読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

Hey!Say!JUMPの透明感溢れる魅力。【平凡ブルータス】

Hey!Say!JUMP 雑誌

“JUMPくんたちの王道アイドル感が大好き!”な大人女子の皆さまー。

我らがマガジンハウスさんが、またまた素敵な雑誌を創ってくれました!!←伝説の“いのちゃんHanako”から絶大な信頼感。

BRUTUSがアイドル雑誌を作ったら!”をテーマにした【平凡ブルータス】。

昭和のアイドル誌のキラキラした世界観を再現しつつ、現代のカルチャー誌ならではのおしゃれさも兼ね備えているという、最強で最高の仕上がり!!←もともと【BRUTUS】大好きだからかなり贔屓目。

 

このブログを読んでくれている方はご存知かもしれませんが、私は今のアイドル誌が苦手なので…色気満載過ぎたり可愛いを狙い過ぎてたりが…笑。←メンタル弱い。

なので“昔ながらの爽やかさと今っぽいおしゃれさを兼ね備えたアイドル誌を読みたい!”と願っていた私のような大人女子の願いを叶えてくれた【平凡ブルータス】。

雑誌は買うまいと常に心に誓ってますが、表紙のJUMPくんたちがあまりにもキラキラ輝いていたので…光の速さで2冊買ってました笑。←店員さんが「同じの2冊ですけどよろしいでしょうか?」とか言ってくるから、恥ずかしかった…。

 

〈Hey!Say!JUMPの大運動会。〉

運動会をテーマに、おしゃれで可愛くてかっこいいグラビアが並びます。←運動会企画なんて王道中の王道企画をスタイリッシュに仕上げる【BRUTUS】とJUMPくんたち最高。

 

まず表紙!この表紙…本当にほんっとに目を引きます。

9人全員がビックリする位完璧なビジュアルを魅せつけています。

一見ガチャガチャしそうな位、それぞれがカラフルで個性的な衣装を身につけているのですが…グループとして一体感を出しながらも、全員がそれぞれキラキラした個性を出しています!←Hey!Say!JUMPの凄いところ!!

顔に泥がついている演出になっていますが、こんなに鼻に泥がついているのが似合うアイドルは有岡大貴以外いないと思います笑。←あー本当に可愛いー。

女の子みたいに微笑むいのちゃん・ヤンチャな表情で笑う圭人くん・とにかく可愛い大ちゃん…いつまででも見ていられる素敵な表紙に感動!←いつも大げさ。

 

全員での見開きページは、7対BESTの綱引きグラビア。

みんながそれらしい表情を作ってる中、小さい女の子みたいな可愛い表情で微笑む光くんと何故かおしゃれな雰囲気を醸し出すいのちゃんに癒されます。

 

その後の個人グラビアは、運動会の種目がテーマです。

写真は もちろんとっても素敵なんですが、そこに添えられたテキストが何だか良い感じなんです。←客観的に褒めてくれてる感じが好き。

 

山田くんの紅白玉入れは、幻想的な雰囲気。

山田くんのスター性を浮き彫りにするようなテキストの、最後の文章が印象に残りました。

“今が昭和なら、『平凡』の表紙を毎号のように飾っていただろう。”

 

障害物競走で網に絡まりながら、頬杖ついてマイペースに微笑んでるいのちゃん。

雑誌の媒体に合わせて性質や色を変えているのに、言ってる内容に一切ブレがないところが伊野尾慧のすごいところです。

ファン心理を分析しつつ、言ってくれた言葉が素敵でした。

“もどかしいですが、その不確かな‘好き’でいてくれる気持ちを大事にします”

 

応急手当てのテーマで、髙木くんに包帯を巻かれる薮くん。

このグラビアのかっこ良さは尋常ではありません!すっごい綺麗!!

薮くんの凄さがかいま見れるようなテキストを添えてくれたことが嬉しいし、光くんの名前を出すあたりが、さすがです!

“パートナーには八乙女を誘って、ぜひ山頂を目指してほしい。”

 

お弁当がテーマの大ちゃん。

大ちゃんの顔くらいありそうな特大おにぎりを両手に持ってあぐらをかいている可愛いグラビアは、大ちゃんの表情がとっても素敵。

“好奇心旺盛で人懐っこいキャラ” “神が授けたコミュ力”

人柄が大絶賛されてて微笑ましい気持ちになります。

 

それぞれの個性に合ったスタイリッシュなグラビアと、ファンを大切にする気持ちが伝わってくるインタビュー。

ずっと見つめていたいし 何回も何回も読み返したくなる…そんな素敵な特集に感動しました!

あと、アイドル誌らしい9人対談スタイルのページも楽しいです。

 

あとあと〈BRUT@STYLE 373 CLASSBOOK〉に、いのちゃん・圭人くん・髙木くん・薮くんが載っています。

何でこの4人なんだろ…スタイリッシュ選抜かな笑、4人ともモデルさんみたいでかっこ良いです!

