伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

大ちゃんのバックダンサー扱いに驚いた話。【櫻井・有吉のTHE夜会 6/15】

“JUMPくんたちが全員大好きです!”な大人女子の皆さまー。

いのちゃんの怒濤の《ピーチガール》の宣伝が終わったと思ったら、今度は大ちゃんの番宣が続いてますねー。←毎日楽しいです。

で、先日《櫻井・有吉のTHE夜会》の大ちゃんを楽しく観ていて、ふと思ったことがありました。

大ちゃんのVTRで『まるでHey!Say!JUMPのバックダンサー』っていうテロップが出てて、内容的には、“ダンスでは目立ってないけどバラエティで活躍してる子です”っていう紹介だったんですけど…

これ、ファンからしたらめっちゃ違和感じゃないですか!?

 

あの…誤解しないでほしいのですが、べつに

「私が大好きな大ちゃんのことをバックダンサー扱いしてひどい!」

って怒ってるわけじゃなくて、JUMPの中で大ちゃんのことを目立たないキャラ設定するには無理があるんじゃないかと…笑。

いや、もちろんわかるんですよ!

テレビってファンじゃない方も観てるから、わかりやすくする為にエピソード盛ったり端折ったり無理矢理こじつけたり…知ってる人が観るとねつ造に近いような編集になってたりするじゃないですか笑。

まあ好きじゃない芸能人について、人ってそんなに興味ないと思うので、いかにわかりやすくキャラ付けけして興味を持ってもらうかが大切なんだと思いますが…

「大ちゃんレベルで“目立たないキャラ”使っちゃたら、これからどうするんだよ!」って笑。

JUMPは9人の大所帯なので、1人ひとりのプロモーションが難しいのかもしれませんが、そこがまた面白いところなんですよね。

 

ジャニーズのグループは全員が“かっこいい”を売りにするわけではく、立ち位置やキャラを分けることで、個性豊かなグループを創り出してますよね。

一般向けにわかりやすくそのグループの“顔”となるメンバーの露出を多くして注目を集め、ファンを増やしたり知名度を上げていきます。

キスマイのように戦略として格差売りをするグループもありますが、ほとんどは“真ん中”のメンバーを推して、浸透したら順番に他のメンバーにスポットライトを当てていくようなやり方が多いような気がします。

 

だからJUMPは、山田くん・知念くん・中島くんの3人を正統派にして、それ以外のメンバーは不遇な立ち位置ですって感じにしていこうとしてるのかなーとか思うけど、そうすると9人もいるからほとんど全員が不遇になっちゃう笑。

いのちゃんも、“ほとんど仕事なかった”“テレビ映ってなかった”ってよく言ってたけど、いのちゃんの場合は本当のこと過ぎて納得感しかなかったけどね笑。

だから いのちゃんでその手法使って大ちゃんでも使うっていうのが何か違和感だったんですよねー。←もっと後ろで踊ってる子たちいるんだからね!って笑。

 

ジャニーズの人々は、“グループ内でかっこ良い(キャラ)メンバーとそうじゃない自分の比較をして笑いを取る”という、恐らく中居くんが開拓したであろう技をよく使っていますが…

JUMPだと必然的にわかりやくかっこ良いキャラの山田くんを引き合いに出すことになりますよね。

けどJUMPって全員ビジュアルが良くて、まだ一般的にバラエティ的なキャラ付けが明確になってないせいか、ただただ山田くんに気を使ってヨイショしてる人たちみたいに見える時がある笑。

だから、ぜひ世間の方に9人全員の人柄やそれぞれのキャラを浸透させていってほしいです。

仲の良さやワチャワチャした雰囲気を知ったら、絶対みんな大好きになると思う!←ジャニーズ事務所頑張って!!

私はHey!Say!JUMPがグループとしてとても大好きなので、グループとしてもっとテレビに出てほしいという気持ちが強いんですよね笑。←コンサート落選したからっていうものある…

それぞれが個人としてドラマや映画・バラエティなどたくさんのお仕事を経験してマルチに活躍してほしいけど、グループとしてベースは今のまま変わらず“アイドル”し続けてくれたら、ホントに最高だなーって思います!

