伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

オチはやっぱり伊野尾慧。【少年倶楽部プレミアム10月21日】

皆さまー!とうとう待ちに待った〝キミアトラクション〟の発売日がやってまいりました!!

仕事帰りにワクワクしながら、予約してたCDを近所のTSUTAYAに買いにいったんですが…店頭に1枚もキミアトラクションが並んでない!?発売日に通常盤もないってことある??←近所のTSUTAYAはJUMPを甘く見てたに違いない笑。
初回限定盤1・2は完売で、通常盤は注文になってました…そんなに大きいTSUTAYAじゃないけど…Hey!Say!JUMPの人気すご過ぎないですか!?
そんな状況の中、優越感に浸りながら、予約してたキミアトラクションを買ってきました笑。

今回は、メイキングDVDを早く観たい気持ちを抑えて笑、楽しみにしてた【少年倶楽部プレミアム】のこと書こうと思います!

後輩にモテないKAT-TUNを救済しよう!ということで、生涯付き合っていける相手を探す〝ジャニーズ合コン〟略して〝ジャニコン〟が開催されます笑。
メンバーは、薮くん・圭人くん・いのちゃん・髙木くん・裕翔くん。←嵐にしやがれに出演した時と同じ選抜メンバーだね!

田口くんの愉快な?乾杯で〝ジャニコン〟がスタート。←さすが荒波を乗り越えてきたKAT-TUNのメンバー。メンタルの強さが違います笑。 
まず先輩チームから自己紹介です。
亀梨くん「あまり後輩の子と、そんな接点がないので、これを機にね、自宅とかで遊べたらいいなと。いろんなものを注ぎたいなと。思います」←〝自宅とかで〟のとこで、〝キャー〟ってする裕翔くんが可愛いです。
上田くん「今日はサンドバッグとなれる人を探しに来ました。あのね特典として、ここでたぶん仲良くなれたら、誰と仲良いんですか?って言われるとするじゃん。上田くんですって言った時に、〝えっ?!あの上田くんと仲良いの?〟って超珍しがられるよ」←その特典、素敵かも笑!!
田口くん「(キラースマイルで)田口です!」
←まんざらでもなさそうな伊野尾くん笑。
中丸くん「僕ね、あのサバイバルゲーム好きなんですよ。みなさんサバゲーちらほらやってるって聞きますから、良い山知ってますから!仲良くなった際は良い山に連れて行きたいと思ってますので」←良い山…笑?

続いてJUMPくんたちの自己紹介。
まずは薮くん!
薮「このグループの中では1番年上なんですけど」
亀「薮が1番年上か!」
薮「家であの僕、スポーツ観戦とかするのが」
亀「サッカーね!」 
中「サッカー好きなんだ?!」
薮「一緒に観てくれる方を募集してます」
KAT-TUN「そのスタンス良いねー」
中「盛り上がってきました!」
盛り上げてくれるKAT-TUN優しいですねー。
続いて圭人くん。
圭「誕生日4月1日エイプリルフール、生まれてきたのはウソじゃない!岡本圭人です!」←すっごい元気に自己紹介。可愛いー。
圭人くん、みんなから拍手喝采をもらいました!
続いて、いのちゃん。
伊「もう25歳になってしまいました」←嫌なの笑?
亀「あらららら」
亀梨くん、いのちゃんが好き過ぎて前のめりになってます笑。
伊「誕生日とかに、ちょっと高めのネックレスとかアクセサリーをプレゼントしてくれるような先輩を」 ←テキトーキャラ発動。
〝またテキトーなこと言ってるよー〟的な感じで笑っちゃう裕翔くん。
亀「可愛いじゃない!欲しいんだと!」
中「ストレートだね」
亀「先輩のセンスが欲しいんだと!」←亀梨くん優しいね…テキトーなのに笑。
中「亀梨くんとかホラ、物とかさ、あげるタイプだもんね」
亀「プレゼントしてない、持ってかれるタイプですね」
伊「よろしくお願いします」←満足そう笑。
次は髙木くん。
髙「僕はアクティブなので、アクティブな先輩を探しに来ました」
中「上田?上田?」
亀「毎日10キロ走るよ、10キロ!」 
伊「マジっすかー?!」←楽しそう。
髙「それはキツイっす」
最後は裕翔くん。
裕「僕の趣味はカメラなので、やっぱりこう、ふらっと」
飽き始める伊野尾くん。圭人くんのことを見てます笑。
それに気づいた亀梨くん…
亀「ちょっとお前、興味持てよ!」
笑ってごまかす伊野尾くん、ごまかせてないけど笑。
裕「カメラが好きなんで!どっかこう景色が良い所とかに連れて行ってくれる先輩を探してます」 
田「(手でフレームを作って)見えてるー見えてるー」←ノリが良いって素敵だね笑。
亀「ここ(田口くんと裕翔くん)大穴だよ」

