伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

Hey!Say!JUMPのファンって楽しいよ!!

“Hey!Say!JUMPが大好き!”な大人女子の皆さまー。

今回は『Hey!Say!JUMPのファンって楽しいよ!!』を書きたいと思います。

 

私は今のHey!Say!JUMPの全部が大好きです。

時が経てば経つ程どんどん〝好き〟が更新されています。

メンバーはもちろんなんだけど、それを凌駕するくらい世界観や楽曲、言ってしまえばマーケーティング戦略とかプロダクトとか…とにかく全てが好きでたまりません。←重。

1度足りとも「何か違うんだよなー」と思うことがなくて逆に自分でもビックリしています笑。

 

ジャニーズきっての『正統派』『王道』を背負うHey!Say!JUMP。

JUMPを良く知るファンからすれば、JUMPほど多才で実力のあるグループってなかなかいないです。

 

ただ彼らに持つ世間のイメージがファンが思う“それ”でないことは、ファンであれば何となく感じることでもあります。

だから世間一般のJUMPのイメージと実際のJUMPの魅力の乖離に、ファンが歯痒い思いをしているのは事実で…

 

 

10周年が終わってこれからだという時に圭人くんの留学という、Hey!Say!JUMPにとって大きな出来事が起こりました。

期間限定とはいえメンバーが1人いない状態。

今後の活動がどうなってしまうのか…JUMPが好きだからこそ不安な気持ちもありました。

その直前にキンプリのデビューがあったこともあって、ジャニーズきっての『正統派』『王道』のHey!Say!JUMPにとっては正念場でもありました。

 

そんな中で披露された《BANGER NIGHT》。

私たちの少しの不安を一瞬でふきとばしてくれた とんでもなくパワーのある楽曲。

少年倶楽部プレミアムで初披露された時の衝撃は今でも忘れません。

曲のかっこ良さとか、ダンスのかっこ良さとか、今までのJUMPにはないとか、感動したとこはたくさんあった。

けど何よりHey!Say!JUMPの覚悟と進化を感じる渾身の1曲でした。

そこからの【Hey!Say!JUMP LIVE TOUR SENSE or LOVE】。

当時1曲目に《BANGER NIGHT》が披露された時、もの凄く強く感情が揺さぶられました。そして今でもずっとその気持ちを忘れることはありません。

ダンスに力を入れたというこのツアーは、そこからのHey!Say!JUMPにとって大きな自信に繋がったと思うし、ファンに対して“これからも進化していく自分たちを魅せたい”という意思表示だったと思います。

 

inoari.hatenablog.jp

 

Hey!Say!JUMPの“楽曲が良曲ばかり”というのもファンにとっては常識中の常識。

カップリングも良曲揃いです。

本当に良い曲ばかりなので、ファンの為にメンバーがこだわって選曲してくれているんだなっていつも嬉しく思います。

JUMPの楽曲の選び方はとにかくバランスがとても良い。

アーティスティックなかっこ良いのがあればバラードもあって、でもちゃんとJUMPファンが大好きな可愛いかったり元気だったりする曲も入れてくれる。

こだわりが強すぎるアーティストにはならず、ちゃんと自分たちの武器である“アイドル”というフィルターを通して表現してくれる彼らは本当に凄いです。

私のように音楽に疎い人間からすると、一見敷居が高いようなジャンルの音楽でもHey!Say!JUMPを通して色々なジャンルの音楽に触れることが出来るのでとても楽しいです。

 

2019年8月に運命の1曲《ファンファーレ》が発売します。

初めて聴いた時に『え、何コレ!?好きーーーー!!!』ってファン全員思ったと思う。

そのくらいHey!Say!JUMPと相性の良い楽曲で、Hey!Say!JUMPというアーティストの魅力とか彼らのイメージとかが全部この1曲に凝縮されてた。

“相乗効果”って言葉をこんなに具体的に感じたことないです笑。

あまりに素敵な楽曲に発売前からファンの中でメチャクチャ話題になってたし、とにかく発売が楽しみで仕方なかった。

他のグループにないHey!Say!JUMPの表現する楽曲の魅力は、“エモーショナル”なところ。そうです、“エモい”のです。←使い慣れない。

歌い方なのか、声質のなのか、彼らの関係性なのか…こればっかりは自分たちで出そうと思っても簡単に表現出来ることではありません。

一見フレッシュでテレビではポップな曲を歌っていることが多いので、デビューしたばかりのグループとそんなに変わらないように見られてしまいますが、そこはやはり経験値が違います。

