読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

Hey!Say!JUMPと中山優馬。【いただきハイジャンプ 6/30】

Hey!Say!JUMP 山田涼介 知念侑李 中島裕翔 伊野尾慧 ジャニーズ いただきハイジャンプ

〝JUMPと中山優馬くんが大好き!〟な大人女子の皆さまー。

今回の【いたジャン】は、中山優馬くんが登場してましたね。

優馬くんをちゃんと観たのは初めてだったけど、すごく面白い男の子なんですねー。

山田くん・知念くん・優馬くんのNYCトリオが観れて嬉しかったです!

ってことで、そんな楽しかった【いたジャン】早速書いていきますねー。

 

 

山田くんと知念くんの可愛い2ショットでスタート!…かと思ったら、知念くんが地味に変顔してて、さらに変顔でそれに被せてくる光くんがとても楽しそう笑。

伊「さぁ、今夜も世の中の一大事をHey!Say!JUMPが何でも解決していきたいと思いまーす!」

伊「いやーオープニングでもさ やってたけど、光の衣装スゴイね!」

衣装を見せる為に立ち上がる光くん。

ベージュのポンチョみたいなシャツは確かに個性的…笑。

髙「個性的だわ」

山「光くん最近どうしたの?髪の毛の色とかもコロコロ変えるしさ…」←ずっと気になっていた山田くん。

光「違うの!俺作りたい色があんだけど、それに行くまでの過程なの、コレ」←そうだったのね!

大「あっ!今なに?途中段階なの?」

光「途中段階なの」

裕「あっ!ってことはそれ、美容室のヤツですか?」

光「これ違う違う違う!今染めてない!」←楽しそう笑。

 

見晴らしのいい川沿いを元気に走ってくる知念くんと裕翔くん、遠くのほうから ゆっくり歩いてくる山田くんといのちゃん…とても対照的な2組です笑。

知「1着!」←相変わらず可愛い知念くん。

裕「2着」

知「遅いよ!ここにこんな尺ないでしょ、いつも!」

笑っちゃう2人ですが、それでも尚ゆっくりゆっくり歩いてくる山田くんといのちゃん笑。

 

 ケケケ「今日は、ええ天気で良かったですね」

山「確かに天気に恵まれてるなとは思いますよ」

フリップを知念くんが受け取って、山田くんがめくります。

山「今回の一大事は!〝これで夏バテ知らず デカ盛りハイカロパ!! 〟」

ツライ記憶が蘇ったのか、経験者の山田くんと知念くんは嫌そう…というかツラそう笑。

伊「あーーーーーー」

裕「天気あんまり関係ない」

知「何これ」

スタジオの大ちゃんも「あー出ましたー」って笑ってます。

山「変なジンクスなんだけどさ、金髪にするとこのロケ来んだよね」

知「何それー止めてよ、じゃあ金髪」

ということで、今回の一大事は〝夏バテしないようなガッツリスタミナがつくデカ盛りハイカロパ探し〟です。

 

山「ホントきついよ、このロケ」

知「経験者は語る ツラい!」

山「ないでしょ?2人」

伊「2人は初めて」

山「食えるか?ほっそい2人」←先輩ヅラする山田くん面白い笑。

伊「どうだろーなー」

裕「いのちゃん、でもごはんは食べるよね」←言い方優しい。

突然後ろを向くいのちゃん。←?

伊「米は好きだよ…田んぼ2区画分くらいは食える」←それが言いたかったのね笑。

山「食えねーよ笑」

 

山「ユーティーそんな食わないでしょ」

裕「僕あんま食べないんで、ちょっと光くんの二の舞になりそうな感じが…」 

山「マジかー」

光くんがノドにお肉をつまらせて、その後吐き出すという〝ブフォ〟事件のVTRが笑。

光「おい!変なとこ使うな!」←楽しそう。

 

1軒目は、ロッジ風のカフェのようなお店。

山「お店の雰囲気ね、良いよね」

伊「いい!構造的にもこれアーチ状になってて中々ないよ これ」←建築の観点からコメントね笑。

裕「こっからどんなデカ盛り出てくるんですか?」 

ケケケ「出てくるデカ盛りはですね、男子が大好きなミックスデカ盛り!」

裕「ミックスって、色々入ってるやつでしょ」

山「時間考えてほしいんだけど、まだ9時だからね、早ぇから!」

ここで山盛りのミックスデカ盛り登場!