お互いをもっと知りたいと言うことで、質問タイムがスタートします。
特に質問がないけど手を上げてギャグらしきものを発表する田口くん。←上田くんに怒られてます。「ちなみに笑ってるのスタッフさんだけですよ」って余計なことを言う伊野尾くん笑。
亀梨くんからの質問は〝プライベートのスケジュールは事前に決める?当日に決める?〟です。
薮「僕はもうその時に決めます。前もってじゃなくて。その日の気分で。」
中「基本的には直感で動くことが多い?」
薮「はい」
圭「誘われ待ち」
圭人くんが話してる横で、微妙な表情で口を抑える伊野尾くん。大丈夫??予想外に辛いものでも食べた笑?  
中「受け身ね。受け身ね。」
田「決まんなかったら何してるの?」
圭「決まんなかったら、家でずっと待機してます」←待機…?何それ!可愛い!待機って!
笑っちゃうKAT-TUN
中「連絡待ち?誰かからの連絡待ち笑?」
伊「そうですね、僕もけっこう当日決めたりとかして。普通に鹿児島行ったりして。」
中「何で?何しに行くの?」
伊「友達の実家に行ったんすよ。で、友達の実家がヒラメ養殖してて、でヒラメご馳走してくれたりして」
亀「全体的に、おもてなしされるほうなんだね?おもてなしに出会ったりとか」
伊「おもてなしに出会ったりとか」
亀「ネックレスくれる先輩が欲しかったり」
伊「欲しかったり…」←引くに引けなくなってる人笑。
亀「だから友達になる時に身の丈をまず見る」
伊「何がもらえるかなっていう」←期待に応えるアイドル伊野尾慧。
中「最悪だよ笑」
笑っちゃう伊野尾くんが可愛い!

旅行雑誌をパーッとめくって止まったページのとこに遊びに行くかっこ良い髙木くんと、朝起きてちゃんと掃除と洗濯をしてから遊びに行く裕翔くん。〝完璧なアイドル・中島裕翔〟は、家事も出来るんですね?!裕翔くん素敵過ぎるー!!

伊「せっかくなので、僕たちからも質問良いですか?」
亀「積極的だね!?」
伊「こういう後輩だけは許せない!みたいな。こういう後輩は嫌だ!みたいな。」
亀「俺は調子が良すぎるヤツ。」
伊「あーー」
上「ヨッ!亀梨さん!みたいな?」
伊「そんな絵に書いた人、います笑?」
亀「それは後輩に限らず、都合が良い時、オンリーみたいなの嫌だね」
伊「逆にどういう後輩だったら好きですか?」 
←ちゃんと話しを聞こうとする伊野尾くん。この声のトーンになる時は真面目な時なんだよね。
亀「気兼ねなく来てくれたほうが良いね」
伊「へーー」
亀「けど、ちゃんと体育会系のノリを理解出来るコが良いかな」
JUMP「あーー。そっかー。」←納得。
亀「なんか〝今オレKAT-TUNの亀梨〟〝今Hey!Say!JUMPの伊野尾くん〟じゃん。みたいな」←真面目に話しを聞く伊野尾くん。
亀「そこがちゃんとオンとオフが使い分けれたら良いかな」
中「やべ、このコーナー思いのほかガチだな」←ちょっと重くなった空気を変えるフォロー。中丸くんさすがです!
薮「けっこう軽い気持ちで聞いたでしょ?」
伊「軽い気持ちで聞いて、ちょっとしっくりこないなって思ってます」←真面目モードからテキトーモードに変更!
亀梨くんから、おしぼり投げられそうになります笑。〝すいません〟て、笑いながら謝る伊野尾くん。とっても楽しそうな雰囲気です。
上田くん・田口くん・中丸くんの話しも真剣に聞くJUMPくんたち。
ジャニーズは体育会系だからこそ、先輩後輩の関係性が面白いのかもしれませんね。

中「髙木くん、すっげー大人しいけど大丈夫?」
髙「超考えてた」
上「俺見てると、髙木くんはみんなが、こっちのメンバーが言ったこと全部対応してくれってから。田口がつまんないこと言った時、俺らが無視しても髙木くん1人で笑ってたりするから」←そうなの!上田くんそうなの!髙木くんて、そういうピュアで優しい子なの!それに気づいてくれる上田くん素敵!
照れる髙木くん。←可愛い!
伊「すごい!細かいこと見てる。素敵ですよね。素敵!」←完全にいのちゃんと同じ気持ちです。

盛り上がったトークは終了。とうとう告白タイムです笑。
最初の田口くんは裕翔くんに告白して、カップル成立!ビジュアルといい優しさといい、とてもお似合いな2人。裕翔くん的にマイナス点は〝ギャグセン〟らしいですが笑。
次は〝最初から決まってた〟〝ブレない〟と宣言する亀梨くん。
上「伊野尾くんがニヤついてんぞ」
誰もが、本人ですら、伊野尾くんだと思った瞬間…
亀「ずっとここ何年、気になってはなかなか仕事以外では声を掛けれず、やっとこういうチャンスが巡って来たなと、えー②番岡本くん」
みんな大爆笑!してやったりの亀梨くん笑。
伊「俺じゃねーのかよ!!」←芸人なみの良いリアクション笑!
中「違うんかい」 
思わず立ち上がる伊野尾慧。
伊「ちょっと待ってくださいよ!俺今すげードキドキして待ってたんすよ」
中「伊野尾くんしか見てなかったもんね」

