらうしかないのか!?

ジャニーズJr.のコンサートに不慣れな上に、デジタルチケットという未知の領域。

 

旦那に恐る恐る聞いてみました。

私「あのさ…ジャニーズJr.祭り一緒に行ってくれない?」

旦那「ジャニーズJr.?JUMPじゃなくて?」

私「あの…岸くんとか出るやつ…岸くんとか…岸くんとか…」←小声。

私のジャニーズ好きを受け入れてくれて、毎週一緒に少クラを観てくれる位ジャニーズに対して寛容なウチの旦那でも、さすがにJr.のコンサートは嫌かなーと思いましたが…

旦那「良いけど」

私の不安をよそに、あっさり承諾してくれました。←たぶん深く考えてない。

 

行くと決まったら、とりあえず すぐさま会社のお友達に報告し、指示を仰ぎました笑。

特に私が心配だったのは…

なかなかの大人な男女がジャニーズJr.のコンサートに行っても良いものなのか?!

めっちゃ悪目立ちして、若い女子たちに舌打ちされたりするのではないか?!←酷い誤解。

…という、しょうもないこと笑。

 

「確かに若い子ばっかりだけど、関係者(親御さんとか)だろうなーっていう大人の人はよく見かけるよ。」←本人は若い子。

この友達が言ってくれた一言で、一気に不安解消!

「そっか!〝息子のチビっ子ジュニアを見にきた親御さん〟という設定にしよう!」←必死…笑。

 

今思えば本当にどうでも良いことなんですが、その時の私はとにかく不安でした笑。

せっかく当たったし…岸くん観てみたいし…でも若い子ばっかりの しかも濃いめのファンが多そうなJr.の現場に、初心者で小心者の大人が参加しようとするのはけっこうハードルが高い…泣。

 

そんな私の不安をよそに、友達が提案してきたのは、

「〝着席ブロック〟なんだから、絶対団扇を作ってたほうが良い!」でした。

どうやら〝着席ブロック〟は、座ってみる場所だからステージから近いことが多くて、タレントに団扇を認識してもらえる距離感の可能性があるらしいです。

(先にお伝えしておくと、さいたまスーパーアリーナは座席の構造上、そんなに近い場所ではありませんでした)

 

ただ私はこれに関しては正直な話、近い場所とかアリーナとかは嫌だなぁって思っていました。

ジャニーズじゃなくてもアリーナってごちゃごちゃしてるし、最前列とかじゃない限りあんまり見えないイメージがあります。

私が1番良いなーと思っているのは、スタンド最前列。

ステージが見渡せるし、コンサート自体を落ち着いて楽しめるかなーって。

これは、それぞれのコンサートの楽しみ方によると思うので、私がそうだってだけなんですけどね。

 

話が脱線しましたが、団扇の話に戻ります。

結果から言うと、団扇は作りませんでした。

〝岸くんの為に不安な気持ちを乗り越えて、会いに来ました!〟という気持ちを伝えたほうが良いのかと一瞬迷いましたが、よくよく考えたら 変に悪目立ちするのが嫌で怯えているのに、団扇なんておこがましい笑。←とにかく不安笑。

 私にはその前に、クリアしなくてはいけないミッションがあるので、そちらを頑張ろうと思いました。

 

そのミッションとは…〝グッズを買う〟こと。

せっかく行くのだからお土産を買いたいという気持ちと、岸くんが少しでもデビューに近づく為に〝岸優太〟に売上がつくものを買わなくては!という、ナゾの責任感。←微力過ぎ。

岸くん個人としてのグッズはフォトセットだけで、あとはグループ単位の団扇。

なので、フォトセットと団扇を購入することに決めました。

旦那に「どうせ写真見ないからいらないじゃん」て言われたけど、そういう問題じゃないんだよ!!

グッズの買い方を友達に教わり、練習もしたから準備万端。

「岸優太くんのフォトセットとプリンスの団扇ください」

はい、このセリフ練習しましたよ笑。

てか番号で注文するものとばっかり思っていたので、きちんと名前言わないと買えないって言われて驚愕した笑。

 

ここまで、タイトルにもある通り〝行こうと決意した話〟を書いてきましたが、思いの外 長くなってしまった…私の中でいかに葛藤と不安があったか、書いてて改めてわかった笑。

なので〝行った話〟は次回にしてみます!

 

こんなしょうもないお話しを、長々と読んでいただきありがとうございました…

でもまだ次回に続きます!!

キミアトラクション(通常盤)