伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

岸くんとPrinceとMr.Kingに想いを馳せる。

“岸くんに日々癒されてる!”大人女子の皆さまー。

岸くんがKing & Princeでデビューしてから、もう少しで1年が経ちますね。

デビュー出来るか出来ないかわからなかったJr時代の時のことを思うと、岸くんとキンプリの活躍を見るたびにデビュー出来て本当に良かったなーと嬉しさを噛みしめております。

 

私はJr時代のキンプリや岸くんのことは少ししか知らないけど、デビューする少し前のキンプリの活躍やそれぞれのファンの気持ちとか温度感がとても印象的でした。

岸くんの活動を追うのが楽しかったのはもちろんなんだけど、デビューを願うファンたちが何か起きる度に一喜一憂したり売上を気にして一致団結する様を見て、時には自分も同じ気持ちで応援することがとても楽しいと感じていました。

 

その時から岸くんがデビューした時までの気持ちを覚えておきたいので、その当時感じていたことを書こうと思います。←全て主観です。

 

岸くんを好きになるまでの私はデビュー組にしか興味はなく、少クラは毎回何となく観ているというような感じでした。

Mr.King vs Mr.princeという新しいグループが出来てMステに出たりゴールデンで番組をやったりしてたから、このグループでバレーデビューするんだろうなと思っていました。

Mステもキンプリが出る時はこれからデビューするグループっていう認識で楽しみにしてたんだけど、あんまり興味持たなかったのを覚えています笑。

ただ彼らはその後デビューすることはなくて、気づいたらMr.KingとPrinceに分かれて活動していました。

 

少クラの立ち位置は序列がとてもわかりやすいので、Princeの立ち位置が下げられてMr.KingがJrのトップとして位置づけられていることは明白でした。

ただPrinceはそこで腐ることなく、自分たちが出来ることを精一杯やろうとしていることが伝わってきたし、Mr.Kingを意識しながらもPrinceとしてグループの個性を創ろうと必死に頑張っていたと思います。

このことで3人の仲の良さと絆は今まで以上に深まっていったのではないでしょうか。

 

Princeがファンを“Princess”と名付けて大切に扱い、ファンへの感謝の言葉をことあるごとに口にしていました。←これは岩橋くんの存在がとても大きいですね。

Princeとファンの関係はとても良好で、私は岸くんのファンでいることが嬉しいと感じていました。

そんな彼らの気持ちを受けPrincessたちは、〝何とかPrinceを上に押し上げよう〟〝全ては彼らの為になるように〟という空気感が広がり、気持ち的に一致団結していったと思います。

 

Princeはそんな風に努力を続けているうちに少しずつ序列が上がり、Mr.Kingと一緒にパフォーマンスしたりライブでキンプリとしてパフォーマンスすることが再び増えていきました。

KingとPrinceが横並びでメインをやったりして、どんどん岸くんの扱いが良くなっていくことが本当に嬉しかった。

こんなことを書くとMr.Kingに対してネガティブに捉えていたように思われるかもしれませんが、そんなことは全くありません。

私のグループの好みとしては圧倒的にMr.Kingが好きでした。

楽曲も好みだし、何よりダンスがかっこ良くてMr.Kingのクールなパフォーマンスが大好きでした。

何よりも平野くんの実力は群を抜いてたし、周囲の期待に充分過ぎるほど応えていて本当に圧倒的でした。

Princeはどちらかと言えば可愛いかったり優しい柔らかなパフォーマンスが多かったので、私個人の好みとしては岸くんがMr.Kingと一緒にガシガシ踊るかっこ良いパフォーマンスを観てみたいなと密かに思っていました。

 

今だから言えますが、Kingがデビューすることはほぼ決定事項だと思っていたのでPrinceや他のJrはそこにどうやって食い込んでいくかをみんな意識していたと思います。

ただそういうことを抜きにしても、私は岸くんとMr.Kingが一緒のグループになることをとても願っていました。

それが岸くんの魅力を最大限に引き出すことになると思っていたからです。

2グループは競い合うように人気を上げていき、当時のJrの中で〝人気〟という意味では圧倒的な存在になっていたと思います。

1度離れたことで、それぞれのグループが個性と実力をつける結果になってファンを増やすことが出来たんですよね。

ジャニーさんが狙ってやっていたとしたら本当に凄い…たぶん違うと思うけど笑。

 

Princeが頭角を表してからは、絶対キンプリでデビューするって確信していたのでそれがいつになるかを待つ毎日になりました。

何かイベントがある度にデビューか!?ってファンの間で話題になったりしてました。

 

