伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

“伊野尾慧は思いやりがある優しい子です”と改めて皆様にお伝えしたいです。

“ジャニーズが大好き!”な大人女子の皆さまー。

今回は、『皆さまは自分が大好きなジャニーズの方々をネットで検索しますか?』

の話しを書きたいと思います。

 

少し(だいぶ)前のことですが、某雑誌が主催する『好きなジャニーズ/嫌いなジャニーズ』のランキングをネットで目にしました。

私は公式じゃないことにはあまり興味がないんですけど、やっぱり目の前にランキングの結果があったら気になるじゃないですかー笑。←ただの野次馬根性。

大好きな大好きな伊野尾くんは、“好き”にも“嫌い”にも名前がありました。

こういうランキングって良くも悪くも知名度が高い人がランクインしてると思うので、いのちゃん知名度高いんだなーと思いつつも、

やっぱり『嫌い』なほうに入ってるのって…

すっごいヤダ!!!←本音。

理由とかもっともらしく書いてあるけど、ほとんど言いがかりのような…。

何で私たちの大好きないのちゃんが悪口言われなきゃなんないだよ!って思ってしまいました笑。←盲目でごめんね。

ファンじゃない人の無責任な意見だし、結局見てしまった自分が悪いのかな…。

 

私はネットでニノやいのちゃん・岸くんのことを、何の理由もなく検索することはほぼありません。

嬉しくなるような記事だったら良いけど、そうじゃないことも多々あります。

いのちゃんが一般的に知名度が上がった頃、根も葉もないようなネガティブな内容を目にすることが増えて、有名になるって良いことばっかりじゃないんだなと思いました。

みんな興味があるから話題にするんだろうけどねー。

 

やっぱり自分の好きなものや人へのネガティブな言葉って見たくないんですよね。

大げさかもしれないけど、自分が大好きな世界を汚されてしまうような感覚です。

 

ということで、うっかり見てしまわないように意識的に自衛するのが昔からのクセです。←嵐で鍛えられてる。

ファンの方が、好きなジャニーズのことを語っているのを見るのは大好物なので、そういうのは積極的に見てますけどね笑。

 

いのちゃんの可愛いビジュアルに反した“テキトー”キャラは、Hey!Say!JUMPという類いまれなる王子様集団の中では異彩を放ってるし、世間の方に認知されるには充分なインパクトだったと思います。

ただそろそろ伊野尾慧の本質に、世間の皆さま気がついてほしい!!

ファンの贔屓目と言われたらそれまでですが…

『伊野尾慧は思いやりがある優しい子です』

って声を大にして言いたい!

ドラマの主演が決まって露出が増えてくるこのタイミングで、改めてお伝えしておきます笑。

 

バラエティではジャニーズらしからぬ発言でみんなの期待に応えようって頑張ってるし、グループでいる時はメンバーそれぞれに合わせた優しさをさり気なく見せるし、メンバーだけじゃなく老若男女問わず人の価値観を否定しないで受け入れるフラットな感覚を持ってるし。

 

いのちゃんの内面が大好きな私としては、いのちゃんは素敵なとこたくさんあるのに、それを知らないのはもったいないなと思ってしまいます!

 

SNSで自分の意見が自由に発信出来るのはよいことだけど、←私もブログ書くの楽しいから…

ただよく知らない人対してネガティブな発言はしないように気をつけようって思う出来事でした。

 

これからも私は、いのちゃんやJUMPくんたちの素敵なとこをたくさん書いていきたいと思います!

いのちゃんのドラマ楽しみですねー。

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

ジャニーズ屈指!Hey!Say!JUMPの“顔芸”。

〝いのちゃんの役者仕事待ってたよ!!〟な大人女子の皆さまー。

JUMPくんたちのお仕事の大きな動きがあまりなかったせいか、最近の私はKing & Princeのデビューに浮かれた日々を送っていました。

デビューを控えたキラキラな岸くんとキンプリばかり観ていたのですが…

やっと!いのちゃんのドラマとツアーDVDの発売決定のお知らせが舞い込んで来ました!

良かったーー!!