“ポップ”や“ハッピー”や“可愛い”を13年プロとしてやってきた彼らの右に出るものがいるはずありません。

“正統派アイドル”を覚悟を決めて真剣にやってきて、今でも変わることなく続けてきたHey!Say!JUMP。彼らの“エモさ”は、そういう物語から来るものなのかなとか思ったりしています。

 

《ファンファーレ》は【作詞:辻村有記さん 作曲:辻村有記さん・伊藤賢さん】です。

 

辻村さんの創る楽曲は本当にどれも素敵で、何よりHey!Say!JUMPとの相性が良い。

大人のキラキラ感やファンタジーな世界観を表現出来る辻村さんて本当に凄い。

しかもファンファーレの振り付けは【s**t kingzさん】という最高の布陣。

Hey!Say!JUMPの魅力をこれでもか!と詰め込んだ素敵な楽曲です。

辻村さんはその後も素敵な曲をJUMPに提供してくれていて、今ではHey!Say!JUMPにとってなくてはならない存在です。

《ファンファーレ》以降の全ての作品に辻村さんの楽曲が収録されています。

 

次にHey!Say!JUMPが仕掛けてきたのは新進気鋭アーティストとのコラボ。

《I am/Muah Muah》のカップリングで、《クランメリア》と《ときめきは嘘じゃない 》の2曲です。

特に宮川大聖さんが創ってくれた《クランメリア》はファンに大好評で、おしゃれな雰囲気と今までとは違う歌い方が魅力的で、歌手としても幅を拡げました。

 

さらに次に仕掛けてきたのは、GYAO!での《Stupid》PVの先行公開。←この曲も辻村さん!

メンバーが登場しないというのもビックリしたけど、何より本人たちがこれについて宣伝も言及もしないというのがJUMPらしくて面白かったです笑。←JUMPってそういうとこあるよね、好き…

《Stupid》は“痺れるような前衛的アブストラクト・サウンド”って説明が書いてあったけど…難しいことはよくわかんないけど…とにかくとにかくかっこ良いです!!←音楽知識皆無。

《Last Mermaid...》のカップリングだったのですが、この時の公式ジェイ・ストームの紹介文が最高でした。

今回も異種格闘技のような全5曲を詰め込んだ、シングル「Last Mermaid...」。Hey!Say!JUMPの万華鏡のような世界を楽しめる渾身の作品となっています。

異種格闘技”と“万華鏡”って言葉、同じ文章で見ることってなかなかないよ笑。スタッフさんのワードセンスが光ってました笑!

 

そしてそしてさらに最新シングル《Your Song 》は、カップリング全5曲アーティストコラボっていう豪華さ。

Rin音さん、ビッケブランカさん、みゆなさん、HY仲宗根泉さん、そして宮川大聖さん!!発売前の試聴だけでワクワクが止まらなくて、早くフルで聴きたい!ってずっと楽しみにしていました。

どの曲が1番って選べない位全部最高で素敵な曲なのですが、みゆなさんの《ヒカリサス》はJUMPらしい爽やかなサウンドと前向きな歌詞が心に響きます。

《ヒカリサス》を5曲のうちの1曲に入れてくれた意味はとても大きいと思っています。

おしゃれで新しい音楽は斬新で素敵だけど、こういうJUMPらしいストレートに心に響く楽曲はずっと歌っていってほしいなと思っています。

《Your Song 》には、さらに私たちファンを喜ばせる特典が!!