デビュー記者会見の時は、ファンには番協としてメールが来てて内容を知らされてなかったけど、デビュー発表だという予感はありました。

でも予想はしていてもやっぱり実際知った時は嬉しくて嬉しくて、会社で泣きそうになりました…てかたぶん泣いてました笑。

しかも岸くんが平野くんの隣りのセンターで、さらにファンの方から選ばれてリーダーになったことはやっぱり嬉しかった。

ただグループ名がそのままKing & Princeになるとは思っていなくて、どうせなら新しい名前でも良かったのになとか思ってました笑。

 

デビュー曲のシンデレラガールのパートは歌い出しのとても素敵な部分を任されてて嬉しかったし、初代リーダーとしてたくさんの番組で話題にしてもらえました。

しかも岸くん本来の人柄や天然で、片っ端から爪痕残しまくってて期待以上の活躍ぶりでした。

 

1度離れてそれぞれが実力と人気をつけ、大人をも魅了するような魅力を身につけたKing&P rince。

既存のファンだけでなく一般層まで人気は広がりデビュー曲は大ヒットしました。

Jr時代の下積みのおかげでキンプリのデビューは最高のタイミングだったし、だからこそロケットスタートを切ることが出来たんだと思っています。

 

King&Princeはこれからもどんどん人気が出て、きっと国民的アイドルになっていくと思います。

岸くんのデビューが決まった時の嬉しさやJr時代にどんな気持ちで応援していたかをどうしても覚えておきたかったので、今回はこれを書きました。

 

ジャニーズでデビュー出来るってとんでもなく凄いことで、どんなに努力していても夢が叶うのはほんの一握りの選ばれた人だけです。

だから大好きな岸くんのデビューの瞬間を一緒に喜ぶことが出来たことはこれからも大切な思い出として覚えておきたいと思っています。

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

King & Prince《君を待ってる 初回限定盤B King&Prince TV #2》が最高だった話と、旦那にキンプリのこと“まだ”好きじゃないと言われた話。

“JUMPとキンプリが大好きだよ!”な大人女子の皆さまー。

King & Princeの新曲《君を待ってる》が発売されましたね!

さわやかエールソング系大好きなので毎日聴いて新しい環境に立ち向かう勇気をいただいおります。←大人だって誰かに応援してもらいたいんだよ!

それに伴うテレビ出演や大量の雑誌掲載のスケジュールを追うのは、楽しいけど結構大変ですね。

テレビの録画予約をし、雑誌は何を買って何を買わないかを判断するのがそりゃもう大変…笑。

ただ最近は自分が忙しかったせいか、買うものを選定することが出来ず やみくもに予約した雑誌が大量に届いておりました。

というのも雑誌はとにかく売り切れて買えないことが恐怖なのと(JUMPもキンプリもすぐ売り切れるから…)、気に入ったグラビアの時は2冊購入してるので…←読む用と保存用

情報が解禁になったらすぐamazonとかで予約してるんですが、“選定しないまま複数予約してて気づいたら発売日になっていて大量に雑誌が届いてしまう”ということがよくあります笑。

先日SPUR・anan・viviが各2冊ずつの計6冊届いたときはマジでビビりました。←自分のせい

こんなことなら普段は買わないアイドル誌を買ったほうが良かったはではないかとも思うけど、なくて後悔するよりあったほうが良いよね!と思うタイプの人間なので、何回も同じ失敗を繰り返しております。

 そして もはや忙しくて見る時間や読む時間がなく、そのまま放置してしまってるものも多々あります笑。←でも後にちゃんと見てるから!!

 

そしてそれに加えJUMPくんたちもいろいろな情報が解禁されましたね。

8人それぞれ活躍しているので情報も8人分!大変だけど楽しくて嬉しい気持ちでいっぱいです。

とりあえずシングルとDVDシングルの両方をちゃんと予約出来たので一安心してたところでした。

 

前置きがめっちゃ長くなってしまった…

今回は《君を待ってる 初回限定盤B King&Prince TV #2》の話しをしたいと思います。

 

キンプリを少しでも好きな方で《君を待ってる 初回限定盤B》買ってない方がいたら、絶対買ったほうが良いですよ!

何ならこれから好きになる可能性がある方はとりあえず買っておいて損はないです。

内容についてはふれませんが、とにかく岸くんが最高なのはもちろん メンバーの仲の良さがパワーアップしていて、見ている間ずっとニコニコしてしまうよう内容になっています。

正直に書くと、前回の《Memorial 初回限定盤B King&Prince TV #1》は岸くんに対してのいじりが見ていてあまり楽しいと思えなかったので、何回も見ることはありませんでした。←モンペでごめんなさい

ただ前回はまだメンバー全員でやるバラエティ的なことに慣れてなかっただけだと思ってる…。

けど今回はものすごく楽しかった!!