そんな感じでここ最近はキンプリちゃんばかり観ていた私ですが、最近改めてJUMPくんたちの魅力に気がついてしまうことがあったので、その話しを今回は書きたいと思います。

 

King & Princeのキラキラなデビュー曲《シンデレラガール》を、私が何度も何度も観ていた時に旦那がつぶやきました。

 
 
「やっぱHey!Say!JUMPすげーわ、顔芸のレベルが違う」
 
顔芸???何だそれ????
…よくよく聞いてみたところ、パフォーマンス中の“表情や仕草・自分の魅せ方”などのことを言っていました。←顔芸って失礼やなー笑。
 
岸くんたちだって負けてない!と反論したのものの、そういう見方してみるとJUMPくんたちって職人芸なみに自分の魅せ方が上手いってことに気がつきました。←圭人くんはまだまだ伸びしろあるから頑張れー笑。
 
言われてみれば、確かに個人でカメラに抜かれる時のタイミングとファンを魅了する完璧な表情は、プロのアイドルとして…何なら職人芸とさえ感じるクオリティです。
 
 
“顔芸”なんて言い方をしているものの、嵐・JUMPなどジャニーズの映像をこれでもかという位、毎日毎日私に見させられている旦那なので、ジャニーズの皆さまのことは好意的な目で観ているようです。
 
Hey!Say!JUMPを含め若手ジャニーズは、ちょっと顔が良いだけの男子が上っ面でチャラチャラかっこつけたりかわい子ぶったりしてるだけだって、世間では思われがちじゃないですか。←そんなことない笑?
でも本当は全然そんなことなくて、誰よりもめちゃくちゃ色んなこと努力してて、プロとして〝アイドル〟を真剣にやってるんですよね。←チャラチャラしてる時もあるけどねー笑。
 小さい頃から活動してるから学校との両立だってあるし、それをしながら大勢のライバルがいるジャニーズJrの中を勝ち抜いてデビューした人たちだって思ったら、本当に凄いよね。
 
キンプリファンの方、誤解しないでくださいね!
決して彼らが劣っているという話しではございません!!
むしろまだデビュー前にも関わらず、とんでもなく完成度の高いアイドルグループとして満を持してデビューするKing & Prince。
そんなポテンシャルと無限の可能性を持ってる彼らにだからこそ、JUMPに匹敵する位のアイドル力を期待をしてしまうのかもしれません。
 
 
 
私はたくさんいるジャニーズのMVの中でも、Hey!Say!JUMPのMVが一番大好きです。
メンバーの素敵さだけじゃなく、曲の世界観を作品として楽しめるから。
もちろんJUMPくんたちのこと好きだからこその贔屓目はあるにしろ、好きなメンバーがとかってことよりも、そのMVの世界観に彼らが違和感無く存在しているからこそ作品として素敵だなーと思うことが多いような気がします。
 
歌番組でのパフォーマンスも、曲によって表情と魅せ方が全然違うから、その曲自体を楽しめているように感じます。
『大好きな◯◯くんが新曲をパフォーマンスしてる!かっこ良い!!』
じゃなくて、
 
『新曲の世界観可愛い!かっこ良い!その登場人物の◯◯くん素敵!!』
 
という感覚です。←ごめん、意味わからないかな…でもちょっとは伝わったかな笑。
 
彼らには9人という大人数でのパフォーマンスという強みがあるし、ある意味個性を出し過ぎないことで創り上げている世界観なのかもしれません、
今自分たちが求められている表情や仕草は何なのかを瞬時に完璧に、ナルシスト感なく自然に素敵に表現出来るJUMPくんたちって凄いなーとしみじみ思ってしまいました。
 
ということで、今回は旦那の言葉をかりて“顔芸”なんて言葉をタイトルに使ってしまいましたが…今回私が言いたかったことは、
 
『JUMPくんたちの世界観は、ジャニーズ屈指の表現力で創られてるんだよ!絶対!!』
ってことと、
『岸くんやキンプリのみんなの色んな表情を、これからのパフォーマンスで観たいよ!』ってことでした。
 
とはいえ、岸くんに関してはかっこつけ過ぎない自然体なとこが大好きなので、今の岸くんで充分最高!!なんだけどね。←とにかく岸くんは素敵な人!
 
嵐とHey!Say!JUMPとKing & Princeが大好きな大人女子の皆さま。
3グループいると、楽しみがたくさん増えて毎日の癒しが増えますねー。
これからもゆるゆると楽しんでいきましょー!
 
今回も読んでいただき、ありがとうございました。
 

進化し続けてもなお、“ゆるふわ”なHey!Say!JUMPは奇跡。

“JUMPくんたちが大好き!”な大人女子の皆さまー。

最近の彼らを観ていて、やっぱりHey!Say!JUMPは最高だなと改めて思ったので、今回はそのことを書きたいと思います!

 

JUMPくんたちの10周年イヤーですが…何か思ってたより地味だったなというのが正直な感想です笑。

嵐の10周年のテレビ露出の多さを経験してたから、ちょっと期待し過ぎてた…笑。←嵐の人気は桁違いだもんね…。

私の超ワガママな個人的感想はさておき、紅白に初出場したり、ドーム公演行ったりと、とても素敵な10周年イヤーだったと思います。

紅白の時の、心から嬉しそうで誇らし気な9人の姿は、本当に本当に素敵で何回リピートして観たかわからない位です。

私はそこで思いました…

『ジャニーズの未来を創るのはHey!Say!JUMP!』って!!