【初回限定盤1】スペシャル企画映像『JUMP de CAMP 〜くんにコーヒーを作ってあげよう!!対決』という何ともJUMPらしいユルくて楽しい映像がついています。

初回限定盤2】ビデオクリップの15年前、彼らの“始まりの冒険”をジャニーズJr.が演じています。8人の少年時代を描いたPVはエモい、エモすぎる…

さらに“始まりの冒険”から15年後のオリジナルドラマをストリーミングで配信。いのありがエモい、エモすぎる…いのあり好きで観てない方は今すぐ観てください!!

書いてて思ったんだけど、《Your Song 》お買い得過ぎない!?実質無料。

 

 

そしてこれを書いている時に、今度はYouTube

Hey!Say!JUMP…じゃなくて【Honey Bee/John Darling/Sindibaad 】。このプロジェクトは一体なんなんでしょう!?

ワクワクが止まりません。狼青年を再生する手が止まりません。

 

とうとう“おしゃれかっこ良い路線”か…と思ったのも束の間。

 

smash.】の配信発表。

MVの先行配信では、私たちの大好きなキラキラファンタジーJUMPを魅せてくれています。凄い可愛いです!!←あのキラキラサウンドはきっと辻村さん…

さらに、パジャマ姿の胸キュン動画『はさまれ!JUMP』。

こんな可愛い企画、若手ジャニーズしか出来なそうなものですが、それをきっちりやりきるHey!Say!JUMP。さすがです。←直視するのが恥ずかしい…

何かもう私はJUMPが職人に見えてきたよ笑。

こんな多才で、ある意味全方位に貪欲なグループ他にいないよ!唯一無二だよ!

 

JUMPの好きなとこは他にもたくさんあって、こんなに長くブログ書いてるのにまだまだ書ききれない…

とりあえず箇条書きするね。

  • めちゃくちゃかっこ良くておしゃれなシングル出してるのに、特典の一つは「かせいぷぅ・ステッカー〜痛み入りまぷぅ〜」「キワドイ2ぷぅ・ペア壁紙」。可愛い。
  • 公式Twitterが独特。何故かファン目線。可愛い。
  • ほとんど“やぶひか”しか更新しない有料ブログ。個性が出て面白いよね。Hey!Say!JUMPって2人グループだっけ?って、たまになるの好き。
  • ファンの需要に応えて、いかなることも“可愛い”を忘れない。可愛いが出来る大人の男子最高。

あとHey!Say!JUMPの「わかりやすく過剰に買って買って」って宣伝しないとこがが本当に大好きです。「みんなが喜んでくれると嬉しいです」とか「こういう気持ちで創りました」とかそういう言葉を言ってくれることが多いですよね。

そういうほうがHey!Say!JUMPの世界観に合ってるし、そういう言葉のほうが楽しみな気持ちが増すので発売日がいつも待ち遠しくて仕方なくなります。

ブログとかでもあまりに宣伝しないから、本人たち今日発売日って知ってるかなって思う時あるけどね笑。

Hey!Say!JUMPとJUMPファンのそういうユルい雰囲気含めて大好きだったりします。

 

Hey!Say!JUMPのファンでいるが何故こんなに楽しいのか…

かっこ良くて、可愛いくて、楽しくて、優しくて、爽やかで、儚くて…ファンタジーの住人みたいな表情を見せたかと思えば、お洒落な楽曲やダンスで私たちを魅了してくる。

そして何より凄いのはこれらが全て努力に裏打ちされているということ。

さらっとこなしているように見せているけど、こんなに色々なことをクオリティ高く魅せるのは並大抵のことではありません。

努力や経験を積み重ねて実力をつけてきたことが、本当の意味で今開花しているような気がします。

だからHey!Say!JUMPが魅せてくれる世界はとても素敵です。

JUMPファンでいるの楽しすぎる!!

 

『Hey!Say!JUMPのファンって楽しいよ!!』ってことを伝える為に書いてたつもりだったけど、自分がどれだけ楽しいかを書いただけのような…

でも、この人Hey!Say!JUMPのおかげで毎日楽しいんだろうなーっていうのは伝わったかと思います笑。

まだまだHey!Say!JUMPには嬉しいお知らせがあるような気配…

これからもみんなでHey!Say!JUMPを楽しんでいきましょう!!

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

キミアトラクション(通常盤)