 

 

“私が求めていた雑誌はこれなの!こういうの見たかったの!!”って、いつまで経っても感動と興奮がさめやらない【平凡ブルータス】。

読んでてずーっと楽しいって凄いですねー、ホントに本当に大満足です!

もちろんJUMPくんたち以外のページも、とっても楽しめました。

 

改めて思ったのは、『Hey!Say!JUMPは被写体として とても有能』ってこと。

表現力や美しいビジュアルを活かして、制作者が創りあげたい世界観を表現することに長けているというか…そいうい何色にも染まれるような透明な感じに惹かれるんですよね。

たぶん他のグループにはない、その“透明感溢れる個性”でいろんなカラーを魅せていってほしいなと思いました。

【平凡ブルータス】は、王道アイドル・Hey!Say!JUMP”の魅力と可能性が詰まっていました!

 

マガジンハウスさん、【BRUTUS】これからも買います!!

…なので、【平凡ブルータス】また楽しみにしてますね☆

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

アイドル誌仕様のグラビアは、やはりハードルが高いと思った話。【東京ウォーカー 11月号】

伊野尾慧 雑誌

〝いのちゃんとパンが大好き!〟な大人女子の皆さまー。

今回は、いのちゃんが表紙の【東京ウォーカー】のことを書こうと思います。

発売したのは10月20日なので、ちょっと日にちが経ってますが…発売日には買ってたんだけどねー笑。

特に好みな感じのグラビアではなかったので、買うかどうか一瞬迷いましたが、大好きなパン特集だったので買ってみましたよ。

 

 

〈一緒に朝ごはん!〝Pan〟tastic time〉

表紙と全6ページにわたってグラビア&インタビューが掲載されています。

 

表紙はたくさんの美味しそうなパンに囲まれて、スマイルマークみたいな模様のパンを片手に微笑んでます。

いのちゃんの肌が綺麗なの知ってるけど、それにしても凹凸が無さすぎる顔に若干の違和感が笑。←めっちゃ修正されているのか、加工されているのか、ライトが当たり過ぎているのか…。

 

グラビアは全体的にアイドル誌っぽい可愛い写真になってます。

最初の見開きページは、右側がパンを頬張るいのちゃんのアップ。

左側はテーブルいっぱいのおしゃれな朝ごはんを前に、幸せそうに頬杖をつくいのちゃん。

あの…正直、もう少しかっこ良い写りの写真なかったんでしょうか?って言いたくなりました…絶対もっとかっこ良いのあったでしょー!←ワガママでごめんなさい。

 

 

次の見開きページは、〝パンを食べるいのちゃん〟、〝パンを切るいのちゃんの綺麗な手もと〟、〝カプチーノを入れるいのちゃん〟、〝カプチーノの萌える飲み方を実演するいのちゃん〟など、アイドルらしい可愛い写真がいっぱいです!←あざと可愛い笑。

その中で私が唯一ときめいた写真は〝食パンにバターを塗る楽しそうないのちゃんの横顔〟。

これは自然体で無邪気で超可愛いです!

 

そして最後の見開きページは、ベッドに横たわったり、お腹見せたり、首もと見せたり…全体的に色気ある雰囲気を醸し出してます。

…えっと、確かテーマはパンでしたよね笑? 

とはいえ何だかんだと全部可愛いし美しいし、いのちゃんの表現力ってやっぱり凄いなぁって思いました。

求められることをすぐに理解して、テーマやイメージに合った自分なりの表現が出来るのは、いのちゃんの誇るべき天性の才能ですねー。

 

インタビューは、伊野尾くんは何パンですか?とか、【そして誰もいなくなった】や【ピーチガール】の話しをしてくれています。

役者の面白さを語るいのちゃんは、もっともっと飛躍しそうな予感です!

 

 

アイドル誌仕様のグラビアを見ることはほとんどない私にとって、今回の【東京ウォーカー】のグラビアは新鮮でした。

私がアイドル誌を買えない理由…

以前ブログに書いたことがありますが、アイドル誌グラビアの色気醸し出してるやつが苦手なんです…見てて恥ずかしくなるし、背徳感が半端ない笑。

もちろん需要があるから、そういうテイストなんだとは思いますが、私的には爽やかだったりオシャレだったりするほうが、やっぱり楽しいし好きです!!

ただ、せっかくの いのちゃんのアイドルグラビアを楽しめないなんて…自分のメンタルの弱さが悲しい。←いつになったら、直視出来るのだろう笑。

 

私にとって、アイドル誌仕様のグラビアは、やっぱりまだまだハードルが高いなぁと気付かされた【東京ウォーカー】でした。

しょうもないことを堂々と力説してしまいましたが、あくまでも私の主観ですのでお許しください。

もちろんいのちゃんは超可愛かったし、パンは超美味しそうだったし、【東京ウォーカー】自体は本当に面白かったんだよ!

