伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

Hey!Say!JUMPって本当に良いグループだな。【圭人くんの卒業】

圭人くんの卒業について、少し書きたいと思います。

 

正直なことを言えば、留学した時からもう戻ってこないんだろうなって心のどこかで思っていました。

それでもなお、圭人くんが戻ってきてくれることを願っていました。

JUMPからメールが来て、その文面がファンが望んでいる報告に使われることはほとんどないこともわかっていました。

それでも動画を開いて久しぶりに9人で並んでいる姿を見た時、圭人くんがグループに戻ってくるのかもしれないと一瞬期待している自分がいました。

 

圭人くんはジャニーズのタレントとしてはとても不器用な人だと思っていました。

でもそんな圭人くんにメンバーはいつも優しくて、いつも圭人くんを守り立てて圭人くんの居場所を作ってあげているように、私には見えました。

〝お互いを思いやる〟とか〝仲間なんだから助け合う〟とかって綺麗事をいうのは簡単だけど、自分が余裕がない時にそれを出来る人ってなかなかいないと思う。

でもHey!Say!JUMPはデビューしてからずっと変わらず今までそういうスタンスでやってきたんだよね。

実力主義の世界で〝誰もおいていかない〟って簡単なことじゃない。

厳しいエンターテイメントの世界であえてそれを選択して、理想的なグループ関係を築けてきたのは彼らの強さだと思う。

私はそんなHey!Say!JUMPだから好きになったんだと思う。

 

だから圭人くんが脱退するとわかった時に思ったのは、

〝圭人くんはHey!Say!JUMPを手離して良いの?〟ってこと。

圭人くんがいない2年半で、8人はHey!Say!JUMPの可能性を信じて新しい世界をたくさん切り開いてきました。

圭人くんが留学する時に、圭人くんが戻ってくるまでHey!Say!JUMPを守るって約束したから。

積み重ねてきた努力とチャレンジが実を結んで、今のHey!Say!JUMPは今まで史上最高の状態だと思います。

今のHey!Say!JUMPに戻れることは圭人くんにとってマイナスなことはないし、何より圭人くんのことをメンバーとファンがちゃんと待ってくれていたのに。

圭人くんの夢はJUMPにいたら叶えられないの?

 

でもね、そんな気持ちは、8人と圭人くんとのやりとり見てたら全部ふっとんでしまいました。

色んな気持ちがあったけど、あのわちゃわちゃを魅せられたら楽しい気持ちとか優しい気持ちが勝ってしまいました。

やっぱり私は9人のHey!Say!JUMPが好きだし、私の好きな9人のHey!Say!JUMPの関係性はずっと続いていくんだなって思えたから。

眉毛を下げて困ったように優しく笑う圭人くんを見たら、やっぱり圭人くん好きだー!!!って気持ちが溢れてきて泣いてしまったけど、涙が出たのは9人の変わらない関係性に安心したのが大きかったかな。

彼らが築いてきた関係は、彼らの絆は、私たちが理解している何倍も何倍も凄いものだったってわかったよ。

だから、もう悲しんだり色んなこと考えることはどうでもいいやって。

 

山田くんが正直に話してくれた“自分勝手”でファンの気持ちは救われたし、裕翔くんが頑張って笑顔を作って盛り上げようしてくれてる姿に心打たれたよ。

いのありが楽しい雰囲気を作ってくれて、本当に気持ちが救われたよ。

感傷的な気持ちはもうここで終わりにして、全力で配信ライブを楽しもう!!9人のHey!Say!JUMPを楽しもう!!って素直に思うことが出来ました。

 

私がそういう風に思えたのは、ファンクラブ動画に圭人くんが出てきて9人で話しをしてくれて、私たちが大好きな明るいいつもの9人の姿を魅せてくれたからだと思う。

ライブで最後の9人のパフォーマンスを魅せてくれるのも私はとても嬉しかったです。ちゃんと卒業という区切りをつけてくれるのは、ファンのことをちゃんと考えてくれていてとても優しいと思いました。

 