何回も何回もリピートしちゃう位面白いです。

お互いにフォローし合って場を盛り上げてるから自然に楽しい雰囲気が醸し出されてて、本当に楽しめました。

グループとしてまとまってきた感がすごい伝わってきて最高です!!

 

岸くんはメンバーに対する愛情と尊敬がすごくて、冗談でも人を悪く言ったり陥れたり出来ないんですよね。相手をいじらなきゃいけない時も褒めたりフォローしたりしちゃってて本当に性格が良くて優しい人なんだなって思いました。

岸くんがいるだけでみんな安心してるのがよくわかったので、やっぱり岸くんがリーダーで良かったねって改めて思いました。

相変わらず天然炸裂させてたけどね笑。

 

平野くんはメンバーといるとすごい自然体だし結構男っぽいんですよね。

シンプルにかっこ良いし色気と雰囲気がある人だなーって思います。

容姿に恵まれている上 才能に満ちあふれている平野くんですが、自分だけ過剰に目立とうとするようなタイプじゃないからキンプリはバランスの良いグループなのかもしれません。

メンバーといるときの自然体な感じはかっこ良いのに可愛いですね。

 

海人くんは無邪気に振る舞ってるようで盛り上げようって頑張ってるとこがすごい好きです。

お兄さんたちに結構雑に扱われるんだけど、全く臆せず天真爛漫にグイグイいくとこが男兄弟の末っ子感満載で可愛いです。

海人くんの無邪気な笑顔や元気な笑い声で救われる瞬間がたくさんあるなと思いました。

 

廉くんはMCがどんどん上達していて、進行はもちろんメンバーの発言に対しての対応力が上がっていて見てて安心感がありました。

以前より優しい言葉遣いや話し方をするようになったのかなと感じるので、廉くん本来の優しさが出ていたと思います。

あとみんなが大好きな“きしれん”の魅力が、今回少しだけわかったような気がする!!

2人が一緒にいるとほのぼのとした空間になるんですね、可愛いね!

廉くんは“顔がかっこ良い”でおなじみだと思いますが、実は内面を知れば知るほど好きになるタイプなのかもしれません。←私はなりました笑

 

神宮寺くんは平野くんといるとチャラさが増すんですね笑。

Jr時代は私的にはしっかり者のイメージだったんですけど…正直デビューしてからまだ神宮寺くんのキャラが掴めていません笑。←Jr時代にチャラいキャラ結構好きです

“国民的彼氏(笑)”みたいになってきてるのがちょっと面白い笑。

 

メンバー同士の組み合わせだとどの組み合わせが好きかなと思って見てたんですけど、キンプリ内のコンビだったら“しょうれん”が好きかもしれません。

お互いに相乗効果があるのが人気コンビの魅力ですが、“しょうれん”は幼なじみのような自然体の仲の良さが何か良いなーと思いました。←さすが人気コンビ!

 

この企画があまりにも面白過ぎて何回も何回もDVDをリピートするうちに、私はどうしても誰かとこの気持ちを共有したくなりました。

とはいえ私にキンプリ友達はいないので、旦那に一緒に見てもらって楽しむことにしました。 

そしたらDVD見た後に旦那が言ってきました。

旦「俺まだキンプリのこと好きじゃない」←これから好きになる予定

私「え!?何で?!!!」

旦「みんな口悪いよね」

私「この位の年齢の子たちってみんなこんな感じじゃないかなー仲良い友達同士なら普通じゃない?あとファンしか見ない特典映像だからテレビより自然体だしさー」←精一杯のフォロー

旦「嵐とかJUMPはメンバー同士でもみんな喋り方優しいじゃん」

私「まだデビューしたばっかりで若いからねー」←喋り方関係ない

旦「そっかー伸びしろあるねー」←興味なくなった

(※ただの家庭内での会話ですので重く受け止めないでください)

 

こんなしょうもない会話を夫婦で繰り広げました。

ちなみにウチの旦那は全くジャニーズに興味ないのに私のジャニーズ好きに理解を示してくれて、Jr祭り一緒に行ってくれたり 何なら直近ではJUMPのコンサートの為に福岡に一緒に遠征してくれるような人です。

 

King & Princeのメンバーって取り立てて強い言葉遣いをするわけじゃないと思うし、何なら優しい男の子たちですよね。

ただ確かにJUMPと比べるとキンプリは男っぽいしカースト上位感?というかイケてる感が強いので、ゆるふわなJUMPばっかり見てるとそう感じてしまうのもわからなくはないなーと理解しました笑。

キンプリはリアルな世界の王子様で、JUMPはファンタジーの世界の王子様という感じでしょうか。

それぞれの魅力があるのでどっちが良いとかないけど、色んな見方があるんだなと思いました。

 

今回は《君を待ってる 初回限定盤B King&Prince TV #2》が最高だったのでその感想を書いてみました。

最高に面白いしキンプリのこともっと大好きになると思いますので、大人女子の皆さまで迷っている方は絶対買ってみてくださいね!

