読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

中島裕翔の輝き。

中島裕翔は何故あんなにキラキラ男子なのか!?
今回は〝私が裕翔くんにずっと感じている思い〟を書いてみたくなりました。
私の主観になってしまうことをお許しくださいね。

Hey!say!JUMPのことを知ろうとすると、必然的にグループ結成時からのエピソードを知ることになります。
メンバー1人1人にそれぞれの物語があって、それは華やかでありながらも、苦悩の日々でもあったと思います。
その物語は私の心に響いたし、それが私の中でJUMPの魅力の一つになっていることは間違いありません。

私がHey!say!JUMPに興味を持ったきっかけは、裕翔くんです。
ドラマで見せる真っ直ぐな眼差しの裕翔くんと、アイドルとしてステージに立ってキラキラ輝く裕翔くんのギャップ。
かなり心惹かれました。

ジャニーズ事務所に入所以来、裕翔くんが立っている場所はいつもセンターでした。
それは裕翔くんの持っているポテンシャルが高く、特別で魅力的な男の子だったからでしょう。
その背中を見ながら踊っていたはずの山田くんがメキメキと頭角を現してきて、デビュー時に裕翔くんだったセンターポジションは、山田くんに交代していました。
それは、山田くんがそれだけ頑張って実力と人気を掴んだ結果です。当時の映像を観ても山田くんがセンターであることに何の疑問も感じさせない魅力があります。

実際は身長のバランスとか、その時のプロモーションの方向性とかいろいろな理由もあったと思います。でも裕翔くんは当時まだ子供です。そんな大人の事情を理解出来るわけないんです。

自分の何がダメだったのか思い悩んだと思うし、山田くんに嫉妬心を持ったとしてもおかしくないです。
最初からセンターの立ち位置が用意されていた裕翔くんにとって、それを失うことは自分自身のアイデンティティーを失うようなものだったのかもしれません。 当たり前のように持っていたものを失うことは、手に入れようと這い上がることよりもある意味ツライ経験なのかなとも思います。
一度悔しい思いをしたことがある人のほうが〝負けることなんて恐くない〟という強みを持っているから。

…だから〝裕翔くん可哀想…〟っていう話ではありません!

少しくらい捻くれたり、変に達観してしまってもおかしくない状況。
でも中島裕翔はそうじゃなかった。やっぱり選ばれた人間だった。

自分自身と向き合い、自分の長所も短所も理解した上で、コツコツと努力を重ねて自分の武器を増やしていきます。
大好きな趣味のカメラやドラムを極め、自分自身とJUMPとしての大きな魅力の一つに創り上げていきました。
そうやって努力を重ねて、自分だけのポジションを見つけた裕翔くん。
与えられた武器と、自分で見つけて勝ち取った自分だけの武器。 
どちらが強いかは明確です。

私が裕翔くんを特別に感じるのは、内面の変化が素晴らしいって思うからです。

デビュー直後の裕翔くんを見ると、今の印象とは違うなって感じることがあります。〝とても頑張り屋だけど、ちょっとプライドが高くて生真面目な男の子〟そんな風に見えました。
私が心惹かれた今の裕翔くんは、
〝素直で無邪気で照れ屋なサービス精神溢れる男の子〟だったから意外だった。
裕翔くんの純粋で素直な雰囲気は、ずっとそういう男の子だったようにしか見えなかったから意外だったんです。

〝自分がちょっと嫌われてるのがわかってた、くそ真面目っていうか余計な正義感が強かったっていうか。冗談で何か言われても怒ってた〟ってインタビューで語っています。
裕翔くんの年齢で、そういう部分を認めるのってとても辛いことだと思うんです。でも、それを認めることが出来たからこそ今の裕翔くんがあるんですよね。

このブログを読んでくださっている方はわかっているかもしれませんが、私は裕翔くんに対してポジティブなイメージしかないし、このブログの裕翔くんの紹介に〝恵まれた容姿にピュアな心を持ち、爽やかで気取らない性格の裕翔くんに、好感を持たない人はいないんじゃないでしょうか?〟って書いてます。
本当に心からそう思っているので、まさかそんな心の葛藤があったなんて…それを全然感じさせないことがビックリです。
裕翔くんのJUMPでの精神修行、半端ないですね。

中島裕翔の物語は、裕翔くんが自分自身と戦って、強く優しくなっていく物語だと思っています。
その経験が、今の裕翔くんを輝かせているんだね。私が大好きな裕翔くんの屈託のない笑顔は、優しいメンバーと自分とで乗り越えてきたっていう自信から来るものだったんだね。

今のHey!say!JUMPの一般層が好きになる入り口のトップに立っているのは、間違いなく彼だと思います。
そして彼にはそれだけの魅力があると思う!

伊野尾くんと一緒に一般層の心を掴みまくってほしい!2人の魅力とポテンシャルがあれば無敵だよ笑。

裕翔くんは、やっぱりJUMPの太陽。


裕翔くんが好き過ぎて、気持ち悪く語り過ぎてしまったかもしれないですね…ごめんなさい。
一般大人女子の皆様、たまにはこういうのも許していただけるとありがたいです笑。

今回も読んでいただきありがとうございました。









キミアトラクション(通常盤)