予想以上のデカ盛りに驚愕する いのちゃんと裕翔くん、ビックリしつつ何かを悟ったかのような表情の山田くんと知念くん。

山「うわーえっこれ何です?これ何すか?!」

4人の目の前に現れたのは、ごはん5合分くらいのドライカレーと生姜焼きでした。

「あっ美味しそう!」って、呑気な光くん。

山「待って、あとさリバーサイド感ゼロ!」←言葉のチョイス面白い笑。

 山田くん・知念くん・裕翔くんは「美味しい!」って言いながら食べ始めますが、1人だけサラダを食べてる人が…

ケケケ「伊野尾さん伊野尾さん…ドライカレー食べてください!」

伊「でもメシはサラダから食うのが決まりでしょ」←女子力高い笑。

大「OLかよ笑」

伊「野菜食ってから、ごはん食わないと」←確かに〝OLかよ!〟だ笑。

裕「この際いいよ、糖の吸収とかさ 抑えるの」←的確なツッコミ。

かつてないほど順調に食べ進めて、見事完食しました!!

 「山田、カロリー計算得意だから」っていう いのちゃんの推薦により、山田くんがカロリーを予想。

ケケケ「この4人期待出来ますね」

知「期待されても困るなー」

伊「もう1軒目で割とノックアウトされちゃってるよ」

 

続いて2軒目はタイ料理屋さん。

4人で順番に馬跳びで登場です!

ケケケ「皆さん、元気いっぱいでしたね」

山「ケケケのやらせー!〝馬跳びで登場しましょうか!?〟じゃないんだよねー」←ケケケにクレーム①。

伊「〝馬跳びしたらお腹空きますよ〟って…空かないんだよ」←ケケケにクレーム②。

裕「何食べるんすか、次は…」

ケケケ「2軒目のデカ盛りは、皆さん大好きラーメンです!皆さんラーメンは好き?」

山「ラーメンは好き!」

裕「味にもよるでしょ」

山「炭水化物の後は…炭水化物は良くないよねー」←切実…笑。

 

ケケケ「皆さん、タイ料理とかは食べに行かれたりするんですか?」

裕「タイ行ったことあるよね、みんなで」

山「良い思い出しかない!」

伊「うん」

裕「ねっ!」

知「めっちゃ楽しかったー」

山「俺は海外行った中では、ハワイかタイかだね!っていうぐらい楽しかった」←嬉しそうな表情 可愛い。

仲良く「タイ楽しかったね!」って言い合ってる4人が微笑ましい笑。

そんな4人の前に運ばれてきたのは、パクチーが超山盛りされているボウル。

山「えっ?これラーメン?」

裕「違う違う違う!お客さんに対して出す器じゃないの これが。ボウルじゃん!」←裕翔くんの〝違う違う違う〟好きです笑。

 

山盛り過ぎるパクチーに隠れて、ラーメンが全く見えないことに焦る4人。

山「じゃあちょっと正直にいこう、パクチー苦手な人!せーの、ハイ」

山田くん・知念くん・いのちゃんの3人が挙手 笑。

裕「ほぼ全滅じゃん」

山「違うのよ!食えない訳ではないのよ」←何故か言い訳笑。

とりあえず麺を食べる為、山田くんが上に乗っているパクチーを別のボウルに移します。見てるだけで険しい顔してるいのちゃん笑。

山「はい、パクチー除去終了」

伊「じゃあ麺食べてみます?せっかくなんで」

みんなで麺を食べてみますが、パクチーの風味が凄いらしく、「すいません僕パクチー苦手なんで、全然ダメです」って、いのちゃんもお手上げ状態です。

唯一パクチーが苦手じゃない裕翔くんは、「美味いね!」って普通に食べることが出来て一安心。

店長さんのパクチー嫌いをカミングアウトされつつ、頑張って食べ進めていきますが、とうとう4人に限界が…

 裕「パクチーが固まってきてガムみたいになってる。永遠食べてられる」

大「パクチー、ガムは嫌だな〜」

山「私は知っている…きっとゲームがあることを」 

山田くんの言う通り、もちろんゲームはあるので、早速フリップからゲームを選びます。知念くんが選んだのは〝たらいチキンレース〟。

初めてのゲームに戸惑う4人ですが、ルールは簡単!