今回の圭人くんのことで思ったのは、やっぱりHey!Say!JUMPって良いグループなんだなってこと。

9人の人間性の素晴らしさや築いてきた関係性があったからこその、彼ららしい温かい区切りの付け方だと思いました。

ますますHey!Say!JUMPが大好きになりました。

 

みんなで今日からの配信ライブを楽しみましょう!!!!!(もちろん全ステするよ)

youtu.be

 

あとさ、何これ可愛い…新曲楽しみですね。

youtu.be

 

 今回も読んでいただき、ありがとうございました。

大人女子にHey!Say!JUMPを本気でおすすめしたい理由。

“ジャニーズに癒しを求めてる!”大人女子の皆さまー。

今までも癒しを求める大人女子にHey!Say!JUMPをおすすめしてきましたが、

まだまだおすすめしていきたいと思います。

 

①とにかく仲が良くて平和

子供の頃から一緒にいるので、幼なじみのような兄弟のような、そんな自然な仲の良さがあります。

ジャニーズは子供の時に入所する人がほとんどなので、子供の頃から一緒にいるということ自体は珍しいことではないのかもしれません。

ただHey!Say!JUMPがその中でも特別なのは、

『デビュー組として同じ時間をメンバーと過ごしてきた』ということです。

デビューしているわけですからいわば運命共同体とも言えるグループのメンバーと、成長期や多感な青春時代の多くの時間を共にしてきたわけです。

しかもJr時代も同じグループに所属して一緒に活動してきたメンバーが多いというのも特徴ではないでしょうか。

Hey!Say!JUMPのデビュー時の年齢は、

知念くん→13歳

山田くん・裕翔くん・圭人くん→14歳

大ちゃん・光くん→16歳

いのちゃん・髙木くん・薮くん→17歳

弟組(7)とお兄ちゃん組(BEST)と分かれてはいるものの、実はグループ内の年齢差がそんなにないグループです。

あえてリーダーを作らないフラットなグループ体制もHey!Say!JUMPの仲の良さを引き立てているように思います。

BESTは年上ぶるような素振りは一切ないのに、実際の弟みたいに7を可愛がっているところが本当に良いなと思います。

 

Hey!Say!JUMPと一緒にお仕事した方々から、JUMPは本当に仲が良いっていうエピソードがよく出てきます。

雑誌の《いたジャン》プロデューサーさんからのエピソードが好きです。

ロケ移動の車の中でも、普通の友達同士みたいな会話をしているんです。9人の中でどの組み合わせになっても同じようになるので、そもそもこのグループに組み合わせというのは存在しないんだと思いました。

 

コンサートの一部を演出してくれた光一くんからも「Hey!Say!JUMPの打ち合わせは平和」って言われていました。

全員仲が良くて、いつも平和なHey!Say!JUMP。

そんな彼らに癒されないわけありません!!

 

②最高峰のわちゃわちゃ感 

Hey!Say!JUMPと言えば“わちゃわちゃ”。

“わちゃわちゃ”と言えばHey!Say!JUMP。

ひとたび集まれば自然と“わちゃわちゃ”してしまう、それがHey!Say!JUMPなのです。

Hey!Say!JUMPは自他ともに認める内弁慶グループなので、他の人が混ざっている時にはほぼ発動されません。←他の人がいる時に内輪で盛り上がらない配慮出来るところが素敵

一転、JUMPだけの空間になるとたちまち“わちゃわちゃ”が始まります。

全員が一気に喋り出したり、誰かが話してる横で他のメンバーとコソコソ話してみたり…とにかく自由で楽しい空間が広がります。

本人たちが意図してやっているようにも見えないので、JUMPの仲の良さが醸し出す自然な雰囲気なのだと思います。

この“わちゃわちゃ”はクセになります。

 