 

 

今回は、Hey!Say!UMPの中ではデビュー時からずっと推されているほうのメンバーだと認識していた大ちゃんでさえ、“バックダンサー扱い”がネタになるなんて…って驚いたのでそのことを書いてみました。←いつも以上にゆるい感じになってしまってごめんなさい…

とりあえず、テレビの世界は大変なんですね!ってことですね笑。

あとさ、すっごい贅沢言うと…ドラマでいのちゃんが観たいなーと毎日願っております!役者の伊野尾慧が好きなんです!!

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

 

有岡大貴と伊野尾慧のとんでもなく素敵な関係。【メレンゲの気持ち 6/17】

“いのありが一緒にいるだけで幸せ!”な大人女子の皆さまー。

とうとうこの日がやってきましたよ…待ちに待ったこの日…

そう!とうとう【メレンゲ】に 大ちゃんがやってきましたーー!!←ずっと楽しみにしてたの!

もちろん“いのあり”大好きな私としては2人が並んでるだけで幸せだったんだけど、今回の【メレンゲ】は今まで至上最高だったかもしれない…2人の和やかで平和な空気感に癒されまくりでした!!

 

オープニングは、仲良しの大ちゃんが来たことでちょっと照れているのか、何だかちょっとよそよそしい2人が何だか可愛いです。←兄弟っぽいよね。

トーク中の大ちゃんは終始リラックスしてて良い感じ!

どんな時も大ちゃんの味方でいてくれるいのちゃんが隣りにいるし、【ヒルナンデス】で共演している良純さんとあさこさんもいるので、大ちゃんにとってもホーム感が強かったのかもしれないですね。

トークの内容は“いのあり”ファンにとっては、この上ない最高の内容ばかり!

スタッフさんの中に“いのあり”の良さがわかってる人がいるとしか思えない素敵な内容と編集…笑。

2人が初めて出会った時のエピソードに加え、その当時の雑誌のグラビアまで登場させてくれるという素晴らしさ。←当時の2人超可愛い。

時折目を合わせながら話す2人の姿が、それはもう可愛くて可愛くて可愛くて…!!

そして何と言ってもこの2人が最高なのは、相手が話してる時は優し気に相づちを打ちながら聞いて、言葉が足りない時は優しくフォローしあうとこ。

そんな“いのあり”の魅力がたくさん詰まった、和やかなやり取りが続きます。

 

大ちゃんの舞台の思い出を聞いた後に感慨深い気持ちになるいのちゃん。←思い出が一緒って素晴らしい。

いのちゃんのコメントを嬉しそうにニコニコ聞いてる大ちゃん。

ファンなら恐らく全員が気づいてた“いのちゃんが肩から笑うこと”で、仲良く盛り上がる2人。

そんな中で、私が一番好きなトークは…

 

いのちゃんから、2人でごはんを食べに行くと全然話しを聞かないで携帯ばっかりいじってるって言われた大ちゃん。

大「いのちゃんだけなんですよね、他のメンバーにはそんなことないんですけど…何かいのちゃんだけはもう怒らないし、甘えちゃってるというか…」

「だからほんとつまんないんですよ、俺1人で焼き肉屋で喋ってる笑」って、いのちゃんに言われて笑ってる大ちゃんの笑顔がホント無邪気。

このエピソード前にも話してたけど、2人の仲良しさが伝わってきますよねー!

大ちゃんにかまってほしい いのちゃんが可愛すぎるし笑。

 

【ゼウス】で大ちゃんの腹筋をいのちゃんが書いてあげたトークでは浅田舞さんに褒められて嬉しそうな2人も、流行り物が大好きな大ちゃんをつっこむいのちゃんも、大ちゃんの心配性エピソードを楽しそうに話すいのちゃんも…

2人が話すこと話すこと、とにかくぜーんぶ癒される!癒しが たたみかけてくる笑!!