私の好みと気持ちの問題だから…笑。

でも少しでも共感してくれる大人女子の皆さまがいたら、大変嬉しく思います笑。

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

八乙女光について語りたい。

八乙女光

〝光くんが大好き!〟な大人女子の皆さまー。

先日【スクール革命 J組がハッピーサプライズSP】のあるシーンを観ていた時に突如思いました。

八乙女光について語りたい』と。

 

〝りゅうちぇるが自分のファンの男の子に会いに行ってあげる〟というサプライズだったんですが、実はその男の子は同行してた光くんのファンでもあったっていうシーン。

りゅうちぇるが登場した時より明らかに光くんが登場した時のほうがテンションが高い男の子の反応に光くんが言った一言、

 

「俺のことも好きなの?」

 

 …聞き方が男前な光くん…ちょっとお兄さんぽい光くん……このシーン最高!超かっこ良い!!←見方が気持ち悪くてごめんなさい笑。

自分のことを好きって言ってくれる男の子を前にニコニコする光くんを観て、私もニコニコしちゃいました。

光くんはベースが男っぽいので、自然体で話したり反応した時が、それはもうかっこ良くてかっこ良くて仕方がない!!

 

このブログを読んでいただいている方はご存知かもしれませんが、私は光くんのことを過剰に好きな時が多々あります笑。

光くんには、他のメンバーには感じない魅力を感じるんです。

ということで前置きが長くなりましたが、今回は八乙女光についてゆるゆると書いてみようと思います。

全て私の主観で話すことをお許しくださいね。

 

 

光くんといえば、ヒルナンデスの影響からか世間的にはバラエティ班というイメージが強いのでしょうか。

もしかしたら金八先生での歴史に残る名演技で覚えている人も多いかもしれません。

 

JUMPのファンになった当初から光くんのことは、〝顔がかっこ良くてスタイルも良くて、ダンスが上手で、演技が上手で、絵も上手で、楽器も弾けて、バラエティが得意なんてオールマイティーにも程があるわ!〟っ思っていました。

実際、光くんは器用な上に努力家でおそらく完璧主義なので、どんなことでも高いクオリティで仕上げることが出来るオールマイティーなアイドルであることは間違いありません。

 

バラエティが大好きな光くん。

ウケようとウケまいと、物怖じしないでボケていく勇気が素晴らしい笑。

少し前まではスベった時とかちょっとイジりづらい雰囲気を醸し出す光くんでしたが、最近では成長したからか プライドの殻を破ったのか、光くんちょっと変わりましたよね!

自らイジらせようとしてる姿が微笑ましいし、7の弟たちにイジられてる光くんは超可愛いよね笑。

 

長々と光くんのバラエティのダメ出しをしているような感じになってしまいましたが、私が言いたいのはそういうことではありません!

〝バラエティ愛〟が強過ぎるせいか、世間的にはバラエティ班なイメージの光くん。

私が言いたいのは…

『〝バラエティ愛〟に縛られず、かっこ良い八乙女光もたくさん魅せてほしい!』

ってこと。

 

最初に書いたけど、光くんは自然体な感じが本当にかっこ良いです。

ビジュアルが良くて男っぽいから、何にもしないで普通にしてるだけで、かっこ良いって感じるんだと思います。

光くんはスタイルが本当に良い!

ただ細いだけじゃなくて筋肉もついてるからバランスが素晴らしいし、特に二の腕と腹筋が超素敵です。←変態ではありません笑。

ヤンチャで単純で、ちょっとガキ大将っぽい性格も光くんの魅力です。←男の子!って感じが良いんだよねー。

褒められることが大好きだし、褒められた時にする無邪気な笑顔には胸キュンするしかありません!

あと、ウインクが最高にかっこ良い!

光くんのウインク観れたら、それだけでだいぶ幸せな気持ちになれるー。

率先して女装したり、顔に大量の洗濯バサミをはさんだり…全力でバラエティを頑張っているから、ギャップでより一層そう感じるのかもしれませんね。

 

だからこそ、バラエティだけじゃなくて、もっといろんな八乙女光をテレビで魅せてほしいなぁというのが私の願いです。

そしたら光くんのお仕事の幅も拡がって、Hey!Say!JUMPがさらに盛り上がりますよね!

演技上手で、自然体がかっこ良くて、ビジュアルも良いんだから、とりあえず爽やかなドラマに出よう!スポーツ系とか恋愛モノとかどうでしょう!!

そして、世の中の大人女子を胸キュンさせよう!!←自分が胸キュンしたいだけでしょって、気づいても言わないでください笑。

 

光くんの可能性が無限大過ぎて好き勝手言ってしまいましたが、光くんてそれだけのポテンシャル持ってると思うんだけどなー。

 

今回は、タイトルどおり八乙女光について語ってみました。←気持ち悪い感じになってたらごめんなさい。

書いていてやっぱり私は光くんが過剰に好きなんだなぁと、実感しました笑。

なので、かっこ良い光くんを観たくて仕方ない私としては、これからも光くんの魅力を探し続けていこうと思います。

いろんな可能性を秘めた光くんの未来が、本当に楽しみです!

 

 今回も読んでいただき、ありがとうございました。

キミアトラクション(通常盤)