伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

嵐の関係性が“グループの理想型”だと思う理由。【“仲良し”とは?①】

“ジャニーズの仲の良さに癒されてる!”な大人女子の皆さまー。

ジャニーズって、なぜこんなにも癒されるんでしょうか?

ジャニーズの楽しみ方は人それぞれではあるものの、グループ内やグループ間の関係性を見ることに楽しみを見いだしている方は多いのではないでしょうか。

私が“いのあり”を大好きなことなんて、その最たるものなんじゃないかと思っています。

 

なので、今回はジャニーズのグループの関係性について書いていきたいと思います。

ちなみに“私の好きな関係性”の話しであって、これは好みによる主観でしかございませんのでご了承くださいね笑。

 

最初に私のゆるぎない結論を言います…

『嵐の関係性がアイドルグループの理想型』

 

いや!私の中ではアイドルグループとしてってよりも、社会人の人間関係の理想型だと思っています。

嵐の関係性で好きなところは、

・親しき仲にも礼儀有り

・相手を尊重する

・相手のそのままを受け入れている

・お互いにに干渉し過ぎない

・どんな時もフォローし合う

・相手を貶めない、追いつめない

・相手の魅力に繋がるような内容のいじりしかしない

・自然に褒め合っている

・仲良しアピールをしないのに仲の良さが溢れ出てる

・友達の前に戦友

…と、語りだしたらキリがないです、ホントに語り尽くせないです。

 嵐が多くの人から愛されるのは、彼らの人間性と5人でいる時に醸し出す穏やかで優しい空気感だと思います。

見ていて安心感があるし、楽しい気持ちになるんですよね。

しかも1人ひとりが努力して個性を磨いているからこそ、良い関係が築けているんだろうと思うし、グループとしてずっとトップを走り続けるって並大抵のことじゃないと思います。

嵐は格差のない平等なグループって言われることがよくあると思うけど、その“平等”も本人たちの努力があってのことだと思うんです。

いくら事務所が平等にしようと思ってたって、誰か1人が自分本位だったりとか他力本願だったりしたら、そういう風には見えないと思う。

 

そんな嵐の成功があったからか、そういう時代なのかはわからないけど…

“仲が良い”ってことがグループの好感度に繋がったり、人気を左右する位大切な魅力になっていることは間違いありません。

それを意識してるかはわからないけど、最近のジャニーズの皆さまは仲良いですよね。

メンバー同士が明らかに仲が悪かったりギスギスしてたりしたら、見てるのが辛いし楽しくないので、この風潮はとても嬉しいです。

ただ普通に友達として仲が良過ぎると、内輪ノリ感が強くなり過ぎてちょっと苦手になってしまうんですよね…あとビジネスだとしてもBL的なやつも苦手…←個人の感想です。

 

 

嵐の“仲良し”が何故心地よいのか…

それは“友達”の前に“仕事仲間”として仲が良いからだと思います。

“仕事”という共通点や目的があることで、普通の友達よりも節度や適度な距離感を持って接するので、性格や考え方が全く違う人とも良好な関係が築けることって多々ありますよね。

だから嵐は老若男女に愛されるアイドルなんだろうなって思っています。

あとニノが過去に言ってた「嵐は1回でもケンカしたら終わり」って言葉にとても共感してます。

メンバーの性格を把握してるからこその発言だから、とても説得力があったし。

私の考えですが、ケンカして言いたいこと言い合うことで絆が深まるグループなんて滅多にいないと思うし、それで深まったと思っている人がいたとしても、実は相手が我慢してくれてることのほうがが多いんじゃないかって思う。

意見は言うべきだけど、お互いに気を遣うことで保たれるバランスってあると思います。

今回は私が常日頃、嵐を好きだなーって思うメンバーの関係性について書いてみました。

グループによって関係性って違うと思うけど、私はどんな時もメンバー同士お互いに思いやりを持って接している嵐の関係性が大好きです!!

 

それを踏まえた上で、続けてHey!Say!JUMPの関係性について書こうと思っていたのですが、思いのほか長くなってしまったので次にしますね。

 

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。 

 

キミアトラクション(通常盤)