 

さらにこれだけでは終わりません。

バラエティー番組によく出てる2人ということで、

『有岡VS伊野尾 お前には負けられない バラエティー対決三番勝負』というファンにはたまらない企画をご用意してくれました。←【メレンゲ】スタッフさん有能過ぎる。

ゆるーい2人のゆるーい対決は、観てて本当に癒されまくりでニコニコが止まりません。

対決なのに最初から「どっちかが良いコメント出せたら俺は良いなって思ってます」って言ういのちゃんが好き過ぎました。←いつも大ちゃんの味方。

食リポ対決やQショット対決では、大ちゃんの“ポンコツキャラ”が活きるように、クオリティ高めにやってのけるいのちゃんが最高過ぎるし、足つぼリアクションを全力で頑張る2人は超楽しかったです。

 

今回の【メレンゲの気持ち】で再確認したこと…

“有岡大貴の魅力を最大限に引き出すことが出来るのは伊野尾慧”だし、

“伊野尾慧の魅力を最大限に引き出すことが出来るのか有岡大貴”だってこと!←超主観なので、お許しください…

しかも他のメンバーがいる時はこの能力発動しなくて、2人でいる時にしか発揮されない…笑。

だってさ、いのちゃんといるときの大ちゃんて、空回ってスベりまくってることあんまりなくないですか?

大ちゃんといる時のいのちゃんて、サービス精神旺盛過ぎて変な発言し過ぎちゃうことあんまりなくないですか?

これって、相手が自分のことわかってくれてるから頑張り過ぎなくて良いし、何があっても絶対受け止めてくれるって信じてるし、何かあったらお互いにフォローしあうことが出来るって安心してるからだと思うんです。

 

たぶん2人はいろいろな面を含めて対等なんだろうなって思うし、根本的な考え方とか感じ方が似てるのかなって。

だから2人でいるときは、余計な気を遣わないで自然体でいられるのかなーとか勝手に思ってます。

相手やその場の空気に合わせて行動することが出来る2人なので、2人でいる時の空気感は2人ならではなのかもしれませんね。

 

普段バラエティとかを全力で頑張っている大ちゃんといのちゃんはとっても魅力的だけど、今回の【メレンゲ】みたいな平和感満載の“いのあり”も、たくさん観たいです!

今回の【メレンゲ】で、終始ニコニコしながら楽しそうに話す大ちゃんが印象的でした、可愛過ぎました!!

てか、私は大ちゃんがバラエティに出て無茶ぶりされてると心配で観てられない時があるので…メンタル弱めでごめんなさい笑。

 

ということで長々と書いてきましたが、私が言いたかったことは…

『“有岡大貴と伊野尾慧はとんでもなく素敵な関係”で、2人を観てるとめちゃめちゃ癒されるよ!』ってことでした笑。←いつもどおり。

こんなに癒されるんだから、これからも“いのあり”でテレビ出演お願いします!楽しみにしてます!!

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

《ピーチガール》観ました。と、最近のJUMPくんたちのこと。

“JUMPくんたちのおかげで毎日頑張れます!”な大人女子の皆さまー!

最近うっかりブログ書いてなかったのですが、相変わらずJUMPくんたちに癒される毎日を送っています。←聞いてない笑?

 

今年はHey!Say!JUMPの10周年イヤーだから、気合い入れて応援していこー!と楽しみにしてるのですが…

さすが10周年!メンバーそれぞれにいろんなお仕事が発表されてる!!

発表される度にとても嬉しい気持ちになるし、私たちの楽しみがどんどん増えていきますね。←その日1日中ニコニコしてる。

…とはいえ、メンバー9人もいると追うのが本当大変…笑。←ユルユル応援してるので。

伊野尾ファンの私としては怒濤の《ピーチガール》の宣伝で、もういっぱいいっぱいだったよ…

番宣で山本美月ちゃんのことを終始好き好き言っていた いのちゃんでしたが、可愛すぎる美月ちゃんに私も夢中になっておりました笑。←制作側の思うつぼ。

あと、いのちゃん表紙の素敵な雑誌がたくさん買えたのが一番嬉しかったー!←いのちゃんのグラビアがとても好き。

ただ胸キュン映画を映画館の大画面で観る勇気がなくて(恥ずかしさに耐えられないかもしれないから)、観に行くかずっと迷っていたんです。

でも番宣を観ているうちに いのちゃんだけでなく、美月ちゃんとマッケンくんも観たくなったし、興行収入に少しでも貢献しなくては!という思いで、勇気を出して観に行ってきました!←制作側の思うつぼ+ナゾの責任感。

 

映画を観た感想は…「ただの伊野尾慧のPVじゃん」でした笑。

あ、これ悪い意味じゃないですよ!最高じゃん!てことですよ!

