伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

大好きなアイドルが結婚したらお祝いの気持ちを持たなきゃいけないの?問題。【ジャニーズの結婚】

“ジャニーズに毎日癒されて頑張ってます!”な大人女子の皆さまー。

今回は“ジャニーズの結婚”について書きたいと思います。

てか、ずいぶん前にこのブログで同じテーマで書きましたが、しつこくまた書こうと思います笑。

 

きっかけはもちろん岡田准一くんの結婚です。

年末年始、岡田くんファンの方たちがショックを受けている様子をネットでお見かけしてはいたたまれない気持ちになっていました。

発表の仕方が微妙だっただけに、私も何だかモヤモヤしてたんですよね。

結婚発表から1週間くらいたったころ、

私「岡田くんの結婚さー」

旦那「まだ言ってんの?」

私「何それ酷くない!?こっちは真剣に考えてるのに怒!!」←理不尽な怒り笑

旦那「だって彼女いるのと結婚してるの何が違うの?」

私「結婚は社会の仕組みじゃん!社会的に認められてるやつじゃん!リアルなやつじゃん!!」

という、しょうもない会話を新年に繰り広げた私です。←旦那ごめんなさい。

 

確かに旦那の言う通り彼女いても嫁いても状況は同じ…

ってうっかり思いかけたけど、やっぱりそれは全然違う!全然違うんだよ!!←大切なので2回言いました。

相手の女優さんは可愛い方ですし、結婚自体はとてもおめでたいことだと思います…が、違うんだよー…

まずさ、大好きな異性のアイドルの結婚喜べる人っているの?って問いたい。

 

“アイドル”って人によって捉え方違うかもしれないけど、私にとってはリアルな世界に存在するファンタジーのような存在です。

特にジャニーズは、他のタレントや俳優さん違って少なからずそれを売りにしていることは事実だと思います。

だから結婚ていう現実的なことを目の前に突き出されたら、今まで大好きだった世界観が全て嘘だったと突きつけられていると同じことなんじゃないかと思います。

 

アイドルが結婚したり熱愛が発覚してファンがショックを受けてるのを見て、よく湧き出てくる上から目線の言葉たち…

「アイドルだって人間なんだから恋愛くらいするでしょ」

「もういい歳なんだから結婚ぐらいしたって良いでしょ」

「自分が付き合えるとでも思ってたの?」

全てが的外れだし、これを言うと心が広い素晴らしい人ってことになるのかな。

だけど、みんなそんなことわかってるし、そんなこと思ってる人なんてほとんどいないんだよね実際。

ネットで「大好きだったのにヒドい!」って感情的な言葉を見ると、ファンじゃない人たちはついつい正論を言いたくなるのかもしれないけど。

そうやって感情的になるのは、その現実を受け入れる為にあがいてる人が多いんじゃないかな…←切ないよね…

 

だから私はやっぱりこう思います。

『ジャニーズの皆様の結婚は出来るだけヒッソリとファンが見えないところでお願いします』って。

結婚ておめでたいしお祝いしなきゃいけないって気持ちがあるから余計辛いんだけど…おめでとうムードの時に自分がそう思ってないのって結構辛いんだよね…。

 

やっぱり大好きなジャニーズの皆さまの結婚を心からお祝いするのは、なかなか難しいかもしれません。

ニノが結婚とかなったら、しばらく落ち込むかもしれない…てか嵐全員嫌だよー泣。

自分は結婚してるくせに!って言われそうですが、これっばっかりは仕方ないのです!←自分勝手で本当にごめんなさい。

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

キミアトラクション(通常盤)