…ごめんなさい、ちょっと大げさだった笑。

でもね、何が言いたいかと言うと…

嵐以来、ジャニーズでここまで“アイドルらしさ”を全うしてくれているグループはいたでしょうか?

10周年を迎えてもなお、こんなに“ゆるふわ”な雰囲気を醸し出せるアイドルがいたでしょうか?

 

 

「ジャニーズなのに◯◯」とか「いちおジャニーズ」って言葉、中居くんが光GENJIや木村くんと自分を比較して使っていました。←戦略的にね。

その言葉は、今は当たり前にジャニーズの皆さま使っていますが…

何か私、だんだんその言葉に違和感感じて来てしまってたんですよね…。

だってさだってさ、「ジャニーズなのに◯◯」って、“正統派ジャニーズ”がいないと成り立たない言葉じゃない?←気難しくてホントごめん笑。

いわゆる変化球使ってるはずなのに、気づいたら変化球だらけ…笑。

パフォーマンスの時にちゃんとアイドルしてるとかそういうことではなく、デビューしたてで若くてフレッシュだから“正統派”ということでもなく…

アイドルのありかたが多様化してるってことは良いことなんだけど…

『何歳になってもグループのイメージが“正統派”でいるって難しいのかな…嵐しかいないのかな…』

って思ってた私の前に登場したのが、Hey!Say!JUMPでした。

 

Hey!Say!JUMPが凄いのは、10年経っても変わらない“アイドルらしさ”や“正統派感”を持っているということ。

良い状態をキープしながら“変わらない”というのはとても難しいことです。

だからそれを実現しているHey!Say!JUMPは奇跡!!←いつも大げさ。

彼らが10年経ってもキラキラしていられるのは、その部分を軸にしてぶれずに頑張ってきたからなんじゃないかと勝手に思っています。

今の“変化球”が多い状況の中で、誰にも負けない武器になっていることは間違いありません。

 

24時間テレビに出演して以降、メンバー全員メディアへの露出が一気に増えました。

特にいのちゃんの露出が増えて、恐らくそれまでのグループの立ち位置とは違う形でメディアに登場することが多かったと思います。

今までとは違うことが求められたり、仕事量に違いが出だしたりして、メンバーそれぞれ葛藤や苦労があったんじゃないかな…

9人の仲が良いことは間違いないんだけど、それそれが自分の立ち位置に迷っていてどこかギクシャクしている感じが見て取れて、歯がゆくて心配になることがたまにありました。

 

…が、そんな心配は全くいりませんでした!!

10周年イヤーのHey!Say!JUMPは、1人1人が進化しつつも、“ゆるふわ”で仲良しな世界観をパワーアップさせていました。

 

薮くんのポンコツなとこと光くんのおバカなとこが可愛過ぎて和むし、さらに2人とも優しいお兄ちゃん感と包容力が増してて、弟たちから言いたい放題言われててもニコニコしてる“やぶひか”は、JUMPの平和の象徴。

髙木くんの優しさがJUMPのトークを盛り上げてる!何を言っても拾ってくれる!髙木くんは本当に優しい、一番優しい!!←髙木くん大好き。

いのちゃんがグループの裏まわしの役割を、前より積極的にやろうとしてるのが嬉しい。頭の回転が早くないと出来ない役回りだから、JUMPではいのちゃんが適任!

知念くんと大ちゃんと裕翔くんは相変わらずみんなを笑顔にしてるし、圭人くんはグループで自分に出来ることはなんだろうっていつも考えて行動してるが伝わってくる。

山田くんが赤ちゃんみたいにフニャって笑うの、すっごい可愛くないですか?

山田くんのその笑顔を、最近たくさん観れるようになったような気がして私はとても嬉しい!どんなことにも手を抜かずストイックに頑張ってる山田くんだけど、肩の力が抜けてる山田くんも魅力的だなといつも思ってます。

 

ガツガツしていないせいか、ファンじゃない人から観たらノンビリしているように見えるかもしれませんが、JUMPの魅力はまさにそこなのです。

内なる闘志を心に秘めガツガツは表に出さず、ニコニコ ワチャワチャしている姿だけを魅せてくれるからこそ癒されるのです。

9人揃った時の“ゆるふわ”な空気感は本当に魅力的で、観ていて本当に癒されるんです。

これからもずっと変わらず、“ポップ”で“ゆるふわ”で“仲良し”なグループでいて欲しいなー!

 

どこのグループも、自分たちの唯一無二を必死に探しています。

何が良くて何が悪いかなんてないし、これだけジャニーズのグループがいるとテレビが本当に楽しい!←いつも誰か出てるもんね。

これからも嵐とJUMPくんたちに癒されつつ、ジャニーズ丸ごと楽しんでいきたいと思います!

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

キミアトラクション(通常盤)