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

ジャニーズ事務所が大好きなので色々と心配しています。

“ジャニーズが大好き!”な大人女子の皆さまー。

昨今のジャニーズ事務所は本当に色んなことがありますね。

ここ1〜2年くらい、ジャニーズの何かしらにビックリしながら過ごしていたような気がする…

 

SMAPの解散・各グループからのメンバーの脱退や一時活動休止・タッキーの引退・嵐の2年後の活動休止。←嵐のことは受け止めきれてないのでまだあまりふれたくない…

短期間に色んなことがが起こり過ぎて、正直どう受け止めて良いかわからないこともたくさんありました。

一方タッキー社長のもと、YouTubeVR、ISLAND TVなどジュニアの新しい試みがどんどん発表されていて、今まであまり手を出してこなかったデジタルへの進出も積極的にやっていくのかなーという感じです。

 

今まではどちらかと言えば頑に我流を押し通していたのに、急にいろいろなことがどんどん発表されて、今ジャニーズ事務所には何が起こっているんでしょうか。

今までよりもさらに所属タレントの意向を尊重し始めた結果なのかな…←それは良いこと

会社が変わっていこうとしているっていうポジティブな捉え方も出来るし、ただ単に統制がきかなくなっているというように見えるし…

 

で、私が何を色々と心配しているのかと言いますと…

『何かあんまり変わり過ぎちゃうのもそれはそれでつまんないなー』

ってことです。

 

もちろん時代はどんどん変わっているので、今までと同じようにはいかないし変わっていかなくてはいけないこともわかります。

でもさでもさ、ジャニーズ事務所って

「今時まだそんなことしてんの!?」

っていうとこが“唯一無二”な存在でいられる源になってるんじゃないのかな。

そういう部分があるからこそ、私たちは彼らにアイドルとしての特別感や価値を感じているんじゃないかなーって思っていて。

だって今のデジタルな世の中で、ここまでアナログで貫けてたのって実は結構凄くない!?←逆にね

 

私の超個人的主観を言うと、ジャニーズのある意味“古くさい”部分が好きなので、そういうところは変わって欲しくないなと思う気持ちがあります。

私はジャニーズの皆さまの非現実的なファンタジー感に癒されているし、そういう存在であってほしいと思っています。

“ネットに掲載される写真の制限”“SNSをやらない”などは、はたから見たら今の時代には合っていないし遅れているのかもしれません。

でも“ジャニーズのアイドルには手の届かない存在であってほしい”というのが根底にあるので、変わることでその好きな部分が無くなってしまったら悲しいなって。

 

さすがにこれはないとは思うけど、例えばSNSが解禁になったりしたらタレントの見なくて良い部分が見えてしまうかもしれないし…。←ネットの特定班は優秀だし絶対何かやらかす人出てくる笑

月324円で読めるジャニーズwebのブログで充分だと思う!!

 

あとジュニアのグループをどんどん増やしてるけど、活動はネット中心になるのかな?

今の感じだとネットへの露出はいくらでも出来そうだけど、みんな“CDデビュー”を目指して頑張ってるんだと思っているので、彼らの今後がどうなるのか勝手に心配しています。

(なのでごめんなさい…今の状況になる前にキンプリがデビューして良かったと正直思ってしまいました…)

しかもだからと言って、やみくもにデビューさせるのもそれはそれで違うと思うし。

私、岸くんをジュニアから応援していたことで知っちゃったんですよね…

ジュニアの皆さまがもの凄く努力してることも、ファンの皆さまがその為に超頑張ってることも。

だから心配なんですよ!大きなお世話なんだけど…

タッキー社長のことだから、きっと良い結果になるって信じるしかないですね。

 

それとアイドルだって人間なんだから、新しい夢ややりたいことが出来たら活動をお休みしたり、自分の意志で休んだり辞めたりするのは自由なんですよね。

だって自分の人生なんだから、それは本当にそう思う。

けど、本音を言えばそれがあまりにも頻繁だったら少し悲しい気持ちになるのが正直な気持ちです。

 

これから、変わっていくこともあれば変わらないこともきっとあると思う。

私は自分が“好き・楽しい”って思ってたことに“興味が無くなること”が、とても悲しいって感じるので、

だからその“変わらないこと”の中に、私の好きな部分がたくさん残っていたら嬉しいなと思っています。

もちろん“変わること”の中に、たくさんの魅力が詰まっていたらもっと楽しくて嬉しいです。

 

何か最近いろんなことが起こるので、今回は何となく不安に思っていることを書いてみました。

てか、私ジャニーズ事務所好き過ぎですね笑!!

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

キミアトラクション(通常盤)