落ちてくるタライをどれだけ頭ギリギリに止められるかという、単純なゲームです。

 トップバッターは、いのちゃん。

伊「こういう時にね スーパースターは、バチッとここで止めるから!」

知「ホントにここ(頭ギリギリ)だよ」

伊「バチッと止めるから!」←もはやフリにしか聞こえない伊野尾さん笑。

結果は…

伊「あーーーーーーーーー泣」←悲しそう笑。

盛大に頭にタライが当たったいのちゃん。

知「痛そう…」←超ビックリする知念くん笑。

裕「普通にハプニング映像だよね」

伊「こっれ痛いよ…あと!思ってる以上に速い」

知「スン!って終わったよね」

伊「スンスン!って行かないと無理よ、スンスンよ!」←〝スンスン〟笑。

 裕翔くんはスンスン!って行き過ぎて、16㎝のところでストップ。

薮「超チキン!超チキン!」←楽しそう。

 

そして、みんなの期待を一身に受けて山田涼介登場です!

大「山田はやってくれるよ」

裕「ここでやっぱスーパースター、本物のスーパースターが決めるよ」

知「お願い10分!お願い10分!」

山田くんのタライは頭に当たった後、バウンドして頭の上に止まりました…まるで山田くんが頭の上で止めたかのような状態に笑。

これには、全員大爆笑です!!←知念くんがものすごく楽しそうに笑ってる姿が本当に可愛い!

ケケケ「山田さん当たりましたよ!当たってない風に持ってますけど」

顔を真っ赤にして当たってない風を装う山田くん。←可愛いなー。

伊「当たってない!当たってないよ今!当たってないよ!スローで見てみな、当たってないから笑!」

ケケケ「当たってそこまで戻ったんですよ」

最後に挑戦した知念くんも残念ながら失敗…でもとっても楽しそう笑。

 

その後何回もゲームを繰り返して、やっと知念くんが成功!念願の助っ人の登場です。

ケケケ「この方です、どーぞ!」

「やったー!!」って言いながら、中山優馬くん登場!←まさかのNYC集合!

「えーーーっ?!」って目を見開いて驚く知念くん。3人も驚き過ぎてボー然。

知「何やってんの?優馬!」

優馬くん「何やってんのって、美味しいごはん食べれるからおいでっつって」

山「ちょっと待ってよ、優馬」←ビックリし過ぎてリアクションが薄くなる山田くん笑。

知「何やってんの?」←ビックリし過ぎて、様子がおかしい知念くん。

優「それより、美味しいごはん食べれるって聞いてて、ちょっと外で待っててって言われて、なんかタライの音バンバン聞こえてきた…中で何が行われてんねやろう」←優しげな関西弁良いですね。

 

知「優馬、パクチーはいける派なの?」

優「パクチーは俺食べれる!」

パクチーが食べれる人参戦に喜ぶ4人。

まず麺を食べた優馬くん、「あっさりしてて、でもパクチーの独特の風味が…」って食リポしちゃうくらい美味しそうに食べてます。

山「独特の風味の原因、コレ(大盛りのパクチー)だからね」

優「えっコレなに?」

山「パクチー

優「全部?えっ量ヤバッ!」←引いてる笑。

 

優馬くん、問題のパクチーを食べることになりました。

伊「ホントに、ここの3人が全然パクチー食べれなくて…裕翔の感想しかないのよ、パクチーの感想が」

優「パクチーだけを食べたことないからな」

パクチーを食べた途端「うん…ん?うん…ん?」って、様子がおかしくなる優馬くん、目も涙目になって顔色にも変化が…。

何かに気づいたいのちゃんは、面白がって笑ってます。←山田くんの肩に手おいてるの可愛い!〝いのやま〟ー!! 

