伊野尾くんと有岡くんと猫。

何か楽しくなるとか、何か好きとかの感情。どうしてそう思ったのか考えるのって楽しい。

“BANGER NIGHT”の中毒性。【Hey!Say!JUMPの進化】

“JUMPのダンスが大好き!”な大人女子の皆さまー。

今回は、Hey!Say!JUMPのアルバム《SENSE or LOVE》のリード曲“BANGER NIGHT”について書きます。

 

先日のミュージックステーションで、Hey!Say!JUMPが“BANGER NIGHT”を披露しました。

 

この曲のMVが情報番組で解禁になった時のワクワク感、少年倶楽部プレミアムで初披露された時の進化したHey!Say!JUMPを観た時の衝撃は今でも忘れません。

1度観ると何回でも観たくなるので、小クラとMVを何度も何度もリピートせずにはいられませんでした。

コンサートもこの曲からスタートで、曲が始まった時の高揚感は特別なものでした。

 

彼らの進化と覚悟を感じる“BANGER NIGHT”。

この曲によってさらにかっこ良く進化したHey!Say!JUMPを、歌番組で披露して色んな人に観てもらいたいとファンは思っていたと思います。

 

Mステで披露すると分かった時は本当に嬉しかったし、何よりも感動したのは、『メンバー熱望』で出演したということ。

本人たちも“BANGER NIGHT”に手応えを感じていて、ファンの気持ちも伝わっていたんじゃないかと思います。

彼らのパフォーマンスは気迫と自信に満ちあふれていました。

小クラで披露した時よりもダイナミックで洗練されていて、ライブツアーでのパフォーマンスを経てブラッシュアップされていたことは明確でした。

 

大ちゃんのダンスはただ上手いとかだけじゃなくて、表現力豊かで表情あるダンスが魅力的。JUMPらしさが出るのは大ちゃんの存在が大きいんだと思います。

ダンスしてる時に山田くんとは違う男っぽい色気が出るのは何故なんだろう…大ちゃんかっこ良いよね。

大好きないのちゃんのダンスがとてもかっこ良くなっていてヤバかった!!ひとつひとつを丁寧にメリハリをつけて大きく踊っているのが印象的で目が離せなかったし、カメラに抜かれる時の雰囲気ある表情は相変わらずかっこ良い!!

 

裕翔くんは柔軟性のある伸びやかなダンスで全体を引っ張っているし、髙木くんの楽しそうで自信に満ちあふれた表情が素敵だったし、薮くんはダイナミックなダンスで帝王感満載だったし、難しいダンスを飄々と踊る光くんの男っぽいダンスはとてもかっこ良いし、ガシガシ踊る山田くんの存在感と色気は曲のイメージをより洗練されたものにしていました。

そして何と言っても私が一番好きなのは、知念くんの軽やかなダンス。

難しい振りを踊っていても、それを感じさせない魅せるダンスがかっこ良くて観ていて気持ち良いです。

“♩迷わず叩き潰すBANGER NIGHT〜”のとこで知念くんが端から真ん中に軽やかにフォーメーションチェンジするところが大好き過ぎて何度も何度も観ています笑。

 

この日のMステでは、かっこ良いパフォーマンスをした後に通常通り“ゆるふわ”でポンコツ気味のトークを見せているJUMPを観て、やっぱりJUMPは魅力的なグループだと思いました。←振り幅半端ないですよ、ホントに!

 

“BANGER NIGHT”は何故こんなに中毒性があるのか。

EDMというジャンルの曲調だからなのか…振付師が有名な方だからなのか…

いろいろな要素はあるにしろ、やっぱり一番はJUMPのダンスが揃っていることだと思います。全員がそれぞれ個性を出して魅力的に踊っているにも関わらず一体感を感じるパフォーマンスが出来ていて完成度がとても高いと感じます。

ファンの欲目と言われたらそれまでだけど、“BANGER NIGHT”はHey!Say!JUMPだからこそ、こんなに魅力的な曲になったと本気で思っています。

様々な身長の9人でダンスを揃えて踊れて、揃えた上で個性をも出せるのは、Hey!Say!JUMPしかいないと思う。

しかもこういう曲のジャンルでもチャラさやオラつきが出ないのも、中世的なビジュアルとゆるふわな雰囲気を持つJUMPの強みだと思うし、他のグループとの差別化を考えればなおさらです。

私はまだまだ“BANGER NIGHT”をエンドレスリピートする日が続きそうです笑。

 

年末の歌番組で、また“BANGER NIGHT”を披露する場所があれば嬉しいですね!!

こんなかっこ良い彼らをファンだけしか観れないなんてもったいないです。

大きい歌番組に出演するときは、何の曲を歌うのかも楽しみのひとつです!

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

キミアトラクション(通常盤)