亀「一緒に時間を過ごしてください」
めちゃくちゃ楽しそうに見てるいのちゃん。ホント可愛いです笑。 
めっちゃ笑い堪えてる圭人くん。
圭「Sorry kazuya.」←超可愛い!
みんな大爆笑!
伊「ちょっと待って!フラれんの?!えっ?!」←思わず立ち上がる伊野尾くん笑。
振った理由は、まさかの〝僕、田口くん派なんですよね〟。←素直な圭人くん。
伊「田口くんモテるなー」

上田くんは髙木くん。優しい2人はもちろんカップル成立!この2人素敵だねー。
そして中丸くんは薮くん。この2人も空気感が似てて気が合いそう。もちろんカップル成立です!

中「ちなみに伊野尾くんは、誰に選ばれたかったみたいなのは、あります?」
伊「正直、僕はだからホントに皆さんから選ばれるかなって思ってたんすけど、こんな状況になってホントに、KAT-TUNなんて大っ嫌いですよ!」←期待に応えるアイドル伊野尾慧。
みんな大爆笑。
伊「僕はもうホントに嵐さん、V6さんについて行きますよ!」←攻めるアイドル伊野尾慧。
中「そういうこと言わないでよ」
亀「リアルじゃねーかよ、お前」←笑。
最後は笑顔が可愛い伊野尾くんでした!

初めてのジャニコンは大成功。上田くんのお誕生日をお祝いして楽しく終了しました。
そしてこの後は、お楽しみの〝キミアトラクション〟をフルコーラスで披露です。
髙「今回歌うのはキミアトラクションという曲です」 
亀「キミアトラクション?」
裕「まさにその名前のとおり、ジェットコースターに乗ってるような急展開の恋の模様を〝ジェットコースターラブポップチューン〟て呼んでるんですけど、僕らは。」
KAT-TUN「おーー!かっこ良いね!」
薮「曲の中で、メンバー1人1人で〝キミはNO1〟てセリフが」
ニヤニヤする伊野尾くん。
亀・中「伊野尾くんもやってるの?」←結局伊野尾くんが大好きなKAT-TUN
亀「見たいなー」←優しいですね笑。
伊「僕も珍しくやってます。」
亀「いいよ、いいよ」←とにかく優しい。
中「見せて見せて」←ひたすら優しい。
伊「僕やるんすか?わかりました」←照れるいのちゃん可愛いー!
伊「キミがNO1」…「こういう感じになるじゃないですか?ぜひぜひKAT-TUNの皆さんにも見せてほしいなと。先輩としてね、お手本を見せてほしいなと」←焦るいのちゃん。
みんなに盛大に振られて、当たり前のように期待に応える田口くん。←メンタル強靭だわ笑。
裕「圭人が英語喋れるんで」
亀「俺、モニター見てて良い?」
伊「好きですからね!」
圭「You are No.1」
みんな楽しそうに笑ってます。
亀「いいねー」←同感です。
伊「どんだけ甘いんですか笑」
裕「曲の後半にですね、僕らがジェットコースターみたいに肩を組んだりして、遊んでる振り付けとかもあるので、まさにアトラクション乗ってるような感じになってます」
いのちゃんの肩を掴んでユラユラする裕翔くん。やっぱりそばにいると兄弟な2人です。
伊「それでは聞いてください。Hey!Say!JUMPで」
5人「キミアトラクション」

【キミアトラクション☆フルコーラス】
可愛い風船が浮かんだ、パステルカラーのセットで曲披露。
サビの前で大ちゃんの後ろから飛び出してくる、いのちゃんのアイドルスマイル最高です。
2番の髙木くんと光くんの間から、飛び出してくる いのちゃんもコミカルで可愛い!
みんなが後ろを向いていて、歌う人だけが振り返るフリでは、かっこ良い伊野尾くんが観れました!

とにかく、楽しくて面白かったーーーー!
亀梨くんの告白のとこは、めちゃくちゃ笑いました。あのくだり楽し過ぎるでしょ!
KAT-TUNが優しいから、みんな楽しく話せたんだよね。
いのちゃんはボケたり進行したり、実はオールマイティーで頑張ってるなぁって思いました!
とりあえず〝オチ〟にされたり、大切なとこを任されちゃうことが本当に多いよね。
バラエティとかトークとかで期待されてるのが観ててわかるから、実はプレッシャーもあるかもしれないけど、いつも楽しませてもらえてるからね!
何だかんだ〝結果を出す男・伊野尾慧〟ですねー。そういうとこ大好きです!

フルコーラスの曲披露のこと、本当はもっと書きたかったけど、かなり長くなっちゃったのでとりあえず終わります!
MVダンスバージョンのほうで、たくさん書きますねー。

今週も読んでいただき、ありがとうございました。

キミアトラクション(通常盤)