とにかくずーっとキラキラした素敵な映像が続くんです。←キラキラ好きにはたまらない。

特に ももちゃんとカイリのデートシーンが、とんでもなく可愛くて眩しい!!←何回でも観たい。

“伊野尾慧のPV”って思ったのは、2人のキラキラシーンの連続はもちろん、カイリの台詞が普段いのちゃんがテレビ的に言いそうな言葉ばっかりで、伊野尾慧そのものだったから笑。

全然演技してる感じがしなくて、かと言ってビックリするほど下手ってわけでもなくて…何か自然体に見えるんですよ、ずっと笑。←チャラ可愛いの。

映画の撮影期間がいのちゃんにとって大変な時期だったようなので、撮影が息抜きになってたって言ってましたよね。←急にレギュラー増えたからね。

 

1つ私的に意外なことがあったんですが…

『ねえ!カイリのシーンで全然胸キュンしないんだけど!』ってことです笑。

もちろんカイリは、超可愛くて超かっこ良くてめちゃくちゃ癒されたし最高だったの間違いないです

ただ先ほどもお伝えした通り私がよく見かけるいのちゃん過ぎて、胸キュンするタイミングがなかったのです笑。

ということで、私が心配していた“恥ずかしくて観ていられないのではないか”というしょうもない悩みは、難なく回避することが出来ました笑。←マッケンには胸キュンしたよー。

 

番宣で『5分に1回恋の事件が巻き起こる』って主演2人がずっと言っておりましたが、本当にそんな感じで展開的には全然飽きなかったのも良かったです。

ちゃんと内容を考えると矛盾点いっぱいあるしツッコミどころ満載なんだけど、そんなことどうでも良いことですよね…

だって胸キュン映画だもん!原作少女マンガだし!恋愛至上主義!!みたいな笑。

 

ジャニーズJrファンのお友達に「自分が応援してる人の主演映画を、映画館で観れるってとっても幸せなことだから」って言われたことがあったんですが、見終わって本当にそれを実感しました。←Jrファンの意見深いなー。

“主役ってすごい!ずっと画面に出てるし、伊野尾慧中心に物語が進んでいる!!”って笑。

ジャニーズでも全員が全員、主役としてドラマや映画に出ることが出来るわけではないですよね。

だからそんな当たり前じゃない現実で、大好きな伊野尾慧が主演している映画を観れたことは、実はとんでもなく幸せなことなんだって思ったんです。←Jrファンの子、気づかせてくれてありがとう。

最低でもあと1回は観に行こうと思ってるし、ブルーレイ絶対買うんだ!って心に決めています!

 

それぞれ個人のお仕事が決まっていっていますが、せっかくの10周年なので9人全員がそれぞれ大活躍してほしいですよね。

個人的にはテレビでJUMPくんたちを観たいという気持ちが大きいので、大ちゃんの《コードブルー》とか、薮くんの《ウチの夫は仕事が出来ない》とか決まったのがとても嬉しかったです。

今季のジャニーズ主演のドラマが発表された瞬間、バーターが誰になるかを気にしたのは人生で初めてです笑。

今年は10周年特需でJUMPくんたちを、たくさんたくさん推してあげてほしい!!

ゴリ推しって言われるくらいでちょうど良いよ、だって10年頑張ってきたんだから。

バーターくらいガンガン入れてあげようよ!それくらいのご褒美あげてください笑。

 

そんな中私が一番楽しみにしているドラマは、大ちゃん・光くん・髙木くんが出演する《弧食ロボット》。

原作のマンガを読んだんですが、とても素敵なお話ですね。

特に一人暮らしをしたことがある大人の方は、少なからずグッとくる内容になっているのではないでしょうか。

“小さいロボット”という設定は実写化するとおかしな感じになりかねませんが、この3人なら大丈夫!←まだ観てないけど笑。

Hey!Say!JUMPというアイドルは、それを可能にしてしまうビジュアルとファンタジー感があるからです。←超主観。

深夜帯だからこそ観てくれる人もいると思うし、特に光くんの演技力に期待しか持てません。

小さなロボット3人の可愛いくてホッコリする癒し、お待ちしてます!

 

ツアー発表、シングル発売、ベストアルバムの好きな曲投票など、グループとしても10周年らしい話題が尽きません!ホント楽しみだ!!

とりあえず今年はファンクラブに入ったので、『Hey!Say!JUMPのコンサートに行く!』というのが、今の私の目標です笑。←大人女子の皆さまに会えるかな。

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました!

キミアトラクション(通常盤)