③王道ジャニーズ代表

彼らほど“王道ジャニーズ”を貫いてきたグループはいないし、唯一無二の存在です。

“王道を貫く”というのは言葉で言うほど簡単なことではないと思います。

ジャニーズでいう王道というのは簡単に言えば“アイドルらしい”ということ。

それが故にどんなに実力をつけてもあまり世の中からは評価されづらいし、“らしくない(と自称する)”グループの苦労話のかませ犬的役割にされてしまいます。

JUMPはとにかくビジュアルが良いのでそっちに意識が行きがちですが、歌もダンスも上手いしバンドも出来る実力派ジャニーズ。

Hey!Say!JUMPは“王道アイドルのまま”でハイクオリティなパフォーマンスが出来る超有能なアイドルなんです。

10周年過ぎてもアイドルらしい楽曲が違和感なく出来るのは、彼らが王道を貫いてきた証拠。

松岡くんがラジオでHey!Say!JUMPについて言ってくれたことが本当に嬉しかった。

ちゃんと割り切ってプロとしてアイドルやってるんだこいつらっていうかっこよさが凄いと思った」

「自分が憧れていたジャニーズ像」

王道と実力を兼ね備えたHey!Say!JUMP。

“可愛い”も“かっこ良い”も出来る実力派ジャニーズはHey!Say!JUMPだけ。

“ポップでハッピー”“キラキラ”“可愛い”はHey!Say!JUMPの専売特許。

 ワクワクがたくさん詰まってますよ!

 

④魅力的なダンス

Hey!Say!JUMPの強みの一つはダンスです。

グループとしてダンスに力を入れていて、コンサートではガシガシに踊っています。

次々と入れ替わるフォーメーションダンスがとても魅力的で、シンクロするダンスはすごくかっこ良くて見応えがあります。観ていてワクワクします。

Hey!Say!JUMPのシンクロダンスが大好きなのですが、凄いのはただ揃ってるだけじゃないところ。

身長はバラバラだしそれぞれのダンスの個性はそのままで、気持ちを1つにした一体感のあるダンスを魅せてくれます。

 

大人数だからこそ発揮出来る魅力的なダンスに魅了されること間違いなし!

   

⑤高い歌唱力と多様な音楽性

 《Fab!-Music speaks.-》に今のHey!Say!JUMPの魅力が詰まっています。

この多様な楽曲たちを表現出来る歌唱力を彼らは持っています。

聴いたらわかります。ぜひ聴いてほしい!!

inoari.hatenablog.jp

 

 

Hey!Say!JUMPには優しい空気が溢れています。

ゆるふわな彼らの空気感に心が癒されます。

彼らが一緒にいて笑って話している姿を観るだけで、楽しい気持ちになります。

彼らのパフォーマンスを観るとワクワクして心が躍ります。

 

ハイクオリティなHey!Say!JUMPの世界観を、大人が楽しまないなんてもったいないです。

王道アイドルHey!Say!JUMPこそ至高。

一緒にHey!Say!JUMPに癒されましょう!

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。 

Fab! -Music speaks.-(通常盤)

Fab! -Music speaks.-(通常盤)

  • アーティスト:Hey! Say! JUMP
  • 発売日: 2020/12/16
  • メディア: CD
 

 

 

光くん。【Hey!Say!JUMP 八乙女光】

八乙女光が大好き!〟な大人女子の皆さまー。

光くんを観るたびに「光くんやっぱ好きだわー」って毎回なってるのですが、これは恋ですか笑??

今までにも増して最近の光くんの活躍は凄いですよね!

今回は“光くんのここが好き!”を書いていきたいと思います。

 

とにかく性格が良くて優しい

こんなにもピュアで優しい人って、なかなかいないのではないでしょうか。

ヒルナンデス見てるとスタッフさんとかにも優しくて、本当に良い子なんだなーってニコニコしてしまいます。

光くんのソロキャンプ企画『あつまれ!やおとめの森』は、企画も楽しいし光くんの良いところがたくさん観られるので毎回楽しみです。

ブランコ作りに失敗して自分が危ない目にあっても「よかったー俺が最初で!」って、自分より人のことを先に考えてしまう優しい人。

ADの女の子に優しいのも凄い素敵だし、スタッフさんに薪ストーブを買ってきてあげるのも優しすぎる!しかも女子に真っ正面からお礼言われて、急に照れちゃって「何となく買っただけだから」って…可愛すぎる…。

キャンプが楽しくなってきたADさんたちの声を聞いて、もの凄く喜ぶ光くん。

人を楽しませたり喜ばせたりすることが本当に好きなんだね。

後輩くんたちとコーデバトルした時も、Snow Manの向井くんのスベり気味のギャグに「なるほど、コラボ出来るわ」って一緒にギャグやっちゃう光くんさすが笑!←もれなく一緒にスベります

デビューのお祝いでSnow ManSixTonesの全員を焼き肉に連れていってあげたエピソードとか、普通に考えて凄いことだよね?!