大「どうした?どうした優馬!」

優「パクチーが暴れてる!」

伊「無理しちゃダメだよ。パクチー苦手でしょ?優馬。苦手じゃないこの子」←気遣いが優しい、いのちゃをホント優しい。お兄さんならではですねー。

山「映画に必死や!」

優「告知、告知、パクチーや!」←笑。

知念くんに向かって、「何かこの感じ久しぶりだな。超久しぶりだな この感じ」って嬉しそうな山田くん。

あっという間に助っ人タイム終了。

裕「汗ビッショビショ!」

優「いっぱい食べれた?」←可愛い。

薮「めっちゃ頑張ってくれてんじゃん」

伊「見た感じ、こうスゴい汗かいてるじゃん。すげー食べた感あるわけよ。だけど食べた量、たぶん1人前いかないぐらい」

いのちゃんの指摘に、素で笑っちゃう優馬くん。

山「残りこんだけあるからね」

 

 ここで何故か優馬くんも、ゲームに挑戦することに!

薮「優馬にやらせんの笑?」

優「ちょっと俺、マジでイケるかも」

山「マジ頼むよ」

優「俺この手のもの、結構得意」

知「そうなの?」

山「この手のもの、どこでやんのよ」

 

〝この手のもの得意〟 が盛大なフリだったのか、タライは優馬くんの頭を直撃。←アイドルとしてその表情大丈夫ですか?の表情笑。

山「マジ、パクチー食えねぇわ、コレ出来ねぇわ、何しに来たんだよお前!」

楽しいNYC劇場を見た後は、知念くんと裕翔くんがゲームに成功。

お馴染みのフードファイター山本さんが登場して、無事 残りのラーメンを完食してくれました!

 

 

伊「大変でしたねー」

薮「優馬、ビックリしたね」

大「ねー!もう優馬 絶対二度と来てくんないっしょ」

伊「たらいチキンレースもちょっと大変でしたね」

圭「あんな難しいもんなの?」

山「難しい…難しいからな オマエ!」←圭人くん相手だと子供みたいにムキなる山田くん。

光「見てる分には、めっちゃ楽しいけどね」

大「やっぱ山田はあれですね、期待を裏切らないですね。1回こうバウンドさせるっていうね」

伊「たらい自信ある人いる?」

光「おかしい笑!」

 

 

楽しかった! 超楽しかったー!!

スーパースター・山田くんのタライ芸に大爆笑したし、芸人さんみたいに頑張る優馬くんが、超楽しかった笑。

私は〝NYC〟のことを全然知らないけど、今回の3人を観ただけで、3人が仲良しで良い関係性だっだんだろうなって思いました。

助っ人が優馬くんてわかった時、山田くんと知念くん とっても嬉しそうだったよね。

 

今回の【いたジャン】は、知念くんがひたすら楽しそうだったのが印象的でした。

知念くんがビックリしたり、ケラケラ笑ってるだけで、こんなに楽しい気持ちになるとは思いませんでした笑。←好きな女の子が笑ってくれるだけで嬉しいみたいな気持ち…笑。

あと、やっぱりいのちゃんは優しいお兄ちゃんでしたねー。

いのちゃんが笑いながら「無理しちゃダメだよ」って言ってたのは、かなりの胸キュンだったなー。

優馬くん、様子がおかしくなるくらい頑張ってくれて 本当にありがとね笑!

 

JUMPは優馬くんのことを可愛がってるんですね、優馬くん 良い子なんだろうなー。

ワイプの薮くんや大ちゃんもそうだったけど、みんな、優馬くんへのリアクションが身内の子を見てるような優しさだった笑。

JUMPと優馬くんは、嵐と斗真くんみたいな関係になるのかもしれない!ワクワクしますねー!!

 優馬くんとJUMPの絡みを観れて、何だか嬉しい気持ちになった【いたジャン】でした。

来週も引き続き、優馬くん登場するみたいなので、楽しみにしたいと思います!

 

 今回も読んでいただき、ありがとうございました。

キミアトラクション(通常盤)