ファッションセンスがHey!Say!JUMPの中で私服ランク下だけど、Hey!Say!JUMPは総合的に上って自信満々に発言してたの可愛かったな…メンバーに優しい光くん笑。

デートコーデを選ぶのに「女性は照れくさそうに足元ばっかり見ると思うので」って言ってたけど、光くんが女性に持ってるイメージがピュア過ぎてこっちが胸キュンしたよ…。

 

ちなみに《Your Song 》【初回限定盤1】スペシャル企画映像『JUMP de CAMP 〜光くんにコーヒーを作ってあげよう!!対決』では、メンバーを喜ばせようとキャンプグッズを色々用意した光くんでしたが、それぞれが自由に好き勝手に行動。光くんの説明をほぼ聞かずグッズをろくに使おうとしないメンバーたち笑。

そんな自由なメンバーに対して特に何とも思ってなそうな光くんが最高でした。いつものJUMPの風景なんだろうね笑。いつもメンバーに優しい光くんです。

 

●下ネタが苦手

下ネタ系の話題になった時は、特にリアクションとかしないで時が過ぎるのを待ってる光くんを目撃すると、たまらなく「光くん好き!!」ってなります笑。←だいたいの発端は伊野尾さん笑

女性関係の話題になった時もそんな感じであまり積極的には参加しないように見えます。

“アイドルだから”とかそういうことじゃなくて、単に下ネタとか苦手なんだと思うけどその感じがまた良い!!

そういう部分が光くんのクリーンな魅力に繋がっているのかなと思っています。

 

ちょっと話しがそれますが、スクール革命で知念くんが「紅白初出場するまで光くんが紅組と白組が男女に分かれていることを知らなかった」って言ってました。←岸くんも同じようなエピソードあったね。

おバカ発言ではあるのかもしれないけど、これ聞いた時に光くんて凄いなって思ったんですよね。

男と女で分かれることが当たり前じゃないって普通に思っていたってことですよね。男が白で女が紅っていう固定概念がないというか。

私はそういう部分とても素敵だなと思いました。

 

ノリがいい

光くんは明るい性格でノリも良い。

JUMPのコンサートのBESTコーナーでは誰よりも楽しそうに真面目にふざけています。←可愛い

FC動画では一発ギャグに困る山田くんに積極的にギャグあげるのが優しかったし、しかもそのギャグ面白かったよ笑。

JUMPメンバー内で流行った“まさきノリ”の時も、メンバーのノリに全力で応えてあげる光くん。

メンバーと仲良しなだけで自分とは面識がなかった菅田将暉くんを「まさき!」って勝手に呼び捨てで呼んでみたり、突然菅田くんの楽屋に1人でお年玉をあげに行ってみたり。←メンバーの差し金です笑。

ラジオでお年玉あげに行くの「凄い緊張した」って言ってて、緊張するのにちゃんとやってあげるの面白いし優しい!!

女王蜂のアヴちゃんと東京ゲゲゲイのMARIEさんとラジオやった時は、3人の気が合い過ぎて最後はギャルみたいな話し方で盛り上がってたのも聞いていて楽しかったです。

 

 

 

そんな優しくて面白いことが大好きな光くんですが、多才でとてもストイックな面もあります。

お仕事に対する真面目な姿勢や、自分の好きなことに対しては探究心を発揮してマイペースに楽しむ姿はとても魅力的です。

ベースも弾けるしラップも上手だし、スタイルも良くてイケメンで可愛くてピュアで…光くんて本当に最高!

多才でかっこ良くてハートフル男子な光くん。

これからもずっと変わらず、私たちファンを魅了していってほしいです。

 

そういえば《Hanako》の“いのひか”楽しみですね。!!!

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

キミアトラクション(通常盤)